« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

おたのしみはこれからじゃ

学研テルミン組み立てとチューニングとミニコンサートの企画に親子3人で出撃。私のは既に組み立てて調子よかったので、わざわざ持っていかんでもよかったかもしれん。それより場所が緑が多い中だったので、この雨がまことに残念じゃった。

その前の午前中にはまた秘かな活動……いや、別に秘かにしなくてもいいんだが……
モテる美術鑑賞」ついに印刷決定!
そうっ、あのっ、ウワサのフリーペーパーがとうとう冊子になる! 「フリーペーパーだったらPDFとかでネットに出せばもっと多くの人が見てくれるよ。コメントももらえるよ」というまっとうな意見に背を向け、ひたすら紙ベースでアンダーグラウンドから発信していた史上最低の美術鑑賞ガイドがとうとう本になってパワーアップ&紀ノ川 つかさ初の冊子である。6月中旬発行予定。乞うご期待じゃ。

そして明日は。忘れるなよ梅島ライブだ。

| | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

さけがのめねへ

この季節、目が充血気味&気管支は喘息気味。前も書いたがアルコールは喉が渇くのでアレルゲンをより多く喉に呼び寄せてしまって大変じゃ。で、ここんとこ酒を控えてる……んだけど、今日はCAD講習で早く終わったので、飲みに行って飲んじゃった。帰り(8時ごろよん)はマスク&帰って咳止め薬摂取。

よって6月1日ライブはノンアルコールで勤めます……って、ライブん時は酒なんぞ飲んでませんが。

酒の代わりにノンアルコールビール(各社)を飲んだりもしたが……冷えたもんを一気に飲んでもなんか後悔する。なんちゅーか飲まねえ方がマシなんだよなあ。なんでアルコールが入ってないだけで、あんな妙な味なんだ? 誰かもう少しアルコール入った風味のを開発してくれ。よって、何を飲むのがいいかというと、冷たいジャスミン茶。うーん、これだね。

| | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

あと一週間ですよ

6月1日夜露詩苦

今日聞いたところ、対バンのGiraf meets Flying Birdって本当に面白いらしい。

そんな今日は神保町で詩のイベントに参加。非常にひさびさに即興であれこれ言ったが、うん、そんなに能力は落ちないものだな。

行きも帰りも、「Perfume」を聞いてた。「シークレットシークレット」はいい曲だなあ~ 歌詞はほとんど聞いてないが。

| | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

かんるい

久々にポンパドールでパンを買ったら、値段がえれえ上がっている。マジかよ。なんかもう高級品になったきたぞ。しかも「今後下がることは無い」とかいう悲惨な予測がされている。なんちゅーか、今の日本の生活って、意外と脆いんじゃないか?

という話はさておいて、「Perfume」ってアイドルグループの曲。最初聞いた時は、なんじゃこりゃ、ヴォーカロイドか? と思ったが、何度かYoutubeなどで聞いているうちにハマりはじめ、とうとう今日CD買っちゃったよ。いいね~ 何が良いのかって、打ち込みバリバリのテクノポップなんだよね。ぬおおおおお、このアレンジ、シンセシンセ、おじさんはもうたまらんよ。感涙しちゃうぜ。若いヤツラは分かるかな、俺達の青春時代にゃ、こういう音楽がそこらじゅうでガンガン流れていたんだぞ。やっぱテクノポップは不滅じゃ~

| | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

ぐるじいでづ

ウィークエンドで暑くて外食だったので、ががががががが我慢できなくてビール飲んじゃった。アルコールはこの季節における、我がアレルギー性咳(喘息か)の敵。家に帰ってげほげほげほげほ。

| | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

かさねがさね

6月1日の梅島ライブよろしくね。

対バンの「Giraf meets Flying Bird」
http://sound.jp/giraf/

あ~ 面白そうぢゃないか。本格的だなぁ。なんかわたしゃ前座っぽくならねえか。うーん、最近、朗読力というのにはそこそこの自信を持っていて、オープンマイクなどで前に相当ヤリ手の人が出てきても、自分の所で空気変えられるような、ちょっとした自信はあるんですが、バリバリの音楽族相手だど、こっちはイロモノだよなあ……まあ、大丈夫さ。構成も既に考えてあるので6月1日は面白いと思うぞ。愛と勇気と脱力の40分!

| | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

ポエトリー劇場他

昨日はひさびさにBen's Cafeのオープンマイクに参加。順番がランダムなのでつい遅くなってしまい、その後CDを配布したものの既に帰ってしまってた人も多かったのでちと残念。それより、「クリームチーズベーグル」というのを食べたんだけど、ベーグルにクリームチーズ1枚だけが挟んであるってもんなのね。もう少し何か挟んであるのかと思ったが。ベーグルってなんであんな高いんだ? それにしても主催&司会の服部剛氏の、このイベントにかけるエネルギーは凄い。数時間の司会をこなし、mixiで全員の感想とフォローを行う。それを毎月行うのです。そのおかげで毎回大盛況。素晴らしい。

私の方はその陰でこっそりひっそり活動中。フリーペーパー「モテる美術鑑賞 Vol.20」をタコシェと模索舎に置いてきました。フリーペーパーならネットで出せばもっと多くの人が目に出来るんで便利じゃん、と言うかもしれないが……嫌じゃ。あれはあなたがその場で手にして、そこに書いてあるものを読むべきものです。ネットでクリッククリックささっと読んで、あーおもしろかったオシマイ、というお気楽な読み方は許しません。書く方もそれだけのエネルギーを使っているんですよっ。

| | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

東山魁夷展(国立近代美術館)

えれえ混んでいた。土曜の午後2時過ぎ、入るのに並ぶというほどではなかったが、出てきた時にはチケット購入で15分ほど並んでいた。中はもちろんぐちゃぐちゃ。

今や国民画家だそうで、なんでこんなに人気があるのか? 印象からすると広重の絵に近い。「絵がうまい」というより「絵でしみじみ」なんだな。日本じゃ印象派が人気だけど、言わば印象派よりも印象派っぽい。または日本版理想風景。絵に緊張感は全く無い。人は排除され、生き物は白馬のみが許される。木の枝は鋭角を全て取り去られ、波は水しぶきを取り去られ(波の絵があったが、クールベさんが指差して罵倒しそうなユルい絵である)、色も美しく差し替えられ、とにかくこれほど「自然をありのままに描かない」ヤツも少ない。完全な演出をしている、にもかかわらず「ありのままの自然を描いている」と思っているヤツも多いんだろうなあ……

「たにま」という絵でスケッチから「魁夷ワールド」の完成までを見ることができる。スケッチがいくつかあるが、これはかなりうまい。「ありのまま」も描こうと思えば描ける人である。絵でよかったのは「白夜光」鳥瞰であり、若干の緊張がよい。あと終わりの方にあった「静唱」、水に映る木々。これは再会だったが、最初に見た時に「おお、魁夷ってなかなかええなあ」と思った絵である。確かありゃあ日本橋三越だったな。あの時はもっと空いていたぞ。あと唐招提寺の襖絵で、一面海のヤツ。さすがすげえ。印象としては広重晩年の「波の花」を拡大した感じ。反面、町の風景なんぞもあり、町にも人がいないんだが、これはちょっと薄気味悪い。エドワード・ホッパーとも違う静けさで。あまりいい感じじゃなかった。

見終わった後に何も考えず「ああ、いい絵をみたなあ」としみじみできる。これが魁夷の魅力です。明日(というかもう今日か)でおしまい。

| | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

5月18日(日)は

ひさびさにBen's Cafeのオープンマイクに行く予定。最新CD「TECHNOCAT」を配布予定。無料でゲットできる最後のチャンス(ではないんだけど、先が分からないのでそんなつもりでいてほしい)。

| | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

ぐるじいのだ

そろそろ初夏で、私にとってはアレルギーの季節。なんだ花粉症か、なんかしらんけど、だいたい目が充血して痒くなり、ついでに朝晩咳き込む。だいたい夏真っ盛りまでこんな状態で、ここんところ秋にも襲われたりする。アルコールでよりひどくなるので、最近この季節にビールも飲めねえ……ってのは嫌なので、休日の昼に飲んだりする。 ♪十分充血 絶対喘息 アレルゲンとのハルマゲドン っていう「メタボリック・ダンス」のテキストがリアルストールだったりする。あるいはアルバム「亜鉛少年」のオープニング「充血眼」の歌詞もそうじゃ。そんな私のライブは6月1日(日)、梅島Yukotopiaにて。忘れないでくれ。

| | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

8時半に

普通に出社したら8時から朝の会議をしていてオレだけ欠席だった。聞いてねーっ! 金曜にオレが帰ったあとにメール連絡が来ていた。別に普段マジメだから怒られたりはしなかったが。

| | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

たまにまんが

東山魁夷展に行こうと思ったが、なんか行ったらブログに書かなきゃいけない使命感があって、ここんとこ結構書いているので面倒になって久々にマンガ喫茶に行っていた。前から行っていた所は格安だったがいつの間にか潰れていた。別ん所に行く。読み残してあった「二十世紀少年」を終わらせ、「PLUTO」と「デトロイト・メタルシティ」を最新刊まで読んで満足じゃ。これでまた半年ぐらい行かないでいい。

| | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

芸術都市パリの100年展(東京都美術館)

19世紀から20世紀のパリについて、絵だの写真だの彫刻だの。パリにいた芸術家の作品というより、パリを題材にしたもんを集めた感じ。あとエッフェル塔ね。1889年にできたんだと。そんな古かったのね。

冒頭はコローのパリ都市風景から。自然ばっかり描いてると思ったが珍しいね。コローらしくない。あとは聞いたこと無いヤツのパリ都市風景がずらずら。有名どころでモネが1枚、シニャックの点々が1枚、どっちもさほどの絵でもない。この段階で、もしや名画を持ってきたんじゃなくてパリが題材なら何でも持ってきた企画なんじゃねーかと嫌な予感がする。ユトリロが2枚。まあまあ。エッフェル塔が建つまでの写真。これはなかなか面白い。命綱無しだったんだって。落ちて死んだ人が「たった一人」なんて書いてあったが、要は「とうとう一人出しちゃった」のね。

次はパリの市民生活の絵が並ぶが、また知らないヤツばかり。しかもどれもうまくないように見える。ルノワールが1枚あったが、それはさすがにうまかったが、まあルノにしちゃ並じゃね。しかしこういう場合、美術鑑賞はとたんに難しくなる。「有名だからうまく感じるのか?」という自分の審美眼への疑問が頭をもたげてくるわけですよ。それより、ひでえ色の絵があるなあ、と思ったら私の好きなデュフィだった。ついでに隣にある妙な子供の絵もフジタだった。なんだこの2つは本物か? 誰かがまねっこして描いたんじゃねーの。それからドーミエの風刺画とか。細かいの色々。吹き抜けのところはエッフェル塔コーナー。脚ん所だけのデカい模型で囲まれている。ここだけは撮影していいんだと。しかし、ここをこう使うってことは、巨大サイズの絵は今回無いわけね。

2階に行って、パリジャンとパリジェンヌコーナーなんだけど、なぜかヴィクトルユゴーの幻想画みたいなのと、「ノートル=ダム・ド・パリ」の物語画。ネルソンって人の絵がよかった。エスメラルダ嬢が極めて美女に描かれている。でもこれじゃまるでパリジェンヌでジプシー女じゃないじゃん。ファンタンラトゥール1枚。それから肖像画があれこれ。どうも肖像画はつまらん。ルノワールが1枚、カリエール1枚。あとロダンとか。

やっとセザンヌが登場。ルオーみたいな感じの。あとモローがなんと5枚もあったよ。そのうち水彩画が1枚。見てて分かったが。私がモローっていいなあと感じるのはだいたい水彩画だね。どうも油彩って、適当に切り上げているのが多いみたいで、なんかあまりいいと思えねえ。うーん、オルセーにあったのとかは、さすがに油彩でもかなりのもんだったような…… それからヴァラドンが何枚かユトリロの母ね、だからどうってんじゃないが。ドンゲンが1枚。なかなかいい。マイヨールの彫刻いくつか。

3階に行って、田園への憧れコーナーって、ドニの天井画下絵とか、どこが田園やねん。いわゆる素朴派のアンドレ・ポーシャンが2枚。同じくアンリ・ルソー1枚。ルソーのは遠近が妙で、自分にゃこう見えるんだがなあという素朴な態度で描いたもんだそうだ。絵は幻想的であって決して素朴ではない。

点数は大いしパリ気分も味わえる。大作名作目玉も無いが、まあ悪くないよ。月休7月6日まで。

| | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

おおやんぐ

最近の若者がクルマ離れをしているそうな。おお、そんな時代が来るとは思わなんだよ。ペーパードライバーでもある私はクルマにはあまり興味が無いのだが、昔からそれで周囲に壁ができていた。同世代はとにかく1にクルマ、2にクルマ、特に会社の同期がひどかったねえ…… 新入社員研修で、近々何をしたいか目標を立てなさいというのだが、9割ぐらいが「クルマを買う」だった(私は「英語を勉強する」とか言ってたが)。あと、何かの同期の集まりで、周囲が全員クルマの話を延々としていて、一言も口を挟めなかった。田舎に住んでいるんならともかく、今は駅から近いけん、いいじゃないか電車で。

| | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

夜想ヴァンパイア展(parabolica-bis)

テルミンの大西ようこさんがスタッフとして参加している企画。浅草橋にあるこの聞きなれない場所は雑誌「夜想」のスペースだそうです。ではその「夜想」とは何かというとゴシック・カルチャー雑誌です。恋月姫の球体関節人形のゴシック風展示、その人形達を野波浩が撮った写真、及び野波浩のその他の写真展示の3部屋です。会場にゃゴシックロリータのお嬢様がチラホラ。中には人形にじっと見入っている人もいる。暗い会場内で死んだように棺の中で眠り続ける人形達(一人は吸血鬼に血を吸われた痕がある)、花で飾られ、グレゴリオ聖歌が流れる。うむむゴシックだ……ってこの場合のゴシックがどんなもんかよく分かっていないが、様式美のようですな。あと「死の香り」が無いといかんのだそうです。うん、なるほど。でも様式美ってヤツは人を選ぶからねえ……私が見ると、ほほーよくできているなあ、とか、雰囲気があるなあ(退廃的だが上品だなあ)、ぐらいのことは感じるわけですけど、多分じっと見入っている人の心の中にゃもっと違う、激しく共鳴する何かがあるに違いないと推察する次第です。

ここで私が思うのは、なぜにこの場合「球体関節」でなければならないのか? ということ。曲げられるという機能としては、別に関節が表に出ていなくてもいいはず。なぜか? 「人形」として強調したいのか? あるいは「骨」に似ているからじゃないかとか思ったりする。骨なら永遠に変化が無い象徴でもある。四谷シモン氏は「関節のあの丸みがいい」と言ったそうですが、うーん……

ようこさんにいろいろ話を聞くことができました。先の一人だけ血を吸われてる、とか、棺はスタッフが徹夜で作っていたとか、あと人形には売っているものがあって、初日に買いに来た人もいるようです。値段はいくらぐらいかというと、なんと300万円ぐらいだって。うひゃあああ。買う人がいるんだ。どうやって置いておくんだろうか?

水休5月12日まで。

| | トラックバック (0)

えれべーた

前から書こうと思っていたのだが、デパートなんかで1階に着いて上の方の階に行きたいとするじゃないですか。それで乗り場に着いたら数台のエレベータがほぼ同じ場所と方向で、しかも行ったばっかりだったりして、腹立つぅ~ って経験ないですか? ありますよね。延々待って、ほぼ同時に来たヤツが、どれも空いててえらい非効率。ありゃあ何ともならんかね。各階で人が待っているとして、エレベータAが2階で止まり、その間にエレベータBは3階に行って止まり、Aは今度は4階で止まり、Bが5階で止まり……とやっていくと、永遠に同時に動き続けるじゃあないですか。どうしますかどうしますかええっ? でもこれだと各階に止まるより全体が2倍早いってことになるのか。でも降りるのはどうなるんだ? だれか研究してくれよ。

| | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

中右コレクション四大浮世絵師展(大丸ミュージアム東京)

「四大」とは写楽、歌麿、北斎、広重。あまり期待してなかったんだが良かった。いやー持ってるんだな中右瑛先生。

冒頭に北斎の赤冨士があって、初摺りじゃなかったんで「ふっ」と思ったが隣にある青富士は初めて見た。ほー、妙なものがあるものだ。

最初のコーナーは写楽で第1期大首絵が何と11枚も出ている。すげーなおい。こんなに並ぶ企画はめったに無いぞ。それから「写楽そっくりさん」ということで歌舞伎堂艶鏡やら、歌川国政などが紹介され、中には写楽説のある絵師もあって面白い。私が写楽じゃないかと思っている流光斉如圭もいたけど、1枚だけ見る限り違う感じだなあ。あと国政の紹介で絵としては写楽より上という感じで書かれていて嬉しいねえ。今回の企画は解説も多いんだけど、文に無駄が無くていいね。

次は歌麿コーナー。これは普通に美人画など。珍しく武者絵などもあり。実は得意だった写実的なのは無かった。

北斎のコーナー。「新版浮絵忠臣蔵」が魅せる。それから「くだんうしがふち」以外あまり見たことが無い西洋表現ものを4枚。それから5枚しか作られなかった「百物語」5枚全部。大判縦2枚で漢画表現の「詩歌写真鏡」と、あまり知られない、いいものを並べている。うーん、やるねえ中右さん。その後無難に富嶽三十六景がいくつか。

広重コーナー。これも知られない武者絵やら美人画から。あと超傑作「平清盛怪異を見る図」。知らない人は見ておきな。有名な東海道五十三次は初版らしいが、どこがどうだったら初版だったか忘れたぞ。あと晩年の雪月花全部。これも見る機会はそんなに無い。あとおバカ影絵いくつか。マジ笑っちゃう。

肉筆コーナー、北斎の三竦みが傑作。「老人卍」だぞ。

5月12日まで。800円で軽く元が取れる内容だ。

| | トラックバック (0)

英国美術の現代史:ターナー賞の歩み展(森美術館)

ギロッポン♪ GW中であることをあまり考えずに行ってしまった。いや、美術館はさほど込んでないだろうと思っていたんだけど、展望台とチケット売り場が共通で、そこは結構混んでいた。いや、あとそれだけじゃない。展望台だけのチケットってのが無くてね、展望台行くにはこいつの券買わないといかんの。まあ、分けたらこっちに来ねえよなあ、とか思っちゃう。で、普段美術館など来ない方々が、せっかくなんでバッチリ見ようぜってんで、イヤホンガイドを奮発しちゃって、かなりの割合で使っているのです。ええ、まあ中もそれなりに人がいました。

知っているのはギルバード&ジョージだけでした。でもさすがモンティ・パイソンの国。結構面白かったよ(1500円はちと高いが)。

冒頭にターナーが一枚。トニー・クラッグの望遠鏡に足が生えたようなヤツが重厚でいいね。リチャード・ロングの「スイス花崗岩の環」ってのも見せるね。石を切ったのが環状にたくさん並べてあるんよ。これ、普段どうやって保管してあるのかね。あと移動とかどうやんの? ちゃんとどれがどの位置って決まっているのかな。そうだよな。ここでギルバード&ジョージ。原色の巨大ポスターみたいなの。ジリアン・ウェアリングの「60分間の沈黙」は一般ウケできる面白作品。集合写真のように見えるのが、実は映像で、時々映ってる人が動いたりする。最後に終了して緊張が解ける一瞬があるというが時間が合わずに未見。もう一つ、母子のケンカのヤツがあるがこっちはイマイチ。アントニー・ゴームリーのコンクリートの塊に内側から出た手の跡だけ見えるってのが面白い……って言葉じゃ説明できないな。デミアン・ハーストの「母と子、分断されて」これが今回の目玉&インパクト大の仰天作品。何か? 牛の母子が、ホルマリン浸けの剥製になってて、文字通り縦に「分断」されている。ええ、内臓とか見えちゃってます。うひゃあああ。すげええええ。このインパクトで、あとの作品が色あせてしまうな。スティーヴ・マックィーンの……ってあの映画俳優じゃないんだけど、家の壁が倒れてきて窓の開口部で助かる、というキートンのドタバタ映画の一シーンをマジ顔でやる映像。妙だ。マーティン・クリードのタイトル「ライトが点いたり消えたり」。文字通り、それだけの作品。展示室には何も無い。これも妙だ。グレイソン・ペリーの社会的イラストの壷。他色々。

7月13日まで。あの牛だけでも見ごたえあるな。

| | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »