« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

はろいん

ハロウィンだってさ。欧米じゃ今日なんぞ大人も子供も仮装して普通に道を歩いているんだって。日本じゃさすがにハロウィンパーチーぐらいっきゃないようじゃ。これが終わればボジョレーヌーヴォーですな。クリスマスですな。正月ですな。それよりノヴァ社長の社長室は豪華絢爛で仰天。ウチの社長を見習ってくれ。社員と同じフロアに机一個(さすがにちょっと広い)だぜ。うむ、思いっきり中小企業だ。

| | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

のば

は、もうダメかもしれませんなあ。製造業とかなら、その会社にしかない技術とかあったり、抱え込んでいる市場があったりするので、他が支援というか手を出したくもなろうが、英会話スクールで、別に講師がズバ抜けて優秀とかでもなさそうだし、借金は多いし、客は一般人だし、どこがどう支援するんじゃろうか。

| | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

気がつきゃ風邪

出社したら鼻水がとまらん。椅子に座ってぼけーとしてた。何も言われなかった(仕事ねえのかよ)。帰ってさっさと寝るぞ。

| | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

さいきんわだいの

沖縄で集団自決の命令があったかどうか。真相は私にゃよく分からないが、というか、どうでもいいんだけど、どうも「命令があった方が都合のいい連中」というのがいるように思う。前から書いてるけど、戦争は政府が善良な市民を扇動して行った、と信じる連中がいる。自分達は悪くない。戦争をしたいと思ったことや正義を感じたことなど一度も無い。そんなヤツラにとって、自ら国のために死ぬなんてありえない、絶対命令に決まっている、となるわけだ。私はおかしいと思うね。負けたから自らハラキリ、なんて人もいたでしょう。そんくらいのやる気はあったと思う。

| | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

3rdアルバム予告

「妻子ができて紀ノ川はもう終わってしまったのか?」→答えはNOだー!

「なるてぃシズム」「亜鉛少年」に続く3rdアルバム作成中。12曲のサウンドトラックがでけた。あとは声を録音するだけだー!

「テクノキャット」

1.人生ゲーム
2.メタボリック・ダンス
3.結局最後は神頼み
4.パリじゃん
5.ザンパンマン
6.大車輪
7.俺の頭もよくしてくれ
8.テクノキャット
9.ヘイ、ミスター!
10.若い人がうらやましい
11.君知るや南の国
12. 発見の旅

いつできるかな?

| | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

夜中に起きて書いたりしているので

それからの寝つきが悪りぃ……

| | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

シュルレアリズムと美術(横浜美術館)1

はい、行きますよ。シュール以前のコーナーで、まずキリコがありました(大した絵じゃない)、ミロの初期のモノが分かるヤツ、マン・レイの例のメンタマメトロノーム、針付きアイロン、オートマティズムのコーナーで、アンドレ・マッソンって人のいかにもオートってやつとミロ、エルンスト2つ(覚えてねえな)、マッソンの「殺害」ってのはなかなか統一感がある。ただ、ここまでは全体的にあまり面白くねえ。

エルンストのコラージュがあって、これはちょっと面白い。オートよりこういう、何が描いてあるか分かる方が好きだ。珍しくミロの写真コラージュがある。それからエルンスト「女と老人と花」おお、これは初めて見た。「灰色の森」どっかで見た。はい、今回のオレの一押し「少女が見た湖の夢」これは面白いぞ。一見茶色っぽい風景画だけど、よく見ると動物の顔だったり人の顔だったり足だったり、そんなもんが溶け込んでいる。見れば見るほど色々見えてくる何とも妖しい風景だ。近くでご覧。それから、マグリット。おなじみ「大家族」があるが、何度も見たわ。タンギーが3つほど、こいつは1枚見ると面白いが、全部似ているので困っちゃう。

次の部屋にダリの3部作の大作「幻想的風景」の「夕べ」「英雄的正午」「暁」 でかい。しかし、うーん……ダリにしてはパッとしないのは気のせいか? 中央の英雄の顔が変だな。いや、これは飛んでいる鳥で目鼻口を描くという非常に凝ったことしているんだけどね。

次、「女と愛」とかいうコーナー、ピカソ3つ、例のミノタウロスつまり「ゲルニカ」の源流2つ。それから寝ている女。どっかで見たな。マグリット3つ、デルヴォー1つ。全部どこかで見た。ダリの「ヒステリックな光景」モノクロだけど、いいね。カラーで見たかったね。「物と命」のコーナー。ベルメールの例の人形。こいつ絶対アブネエよっ! あとポスター色々。現代に行き、フランシスベーコンとか草間のブツブツ椅子とか、森村の気色悪いモンローとか、あと何だ、奈良もあったな。あと忘れた。

結構国内で調達してるので見た絵が多いっす。前に浦和でやってたヤツの方が良かったな。木休12月9日まで。

| | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

ごぜんズル欠

横浜美術館に行った。詳しくは後ほど。まあ簡単に書くと、エルンスト以外は大体見たことあるようなのが多かった。ダリの大作があったがオレ的にはイマイチだった。

| | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

浮絵 -江戸のパースペクティヴ-(太田記念美術館)

確かだいぶ前のここのアンケートに浮絵をやってくれと書いたような気がする(土曜講座だったかな)という手前もあり行ってきた、昨日。浮絵ってのは、外国から入ってきた透視画法を使った浮世絵のことよ。浮いて見えるってんで。ただ、理論的に伝わっているわけではないので、透視画法を正しく使える絵師が少ない。中には相当ひどいのもあります。それで、展示はまず畳の肉筆のコーナーにも浮絵が並ぶ。ほとんどのは誰だか分からないけど、一番右の鳥居派の芝居小屋内はごちゃごちゃしてて面白いね。

浮絵ってのは江戸中期、八代将軍吉宗時代に来たそうです……って私は歴史にゃ全く興味ないので、八代が、吉宗がどういうもんか分かりません。最初に奥村政信の絵がある。1点透視だけど意外とうまい。でも同じ方向で2点使ったりするのもあってこりゃいかん。次、西村重長、浮絵をよく描いたそうだが、こいつのはどの絵もかなりひどい。芝居小屋の絵があるがガチャガチャです。このボンクラがぁっ! 清満、両国橋、厳しい。清広、大名行列、道幅は同じで人だけ小さくなっている。清久、3階建ての1階ずつ全部消失点が部屋の中心だ。

そんなダメな状況に燦然と、透視画法を見事に使えた絵師がいる。歌川豊春。今回たくさん見たけど、ズバ抜けているね。透視画法だけ見りゃ北斎よりうまいと思う。北斎はあとで出てくる。その豊春、駿河町の呉服屋つまり越後屋店内を描いたのがあり、全く不自然さが無い。凄いのは等間隔の柱をパースでちゃんと描いているところ。なかなかできないぞ。あと2階に行って中秋の月見の絵があったが、画面半分建物、半分屋外で、これはなかなか自信が無いとできないと見た。あと伝豊春だけど西洋風景がある。あっちの資料を基に描いたようで、ヴェネツィア。ちゃんと船の影が水面に映っているぞ。三十三間堂もうまい。ただ、海などを描いて、絵に水平線が出てくると、さすがに豊春でも、いったいどこに線を引いたらよいのか分からんようだ。

豊春以降、北尾重政、まあまあ。重政の門人でクワガタちゃんこと北尾政美、うん、浮絵建物なんぞ描かないで自然物描いてた方がうまい。巨匠、勝川春章、これもまあまあうまい。さてもっと巨匠北斎。例の指南書に書いた「三つ割の法」が彼のパース技法。「天、地、左右」なんだって。基本的にうまいんだけど、どうしても水平線を上にやりたがる。わざとか? 大体道とかが海の中に突っ込んで行くのだ。北斎が最後に「浮絵」と称した絵は俯瞰図に近く、あまりパースを使っていない。俯瞰図はうまいんだよね。英泉、風景はイマイチだ。そもそも浮絵じゃないぞ。さて豊春の門人というか歌川派、豊国、国丸、むうう、あまりちゃんと伝わってないぞ。そんなわけで、豊春が一番だー ……ん、そういや今回、広重が出てないな。まあ広重は透視技法完全に使えてるんだよね、もう幕末だし。

当時の日本人の洋画がいくつか、腐食銅版画。もちろん我が司馬江漢(今日が命日だよ)あり、でもとなりに田善、きいいい、こいつの方がうまいよーん。陰影を出すハッチングすげー。

10月26日まで、もう終わっちゃうな。

| | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

Office2007使いづれぇ〜3

今日もパワーポイント作成でブチ切れそうになり、隣にマイクロソフト社員がいたら二,三発しばいているであろう。いやー操作環境が変わるってのは嫌だねえ。こりゃ、どこそこCADからウチのCADに変えてくれったって変えねえよアッハッハ売れねえわけだアッハッハ……

新旧のメニュー位置比較表「リボンマッピングブック」は結局見つかったのだが、機能そのものの使い方が違ったりしてあまり役にたたねえ。もう一つ、「2007使いづれぇ」と考えているヤツは多いらしく、メニューだけ旧状態に戻すというソフトが出ている。その試用版を使ってみた。確かに前と同じプルダウンのメニューが出るが、結局これも先の、機能そのものの違いとかがあり、イマイチな感じだ。何より、「おみゃえは新しいもの使えないのかよーウヒャヒャヒャ」とかいう虚しい敗北感がじわじわと湧き上がってきて、ムカついて使うのやめちゃった。要は慣れなんだよ慣れ! 慣れろ!

| | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

Office2007使いづれぇ〜2

「リボンマッピングブック」なんて見つからねぇ! きいいいい!

| | トラックバック (0)

Office2007使いづれぇ〜

パワーポイント作製中。気が狂いそうだ。あの機能はどこいった?

| | トラックバック (0)

カメダくん

いやー試合は見てないけど相当ひどかったようですなあ。でも、本人はたかだか18歳で、むしろ父ちゃんが悪いんじゃないの~? 今日謝罪の会見だったそうで、本人は丸刈りにした(させられた?)上に終始無言だったようですが、これって庇ってくれるはずの父ちゃんが「俺は反則しろなんて指示してない」なんて全部責任をおっかぶせて逃げようとしてるのがショックなんじゃないですか~? TBSの実況がカメダ寄りに批判が集まっているようですが、これはまあ日テレが巨人を応援しているようなもんじゃない? 実況アナは「カメダ側の批判はするな」と厳命されていたが、まさかここまでシャレにならない反則をやりまくるとは思っていなかったでしょうなあ。

| | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

ころもがえしてません

確か先週ぐらいまで、10月なのにあちぃなーとか言ってなかったか? 寒いぞ。喉も痛てぇ。

| | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

LIFE(ICC)

ICCの坂本龍一+高谷史郎のインスタレーションに行った。音楽と共に、水を張ったスクリーンに映し出される映像を鑑賞する……んだけど、みんな床に寝っころがって見てるのだ。会場内に9ヶ所あり、人数が適当に少ないと、客一組で1ヶ所を独占し、後の人が入りづらい雰囲気。人が多くなると逆に、遠慮なく1ヶ所に何組も寝てるって状態になるわけだ。水は動かしてるし、時々スモークも使われ、ボケーと見ているとたちまち時間が経つ。なかなか面白いぞ。他に常設のいろいろな作品があるが、二人でやるものとかあって結構デート向きなのだ。

| | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

ついてねー

今日は午後セミナーだから、そのままさっさと直帰だじょーと思ったら、客からトラブルコール。なんと6時過ぎに行くハメに……っていうか自分でそういう判断したんだけどね。だって行かないと解決しそうにないし、今日行かないと来週水曜まで予定入っているけん。ホームに着きゃ乗りたい電車が目の前で出て行く。まったく細かいところまでツイてねえぜ。行ったらハマることハマること悶絶しちゃうぜ。8時半ごろやっと解決。まあ、客先がウチの近所だったのね、その点は地獄にホトケというか、捨てる神ありゃ拾う神ありって感じだなー

| | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

パンだけはだきょうしないぞ

ヤマザキが値上げしたんでニュースになっている。ダブールソフト200円だったのが220円だと。にょほほほほほうちはヤマザキなんて下等なパンは食べないでやんす。普段から食パンはその場で焼いている専門店のパンで大抵300円以上するでやんす。220円でぎゃあぎゃあ騒いじゃって、あー、ビンボー人は嫌でやんすねえ(うちで高級品はパンと紅茶だけなのだが)。一番うまい食パンはアンデルセンの「長時間発酵食パン」でやんす。柔らかくてほんのり甘いのじゃ。ただ、柔らかすぎて店じゃ切ってくれない。うちで切るんだけど大抵曲がってしまって厚さにムラが出る。普通の包丁なんかで切ってないぞ。ちゃんとパン切り包丁だぞビンボー人どもがあっ! 次点はポンパドールの「たわわ」だが、気のせいか以前より味落ちてねえ? 「デルニエ」って名前だったころの方がうまかったような。あるいは、さんざん食って食べ飽きたか。ちなみにポンパドールも値上げしやがった。その次はまたポンパドールの「モルツ食パン」かな。これは白くない。あるいはデニッシュ食パンの「シャルル」か。でも、こいつは400円以上する。さすがに高いでやんす。あまり買えないでやんす。そうそう、少し前に銀座のプランタンに行ったらパン屋があり、「角食」を買ったぞ。ガチッと四角くできている。過不足ない形が凄い。味もよかった。プランタンだってようへへへへへセレブ~ あとは妻が時々買ってくる神戸屋の「湯種」がなかなかうまい。これはあまり高くないようだが工場焼きか? その場で焼いているのもあるのかな?

| | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

はろうぃん

ハロウィンというやつは、なんとなく定着したようですな。以前、もう街はクリスマスディスプレイだったと思うが、今やなんとなくオレンジだ。つまりクリスマスまでのつなぎとしてね。一般庶民に定着するとは思えんが…

| | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

ムンク展(国立西洋美術館)

開館9時半だけどその前に行ったら並んでいた。こりゃー開館時に行くのはよくないなあ、と思っていたが、まあ中に入ると結構分散されるので、そんなに混んでいるという感じではない……今のところ。多分だんだん混み始める。

ムンク作品は心理的側面で見られることが多いが、実は一連の作品を装飾壁画として位置づけ、結構レイアウトなんかもいろいろ考えてたんだって。重要なヤツは「生命のフリーズ」と名づけていた。

さて最初の部屋では、1925年のアトリエでのレイアウトを再現。いきなり「吸血鬼」とか「灰」なんていう優れもので幕を開ける。広告にもなっている「不安」だけど、さすが本物は凄い。印刷よりずっとパワーがある。隣の「絶望」もなかなか。アトリエでは2つの絵の間に例の「叫び」を置いてあったようだ。「不安」を見るに、絵には適正な大きさがあるもんだな、と思った次第である。これより大きくても小さくても、よくないんじゃないかな。明らかに怖い顔の「生命のダンス」より「声/夏の夜」の明確でない顔の方が怖い。しかしレイアウトをどうこうしようと、やっぱノイローゼっぽいよな。

それからこのレイアウトの構想の下絵がずらずら、俺のようなシロウトにゃどうでもいいのだ。あと、装飾性の高い版画とか。有名なのは「マドンナ」の縁が精子だってやつだな。
地下に行って今度は1929年のアトリエ……なんだけど、あまりたいした絵が無いな。「嫉妬/庭園にて」もややパワー不足。「星月夜」は(ゴッホ+ルオー)÷2という感じ。「病める子供」ほほーこれはいいね。手堅いもんだねえ、と思ったら、ムンクはこのテーマの絵を何枚も描いてるんだって。この時代は例の「不安」「叫び」「絶望」の隣に「死の苦しみ」と「屍臭」があった。この2つの絵が展示されておる。うーん、死と戯れているのか、あるいは死を意識しているのをPRしてる感じがするね。「屍臭」なんか、ちょっとユーモラスだぞ。

上に上がる。リンデ氏に子供部屋の装飾絵画を依頼された。子供だから、接吻とか男女が愛し合ってるのは描かないでくれという要望を無視して、描いちゃったから結局ボツになった。その「公園で愛を交わす男女」はしっかり4組を描かれている。あまり生々しくなくて面白い絵だぞ。「浜辺のダンス」例によって人物コワーイ。こんなん、子供部屋はやめよーよ。だいたいムンクに頼む時点で既に間違っている。それから、ベルリンの小劇場の装飾。なんだ大した作品じゃないなあと思ったら全部習作だった。本物はビデオで展示。客もここには少ない。それからチョコレート工場の装飾壁画。これも下絵とビデオだけ。手堅くやってるみたいだけど似合わねえなあ。なんかマティスの絵みたいだな。オスロ大学講堂。これも映像。及びやや大きめの習作。オスロ市庁舎の装飾壁画は労働者がテーマ。これは未完だったんだって。うーん、ムンク本人がどう希望しようと、やっぱ君はノイローゼ画が似合うぞ。でも、こういう手堅い仕事をしていたから80まで生きたんだなあ。

ところで、この手の絵だとつい我がスピリアールトとつい比較してしまうね。同じように不安を描いていてもムンクはなんか血が通っている。スピリアールトはなんかもう寒々している。どっちが好きか、うーん、俺はスピリアールトの方かな。

月休(祝日はやってる)2008年1月6日まで。

| | トラックバック (0)

よさこい

池袋に行ったら駅の周で「東京よさこい」とかいうイベントをやってた。あのよさこいってヤツは、何か格好が暴走族かタケノコ族みたいでダセえなあとか思っていたが、現場で見るとなかなか凄い。今や老若男女いろいろで、踊っている人は生き生きしている。音楽は「よさこい節」って感じより、もう完全今風のデジタルビートだ。やっぱり踊りは踊ったもの勝ちだ。

| | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

せんごく

朗読会終了。幻の作品「ソラソーヤの冒険」で場内唖然…というか、私の前四人がヘビーシリアスだったのか、外でいっぷくしてる人が多かった。
来月も第一土曜だぞ。来てね〜

| | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

こがし

仕事で古河に。古河といえばコント劇団「自己批判ショー」の地元。「古河市民〜」の歌がいやが上にも脳内によみがえる。駅にチラシ「七福カレーめん」……何だ? 食いたいが時間もない。客先で宿題抱えちったの。

| | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

そーいちろう

確かに「アベしちゃおう」なんて周囲で聞いたことねえぞ。アサヒとそーいちろうは無責任にほっぽり出すことをそういう表現にして安倍君を辱めようとしているようだが、安倍君は明らかに病人だぞ。病人には優しくしろよ。「大人力」とか言ってるくせに大人げねえなそーいちろう。

| | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

げほげほくん

今日、ビール飲んだら10時ごろ初夏みたいなアレルギー性ゲホゲホ状態になった(アルコールで乾燥した喉がアレルゲンに襲撃されると思われる)。秋にはこうならんはずだがおかしい。なんか今年の気候は例年になくおかしいぞ。

| | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

きてね

告知を忘れていた。

http://homepage3.nifty.com/tkino/IVE.htm

とりあえずVol.2 たまには朗読を聴きに来ましょう。

前回ドレッシング飲んだ(?)けど、今度は何やろうかな~(それは朗読かよ)

| | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »