« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

深く静かに活動中

やっと「モテる美術鑑賞 Vol.25」を、中野「タコシェ」と新宿「模索舎」に置いてきた。今回はアツくかつマジに書いちゃったんで、アホアホ路線を期待している人は残念じゃ。でも極めて重要な内容なので、ぜひ手に取られたい。ネットで公開? しねーよ。なんでもかんでもネットで手に入れる気になってんじゃねーぞ。

それよりコピーがな、私はもう泣く泣くチンコーズことフェディックスキンコーズに行ったんよ。
「モノクロコピー取りたいんですが」
「1枚11円になりますけどいいですか?」
「なんだとぉ!」
なんで専門店のコピーがコンビニより高いんだよっ! 値上げしたんだとさ。値段がというより、何か信じていたものに裏切られた気になったんで、出てきてしまったよ。その後、新宿の「世界堂」に行ったら、1枚8円のモノクロコピーがありました。やれやれ。次回からこれでいこうじゃないか。でも7円ぐらいで無いかな。

| | トラックバック (0)

まるかぶりだと?

ここ数年、節分の「まるかぶり寿司」とか「恵方巻き」なるものがコンビになんぞに出ている。年毎に違うある方位を向いてかぶりつくといいんだって。元々関西方面の節分の風習だかなんだかを、商売にしようとコンビニとかが全国展開しているそうだ…………うまくいってんのか? いってるわけないじゃん聞いたことねーよ。まったくそんな商魂にイチイチ躍らされてちゃ来る福も逃げちゃうぞ。でも晩メシがそれで済んじゃって楽だから、それで広まっているって話もあるんだって。

| | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

モナリザが口あけてるやつ

世界堂でコピーができるらしいので安いんじゃねえかと思って行ってみたら1枚10円だった。チンコーズより高いじゃんか。会員なら安いのかな。でも会員になるの500円かかるんだよね。

| | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

ぴーこしてくれないか

そういえば、「モテる美術鑑賞 Vol.25」の原稿ができているんだけど、コピー印刷してた五反田のコピー屋が潰れてしまった。ショ~ック! 1枚5.25円の格安だったのに。またチンコーズなんて嫌じゃ。1枚9.45円なんだぞ。安いコピー屋は無いのか?

| | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

よなごんごん

仕事で米子に。成果はイマイチ。それより飛行機がないない。四時に乗れなかったんで、今度は八時だとぉ。境港の水木しげる記念館に行き、土産を買い、空港で二時間以上待っている。瀬名君の「ブレインヴァレー」も読み終えてしまった。蟹ぞうすいも喰った。おお、もうすぐ出発だ。

| | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

「20世紀の始まり ピカソとクレーの生きた時代」(Bunkamura)

展示内容はいいんだが、前のワイエスん時同様、解説が一言多いんじゃねーか? 「楽しげな絵になっています」とか印象までぐちゃぐちゃ書くのは、もし違う印象持った人が見たら「自分は間違っているんじゃないか?」と思ったりしないか? 「お前ブログで思い切り印象書いとるやん」と言うかもしれないが、こっちは一鑑賞者だからいいんじゃ。企画者側が解説でやるもんじゃねえべ。

表現主義から。画家の内面を「表現」するようになったからそう呼ばれているんだって。マティスの点描の影響があるとか言われているフォーヴのような絵から、ドラン、ブラックのセザンヌみたいな絵など。マックス・ベックマンという人の「夜」これが何か凄いね。悪夢の内容らしいんだけどフジタ風の白っぽい画面で、内容は人殺し。首絞められてたりして怖いぞ。それからシャガールが2枚あり、「祝祭日」は風変わりなスッキリ系。

キュビズムのコーナー、物質の存在力を失うから、コラージュを入れるようになったんだと。ピカソん時も書いたが、何か1枚2枚見ると、あとどうでもよくなってきます。それより、新古典時代の「二人の座る裸婦」があり、大作なんだけど、見ててどうも、色気が無いんだなあ……彫刻みたいじゃ。裸婦を単にオブジェとして見てんのかな。何か彼の描く牝馬の方が色気がある。それから、ピカソいくつか。あとモランディがありました。この人の絵はよく分かりません。ストイックな美なのか。セザンヌの影響もあるようですが。静謐というけどねえ。私はモランディやロスコで心底感動できる人が羨ましいよ。

シュールレアリズム。マグリットの初めて見る絵「とてつもない日々」なんか、さっきのピカソの裸婦みたいだ。珍しくマン・レイの絵がある。タンギーはどれ見ても似たようだと思っていたが、今回初期のが出ていて、山々みたいでむしろ新鮮だ。リヒャルト・エルツェって人の絵は初めて見た。悪くない。

カンディンスキーとクレー。カンちゃん3つ。前に近代美術館で見たのに比べるとチャチいのでどうでもよかった。ロベール・ドローネーがあり、それからクレーがずらずら。このクレーってのも結構つかみどころが無い。概ね落ち着いた色に、パターンや形が浮き出ている、みたいなもんだけど、そうでないのもあり、かっちりした線を使ったり、形状を組み合わせ顔のように見せたり、文字のような線を浮き出させていたり、と色々だ。1枚ずつ全部に解説付き、読んでられん。ナチスの弾圧なんぞもあったそうで、最後の方の絵で「助けを呼ぶ声」というのがある。解説では散々、線にみなぎる緊迫感がどうのとベタベタ書いてあったが、どうも私には、クレーにしてはがんばっている、程度の印象だった。こういう場合の、解説と印象が違うのが嫌なのだ。

3月22日まで。

| | トラックバック (0)

おふとんから

出られません。(※ケータイから書いてる)

| | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

作業時間がなかなか取れん……

子供と一緒に寝てしまい、夜中に起きたら寒くてなかなか布団から出られない。パソコンが同じ部屋にあり、明かりをつけるのもはばかられるので、暗いままキーボードを打っているのだが、打ちにくいのう。それに子供が起きるんじゃねーかと思ってヒヤヒヤ。やりたいことはいろいろあるが、どうも遅れている……

| | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

まだ終わっちゃいねえっ!

箱根駅伝を見たいなあとか思っていたが、どうも下の子が寝ていたり、上の子が違うチャンネルにしろと騒いだりで見れず。いや、それより教育テレビでやっていた「メジャー」が、面白いので、そっちに見入ってしまった。年末年始にやたら再放送していたが、途中から見てもなかなか面白い。「聖秀学園vs海堂学園」を見ていたが、吾郎はカッコいいな。オレは創作時間が無いとかテンションが下がっているとか何とか言っていたが、やっぱ吾郎を見習い、最後まで諦めちゃいけねえぜっ!

話変わって、30日に実家ですき焼きをご馳走になったのですが、なーんかあれ、納得いかないんだよね。いや、おいしいんだけどさ、あれはまず鍋なのか? 最初に肉を焼いて割り下を入れるわけで、でも肉を煮込むどころか固くなるから早く引き上げろとか言われるし、途中から肉を追加したら、その肉は焼かないわけですよね、調理法が最初の肉と途中からで違うというのはいかがなものか。焼肉のタレつきという感じでもないし、あれは一体ナンなんだ? どうするのが正解なのか? いや、おいしいんだけどね。うん。

| | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

ががががが

賀正! 例によって神田明神に行った てやんでえべらんめえこんちくしょう神田の生まれよ!(生まれた病院は神田なんだ) 寿司食いねえ!(酢メシ) 酒飲みねえ!(消毒用エタノール) それより神田神社が年々混んできて困ります。けっ、みんな不景気だからって神頼みしやがって……ってオレは毎年神頼みだけどさ。

昨年は前半でCDとミニコミを出して、創作活動のほとんどが終わってました。2人目の子供が生まれるんで、そうなるかなあと思ったら見事そうなりましたね。今やもう育児が日々戦場のようで創作時間が微塵も取れない……ってのは嘘で、時間は作ればあるんだろうけど、テンションが下がりっぱなしです。もう精神的に消耗しているのか、能力も出し尽くしたのか、単に面倒になったのか分かりませんが、逆さにして振っても何も出ません。いかん。いかんなあ……で、今年の抱負というか目標は、創作活動の復活。神様助けてくれ(既に神頼みだぜっ!) 

| | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »