« ゆとりきょうひく | トップページ | いかちょこ »

2007年3月21日 (水)

永遠の煌き展(西武池袋 西武ギャラリー)

ヴァンクリーフ&アルベールというブランドのジュエリー展……また懲りずにジュエリー展だぜウヒャヒャ。

最初の「歴史」コーナーでは。本店とかの写真いろいろ。次の「自然」コーナーからいよいよジュエリー展示じゃ。ブローチとかクリップが多い。自然をモチーフにしているんで花とか羽根とか鳥とかあるけど、例によってダイヤブツブツ系なんぞもある。しかしそうでないのも多い。ほとんどのデザインをダイヤとルビーとサファイヤで行っている。エメラルドもあったな。その色による組み合わせたデザインが絶妙だじょ。花なんか花びらがサファイアだど……ありゃアクアマリンだったか。まあいいや。そうそうルビーもちゃんと色鮮やかなのを使ってダイヤと並べて存在感を出している。デイジーの花びらとか並べたルビーだ。すげえや。「オリエンタル」のコーナーでは、インド風刺繍のチョーカーが幾何学模様並べのオレのツボ系。エジプト何たらとかいうのはダイヤブツブツキラキラ系でキメエ……んだけど、もしかしてこれって、近くで見るもんじゃないんじゃなかろうかとふと思った。というのも、「クチュール」というコーナーがあり、ドレスとかと組み合わせて展示してあるのじゃ。そもそもこうやて、もっと言えば人が中にいて使うもんだから、そんな近くで見てブツブツがキメエとか、そういう評価は、なされるべきではないのだはないか。まあいい。

「アトリエ」のコーナーでは、副アトリエ長とかいう人が来日してて実演中。見学している人が、自分の持ってるヤツの手入れをどうしましょうとか訊いている。それから「ミステリーセッティング」ってのが、ここの特許で、普通、宝石を台座に嵌めるのは立てた爪に嵌めこむんで、爪が見えちゃうんだ。でもここには見えないようになっているんだって。だから、宝石だけがびっしり並んだ状態とか、作ることができるんだじぇ。ルビーで花びらとかに使える。この実物はなかなか見ものだぞ……って、まさかこれ接着剤で付けてるんじゃねーよな。それから「ファンタジー&広告」コーナー、ファンタジーはまあ、変な注文品でも作るぞってヤツで、カレンダー付き鉛筆ホルダーとか、アールデコの時計とか……別に変じゃないな。広告は、ポスターとか。モディリアーニの絵にエメラルドのジュエリー付けたのとか(似合わねえが)やってる。あとレンピッカの絵にジュエリー。レンピッカはお得意様だったようです。「セレブリティ」のコーナーは有名人がつけてたヤツを写真付きで。ジャックリーンケネディとかドヌーブとかジュリアロバーツとか、アジアではチャンツィイだけで、ジャップはいなかった。あと、グレースケリーのティアラがあった。同じようなものを先日山ほど見たから分からん。あっちが終わったから持ってきたんじゃね?

デザインが非常に見事だぞ。ティアラ展より印象に残った。30日(金)まで。

|

« ゆとりきょうひく | トップページ | いかちょこ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113150/14344317

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の煌き展(西武池袋 西武ギャラリー):

« ゆとりきょうひく | トップページ | いかちょこ »