« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月28日 (日)

セザンヌ主義(横浜美術館)

セザンヌってナニモンだ? 私は実はよく分からない。え? あんな有名なのに? そう、何がいいんだかも分からなければ、何をしたかった画家なのかもよく分からんのです。もちろんセザンヌの絵は何度も見てますよ。でも、印象派とも違うし、フォーヴィズムとも違うし、抽象画でもない。どういうものかというのが、とらえどころが無いのです。で、今回「セザンヌ主義」として、いかに後の画家に影響を与えたか、が分かるというので行ってきた。

当時は晩年までそう有名でもなく、生前訪問したのはドニと……ありゃメモの字が読めねえ……の二人だって。最初は人物画でその最初に出ている作品は「麦藁帽子をかぶった子供」……うーん、これは完成品なのか? あと人物色々で、ポスターにもなっている「青い衣装を着たセザンヌ夫人」もある。うーむ、この絵はどうよ。パッとしないよねえ……他の画家としてモディリアーニやピカソが出ているがこれらは絵の個性がはっきりしている。シャガールも、らしからぬ感じでセザンヌ風。あと日本からは安井曽太郎やら岸田劉生など。佐伯祐三の「パレットを持つ自画像」は意外で良かった、こんなセザンヌ風というか、普通の描き方もできるんだな。

それからセザンヌ得意の「水浴」いくつか、これも、なんか「もわっ」と描いてあるだけで、うーん……ま、寒色でまとめているってのが、ミソなの? この点ではドニの「森の春」というセザンヌ風の水浴の絵があって、これは色といい描写といい、うまいです。日本でも水浴色々、の紹介。

風景画のコーナー。はい、セザンヌは風景よく描きましたね。解説によると、印象派は一瞬の美を写し取るが、セザンヌはそれを踏まえ、さらに、いかに永劫の美を獲得するかって奮闘したそうですよ。最初の「ジャス・ド・ブーファン」はモロ印象派ですね。「水の反映」という絵……はて、この淡い感じは……なんか広重の肉筆画みたいじゃないか。そもそも浮世絵の名所絵ってのはまさに一瞬でありながら永劫の美を描いたものじゃないか? セザンヌが構図だの色だのに四苦八苦していたかもしれないが、実は広重や北斎がとっくにやってしまってないか? 浮世絵が影響を与えたのはあくまで印象派と言われているが、例えば北斎の弟子の昇亭北寿がキュビズム風の風景を描いていたりするので、意外と進んでいたんじゃないか、という思いあれこれ。セザンヌの風景色々、ガルダンヌというところの建物の並びを描いた絵が、キュビズムを生んだとか生まなかったとか。確かにそれっぽい風景画だったりする。他者のでは、ブラマンク、ドラン、キスリングはらしからぬ渋い風景画すなわりこれセザンヌ風か。日本では岸田など。セザンヌ「果樹園」の緑は美しい。おなじみサント・ヴィクトワール山。

それからおなじみ静物。卓上で自由に演出できるんで、じっくり描けたんだって。完全な美を描くために時に構図も遠近も崩した、という姿勢が多くの画家達にリスペクトされた……が、浮世絵の話をすると、北斎の美人画は解剖学的に間違っているが見れば美しいというのは常識。それとセザンヌの静物に対する姿勢はどう違うかな? まあ、でも私にとっても、セザンヌの絵で最も魅力的に見えるのはこの静物画ですね。明らかに他のヤツが描いたのとは違う感じがします。何がどう、という説明は難しいですが、普通じゃない、ちょっと崩れかけていながら色彩も構図も描写も、いいバランスを取っている感じ。「リンゴとナプキン」は傑作だけど、そういえばこれって損保ジャパンの常設のじゃないか。

なるほど、だいぶ分かったよセザンヌ……でもまだ他の画家の方が好きだ。木休1月25日まで元旦は休みだ。

| | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

しごとおさまらん

29日も出社日だと。まーったく誰がそんなの決めたのか。そう、あの物腰は優しいが性格が陰険な総務部長に決まっておる。社員に楽な思いで働かせるのが嫌という暗い思想に決まっておる。こないだも営業車にドライブレコーダーなるものを付けて、監視体制を強化してヒンシュクを買っておる。アホか。監視して節約できるギャソリン代よりもドライブレコーダーの契約料のがずっと高いだろうに。それに、そんなに監視したら社員のモチベーションも下がるでしょうに。多分ネットも監視してるんだろうなあ……

| | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

ひさびさに

半年ぶりぐらいに梅島のオープンマイクに参加。詩のイベント自体久しぶりだった。即興で読んだが、調子はいま一つ。それより我がユニット「オルタナティブ3」の北村守通さんの歌をCDに焼き、皆様に聞いていただいた。私は今日、それで満足である。来年はいろいろ復活したい。

| | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

かーいさん

ネットで音楽を買うようになった。まあ、中古CDも買うことあるんだけど……うーん、最近新品CDの購入は無いなあ……

昨日、川井憲次の「攻殻機動隊2.0」のテーマ曲を2曲買った(選んで買えるところもネット購入のよいところです)。これは、押井守監督アニメ映画のサントラなわけですが、とにかく、ものすごい曲で、まず、あの近未来SFになぜあのブルガリアンボイスともつかない声の音楽を使ったのか、そのセンスにゃ脱帽だ。同じ監督の続編(というか2.0の前に最初のバージョンのがあるのでその続編)である「イノセンス」の音楽も同じ系統で作られいて、これも私はたまたまCDを入手でき、何回というか何十回も聴いている。まあ、全部がいい曲ではなくて、BGMなわけですから、つまらない曲は単調でつまらんです。でも何曲かはとんでもなくいい。うん、まだあった。「アヴァロン」の音楽もいい。映画見た直後にCDを買ってしまったな。だけど……聴きすぎてさすがに飽きてきたな。

| | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

1粒1110円の塩キャラメル

ブチョが「これおいしいですよ」という塩キャラメルをもらって食ったら、粒がデカくて、噛んでいたら歯にはめてあった金属が外れてしまった。慌てて会社帰りに歯医者に行って、はめ直してもらった。1110円かかった。さらに歯医者に行く時間の関係で急ぐしかなく、明日の(正確には今日だな)、名古屋出張の格安チケットを買う時間も、パン屋のパンを買う時間も無くなってしまった。ツイてねえ。

| | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

巨匠ピカソ 魂のポートレート(サントリー美術館)

ギギギロッポン♪ こっちは肖像画が中心だ。最初の「カザジェマスの死」は初めて見た。次の「自画像」は先の「ラ・セレスティーナ」と同じ雰囲気の青の時代の自画像。それから「男の肖像」という、これも青の時代ものがある。普通にうまい。「バラ色の時代」から「キュビズム」まで、アルルカンがあったり、キュビズムの「男の頭部」があったり。「新古典主義時代」では「海辺を走る二人の女(駆けっこ)」おお、この絵まで来ていたか。ピカソ美術館の階段のところにあったろ。「ピエロに扮するパウロ」うむ、この絵まで持ってきやがった。「アクロバット」は色がシンプルで、その分造形の面白いのが目立つぞ。

それからまたミノタウロスもの。うむ、私はピカソのこの手が最も好きだねえ。まさに彼の、魂の自画像だ。傷つけられ泣き叫ぶ馬はピカソの恋人の魂である。「ドラとミノタウロス」で、ドラ・マールに襲いかかるミノタウロスの顔は何とも悲しい。本人も望んで獣人になったわけじゃないんだな。「コリーダ:闘牛士の死」と幾度目かの再会。また会えて嬉しいよ。

それから時代は晩年に。「抱擁」やら「接吻」はエネルギッシュな晩年もの。このエネルギーに対抗できる芸術家は、我が国の葛飾北斎ぐらいであろう。誰か「ピカソVS北斎」を企画してくれ。きっと面白いぞ。最後の絵は「若い画家」うーむ、これは何とも言えん。

これも12月14日まで。もう一方の半券で200円引きだって。

| | トラックバック (0)

巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡(国立新美術館)

ギロッポン♪ この秋(もう冬か)最大のイベントは有休で行ってきた。パリのピカソ美術館から来ているんだって。でもオレは現地に行ってるけん。再会も多いぜ。平日午前なのに混んでた。イヤホンガイド使うヤツ多数。つまり、普段美術館なんか来ない客が多いってことだと推察する(普段来てりゃイヤホンガイドなんて使わん)。

まず冒頭は「ラ・セレスティーナ」で「青の時代」の傑作だ。服を簡素にして顔に集中。しかし、こんな写実的に描けるぜピカソ。それからしばらく、どうでもいい習作とか。ここでキバると後半でバテてしまうぞ。飛ばせ飛ばせ。「バラ色の時代」というのがあるが、そんなによく分からん「二人の兄弟」ぐらいか。それからおなじみキュビズム時代。キュビズム作品なんて一つ見りゃ十分です……ってこともないんだけど、今回は他が多いから、これはこれでちゃんと企画したほうがいいであろう。「マンドリンを持つ男」ぐらいは見ておく。続いて新古典主義時代。手足がガッチリ。「座る女」なんてのが代表か。おっとその前に「肘掛け椅子に座るオルガの肖像」があった。これだけで目玉になるような傑作だど。何度目かの再会。

それからシュールレアリズムという、要はなんだかよく分からん絵になっていく。今回「接吻」という絵があり、ハデハデでポップアートっぽい。ほう、こんなん描いてたんだな。それから平面的なのから立体的なのに進化 「海辺の人物」いやー、ははは、これは、いつ見ても傑作ですなあ。人物っぽい造形だけど、いちゃついてるってのが分かりますなあ。このあたりが単純に見ていて一番面白い。

それから、ちょっとしたコーナーがあるんだけど、「女を陵辱するミノタウロス」から「夜、鳩を抱いた少女に導かれる盲目のミノタウロス」までのミノタウロスもの。獣人ミノタウロス(ピカソ)が女あるいは牝馬に襲いかかるってのは、ピカソが心に持っている永遠のテーマ。つまり本質部分ですね。あとのサントリー美術館でも出てくるぞ。有名な「ゲルニカ」はこのテーマで描かれているのだ。

それから「窓の前に座る女」から、女ものがいくつか。デフォルメした顔はいわゆる「ピカソの絵」だな。それから「泣く女」もかなりエグいのがあった。それから社会的テーマ。「朝鮮の虐殺」おお、これはパリで見たが、朝鮮がテーマだったのか。

終盤というか晩年はいろいろな手法が入り乱れ、家族がテーマになっていたりする。今回「トラックの玩具で遊ぶ子供」なんて初めて見た感じ。なんかマティスみたいな絵になっている。

見ごたえあり。前半でバテるなよ。12月14日まで

| | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

それにしても

景気が悪い。倒産リストラが話題になっているが、何か明日はわが身でもおかしくない気がしてきた。ブチョは「非常事態宣言」なるメールを部内に発信。ただでさえテンションが高いのに、ますますヒートアップしている。

最近読んだ本には日本を支配しているのは官僚であって、政府はほとんどコントロールする力が無い、とか書いてあった。確かに、最近はもう誰が総理やっても同じ、という感じがする。真紀子が言ってたように外務省なんかもチミモウリョウの巣窟で、大臣一人が来たからってまるっきりコントロールできないではないか。そしてその官僚どもも、産業を無限に拡大させるしか頭が働かず、大企業の生産拡大が優先で、かくして一般市民は国がどんなに豊かになっても何の恩恵も受けられないんだって。

確かにバブル以降、ずーっと庶民は苦しいじゃないか。

| | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

レオナール・フジタ展(上野の森美術館)

画家が大いなる気合を込めて作成した超大作が、さほどの印象を残さない、ということがあり……うん、例えばアール・ヌーヴォーの美人ポスターで有名なミュシャの晩年の超大作「スラヴ叙事詩」なんてのも、連作の1枚を見たことがあるんだけど、そんなに、ものすごい印象を残さなかったものです。まあ、全部見れば分からないけどね。

今回の展示の目玉は、幻のフジタの超大作4枚「ライオンのいる構図」「犬のいる構図」「争闘Ⅰ」「争闘Ⅱ」が発見され、修復され、展示されていることです。これが何かと言うと、裸の男女のアクションを巨大画面に描きまくったもので、もちろんフジタ得意の「乳白色」を使っている。この独自の乳白色でフジタは非常な名声を得たですが、それがどれほどのものか、限界への挑戦を始めた。巨大キャンバスに、ただそれだけを群像で描いた。大画面だから遠近を駆使したパノラマ風にするとか、色彩を派手にすることなく、ただただ自らの獲得した裸体表現だけを使って大画面を構成しようとしたのです。それがこの4枚。長いこと行方不明でした。この絵はもちろん展覧会の解説広告その他では絶賛されていますが……うーん、どうもね、あまりにストイックに裸体とその他少々しか描かれていないので、全体が白っぽくて印象があまりにフラットなのです。力作には違いないんだけど、別にこのサイズが絶対必要である表現ではないと思うのですよ。群像の大作と言えば高畠華宵の「移りゆく姿」がまず思い浮かぶけど、あのぐらいの派手さはやっぱり欲しいなあと。自らの挑戦、という意味では凄いんだけどねえ……うーん。ところで、男の裸体に凹凸がやたら多いんだけど、筋肉のつもりなのかな? 国芳などの浮世絵に見られる表現によく似ている。フジタは国芳を見たか? そういえば国芳も猫好きだっし武者絵でのアクション系群像も描いていたしなあ。

はい、他には、まあ結構いい作品、出ています。最初の方のモディリアーニ風人物、ユトリロ風……でもないか、の風景。おなじみヨーロッパでバカウケした独自乳白色裸婦もいくつも出ています。「横たわる裸婦」なんてまるでヴィーナスとキューピッドですな。神話を題材にしないところはクリスチャンだからかな。

2階に行って最初の方にある子供達の絵「アージュ・メカニック」。先のフラットな裸体群像を見てからこれを見ると、いかに色彩を入れるのが効果的か分かると思います。玩具の色彩が鮮やかで、それが子供達の白い肌を引き立てる。そう、当然ながらフジタはやればできるのです。それから、アトリエの再現。クリスチャンらしくイエス様がいます。聖母子の絵、あと「イヴ」という作品のデッサンがいくつも並んでいる。もちろん完成品もあって、ええイヴがリンゴ持っている絵ですが、リンゴに「EVE 59」とタイトルと制作年代を入れてしまっている。おいおいおい、そんな画面の中心に「現実」と結びつける文字を描き込んだら全部ブチ壊しでねえか。そこは視線が集まるポイントだぞ。絵は凄くいいんだけどなあ。なんでそんなところにそんな文字を入れるのじゃ。それから「花の洗礼」いいバランスの絵ですね。中央が裸婦で、左右は一応着ています。そうそう、まるで「ヴィーナスの誕生」ですな。

あと晩年は教会「平和の聖母礼拝堂」を作ろうとして、いろいろなものを描きます。クリスチャン画多数。手堅いです。戦争画を推進したため全画家達の犠牲となって戦争責任を押しつけられ、日本を去っていったフジタです。愛国者なのになぜこんな扱いを……という、日本に対する失望というより、戦争というものそのものに対する思いがあって、こうした平和施設建造があるような気がしますね。

2009年1月18日まで。金曜は夜8時までやっているみたいだぞ。

| | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

ぐおおおおおおっ

仕事で午前と午後客先に行き、どっちもドロヌマにハマってハマって10分ぐらいで終わるはずが、それぞれ3時間以上。帰ったらブチョにコキ使われ、死んだ魚の目になって帰ってきた。それだけぢゃないっ、昼のインドカレーがなんかマズかった。池袋付近のグレートインディアはチェーン店ながらうまいとおもったよ。さらにそれだけぢゃないっ、午後の仕事先が横須賀の、坂やら階段の多い場所で、歩いているだけで疲れ、さらにさらい雨なんか降ってきて体力自慢の営業と一緒になってクルマまで走ったところ、背や足の筋肉が悶々としているのです。そして家に帰ったら、妻がルーブル美術館展の早割りペアチケットが今日までだと言うので、バラして使えるか確認して10時半ごろ慌てて買いに行ったら……はい、間に合いました。やれやれ、最後までツイてないわけぢゃなかったよ。

| | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »