« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

宮芳平展(練馬区立美術館)

知らなかった画家であるが、というかほとんど無名なのであるが、近場なので行ってみたのです。大正から昭和の時代で、高村光太郎やら村山槐多と交流があったそうな。個人誌「AYUMI」も出している。

入ってすぐの油彩は、フォーヴのような荒い描線の風景画なんだけど、色が地味。うむ、これだけだったらパッとせん。しかし本領というか面白いのは1922年頃の一連の紙のインクの小作品。解説にある通りモーリス・ドニ風なんだけど、結構心象描写が強い。「空虚」とか「罰」とかはただ人物が立っているだけなんだけど、今の時代にもウケそうな、うーんそうだな、今時のアーティストが描いてたっておかしくない感じだね。これらの人物には時に顔や肌にも背景と同じような模様が刻まれていて、背景に同化するような、半分人間でないような印象を与える、その様子は、レメディオス・ヴァロが描く人物に似ている(ようなそうでないような)。もっと言えば、河原温の衝撃作「浴室」はこれの発展系じゃないかって感じもする(しないか)。そうそう「浴室」ってタイトルのもあったよ。

裸体の男女が何か高いものを見上げる「無題」は傑作品。「聖夜」もドニ風といえばそんな感じの夜の様子。傍らにその「聖夜」にまつわる詩も出ている(詩も書いたのだ)。そうだな、横浜で見たドガの詩よりはうまいよ。

入場無料でこのレベルは大いにお得だが、電車に乗ってわざわざ来るべきか否か。うーん駅から近いんでぜひ来てね。
ガキどもの書き初め展が同時開催なんで、子連れも多かった。
http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/

|

2011年1月25日 (火)

高嶺格「とおくてよくみえない」(横浜美術館)

一度見て忘れ得ぬ作品というのがあり、確か森美術館だったかな、部屋の中にどかんと置かれた巨大クレイの顔のアニメ。おそらく自動シャッターでの撮影で、作っている人などもそのままチョコマカ動いて映っている。しかもそこは生活空間で、食ったり寝たりもする。これを作ったのが高嶺格(ただす)だそうで、こりゃ期待できる。

入る時、エスカレータの上に張られた揺れる布の向こうに雄叫びが聞こえ、いやが上にも期待させる。で、最初のコーナーは刺繍とか布に描いたもの。フェルメールの妙に荒い刺繍とか。導入部の期待の割におとなしい作品群なので意外だ。あと全部今年発表になっていたな。このコーナーの最後に油粘土のデカい額縁とか、草の模様とかがある。

次は部屋丸ごと一つを使っての「A Big Blow-Job」部屋一面に敷き詰められた粘土の文字だか何だかを、スポットライトで少しずつ見ていく。マジ暗くてスポットライト部分以外まず見えないのでもどかしい。「くらくてよくみえない」である。文字は読んでいくと小難しい詩になっている。

それから町歩きのビデオ(?)に変な外人がコメントするという作品。モニターの左右に顔のない着物の二人がいて、コメントする時だけ顔がテカッと光って見える。意図が分かるとそれ以上あまり見てなかった。

次の部屋に入ってすぐがかの記憶にある作品「God Bless America」というタイトル。そうそう、クレイアニメに古い歌(というかアメリカ国歌か)がかぶせてあって粘土の顔が歌っているように見えるのだ。一応「強いアメリカに翻弄される人間達」といった社会的意味があるようだけど、別にそういうことを気にせず、これは普通に見ていて面白い。初めて見る人にはかなりのインパクトはあるはず。逆に、次のパレスチナ問題を抱える友達の話を聞いて別れたとか、韓国人との結婚式の連続写真に長いコメントが入れてあるとか(これもどこかで見た)。同じように社会的問題意識を含んだ作品なんだけど、そんなにインパクトはない。連続写真の途中のダンス映像は、それはそれでいいんだが。あと、韓国語の掛け軸とか。

さて最後がテーマ作品「とおくてよくみえない」これは「なんでこのタイトルの内容がこうなのか?」という、なかなか頭を刺激する作品。プロジェクターに人影が映っていて、下に床に置かれている何かの物体の影がたくさん見えている。影の人は出てきて下の物体を……おお、なるほどこうきたか。あと小さい映像と言葉が飛び交う。で、その物体はプロジェクターの部屋を出たところに並んでいるぞ。うひゃああ、これを……ってたのね。あと言葉(詩)が壁に書いてある。

こないだ行った森美術館の「小谷元彦」かオペラシティの「曽根祐」チケットを持っていけば割引だって。知らなかった。
http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/2010/toofartosee/outline.html

|

2011年1月23日 (日)

もてび

やっと新しい「モテる美術鑑賞 Vol.36」を新宿模索舎と中野タコシェに置いてくる。唯一の創作活動は細く静かに進行中だ。Vol.16以降は冊子化していないが、やるならもう電子書籍かなあ、と思っているのだ。

|

2011年1月21日 (金)

「日本画」の前衛(東京国立近代美術館)

日本画も前衛を謳歌した時代がある、という企画。「1938-1949」とのことで、短く濃く展開。

前半はさほど面白くない。出だしの山岡良文「シュパンヌンク」にしても、あー日本画でこういうことを始めたわけね、という感じ。田口壮の「季節の停止」もうん、イラストみたいだなあと思ったり、船田玉樹の「暁のレモン園」がゴッホの夜景みたいだと思ったり。既に堂本印象やら東山魁夷やら会田誠やら山口晃の日本画に接していると、当時の斬新さがどうにも実感できない。どうしたって絶対基準で見るしかないじゃんね。そういう歴史を加味して「ああ、あの頃こういうのを描いたんだあ。す、すごいなあ」と感動できる人がいるんだからうらやましい。

丸木位里が多い。後の「原爆の図」を描く丸木夫妻の一人。バリバリの前衛日本画家だったんだって。うむ「雨乞い」とか「竹」とかはあの原爆図を彷彿とさせる感じもする。そうか、あれもう一度見たいな。今回の日本画テクで原爆図を描いているんだから相当なモノのはずだが、もう何年も前に見た当時はあまり何とも思わなかったが。

えーそれから福田豊四郎「濤」、船田玉樹「大王松」はなかなかいい。松の色が孔雀のようだ。あとは日本のシュールじゃおなじみの靉光の「眼のある風景」に幾度目かの再会。北脇昇もがんばっているぞ。「雪舟パラノイア図説」が面白いね。顔に見える岩探しだぞ。しかしお楽しみはこれからじゃ。戦時中からの山崎隆諸作品が凄すぎる! いや、これだけで元が取れる。「戦地の印象」シリーズや「高原」のリアルで広大な風景も、近づけばそれは日本画の技法。これにゃあヴラマンクもびっくりさ。「森」「ダイアナの森」の異様な風景は不気味に俺好みでイイ。「神仙」もなかなか。「神話」はイマイチだが。

戦後に「パンリアル」という美術運動グループを作ったそうです。その宣言文が攻撃的で面白いのだが、うん、今そういうの無いよなあ。

多分いつ行っても空いているがおすすめできるぞ。
http://www.momat.go.jp/Honkan/Avantgarde_of_Nihonga/index.html

|

2011年1月20日 (木)

もんじゃなんじゃ

ツイッターにちょこっと書いたが、ここであらためて書くと、昨日、仕事の付き合いで月島でもんじゃ焼きを食ったんです。10年ぶりぐらいか。

なんか、あの食い物はヘンだ。

ヴィジュアルがゲロみたい、なんてのはまだ表面的な話で、食い方も鉄板からヘラでこそげ取る感じで面倒……って、まあそれも別にいいんだよ。一番仰天したのは、

目の前で味の素で味付けする。

これはなんか、食い物の専門店としてはあってはならんと思うのだ。じゃあ、あの汁にゃ何の味が付いているのか? 小麦粉と水だけ? いやー、味の素を使うにしても見えないところでやるべきではないか。いや、それはもっとひどいか。とにかく一度店の人に作ってもらったら「このままでは味が薄いので味の素を入れます」なんてやるのです。

いや、それで500円ぐらいならまあいいんだが、980円以上という値段設定は何なのか? キャベツ80%、豚肉少々、乾きエビ少々、あと汁(小麦粉と水とダシ?)、がドンブリに入ってこの値段。トッピングでさらに何百円。明らかにおかしいだろ。いやいやいや、この安っぽい中身で、中身以上の時間店内を占有するわけだから、これは店内占有時間と見る方が妥当だな。つまりほれ、ホテルのラウンジで飲むコーラが900円とか。いやいやいやいや、でも店構えは大衆食堂みたいな感じだぞ。うーん、しかし、もし500円だったら、4人で来て500円2つ×2回分で2000円。つまりちょうど一人一人前食うとなると、やはりそれなりの時間占有するじゃないか。2000円じゃ店側として割が合わんか。まあ、要するに家で作れば極端に安くできるはずだ。作る気は無いが。

|

2011年1月17日 (月)

琳派芸術 ―光悦・宗達から江戸琳派―(第1部)(出光美術館)

出光お得意の琳派展であり、2部構成と気合いが入っている。第2部は2月11日からね。

琳派は直接弟子に伝えられたのではなく、時代を超えて宗達、光琳、抱一/其一と伝わっていったのだ。この第1部では宗達光琳が中心で、琳派魂が炸裂しているのは、私的にはそんなに多くはないと見た。琳派とはどんなもんかと思って宗達ばかり見ていても、なんかよく分からんと思う。ここはまず後半にある光琳の紅白梅図屏風をこってり見るべきじゃ。これがまず、光琳のいやいわゆる琳派のいかにも琳派的にスタンダードなヤツ、この梅の木の写実でもデザインでも単純化でもモンスター化でもない描写、水の縁に四角が集まっている妙なデザイン性、これで水面の曲線があれば完璧じゃ(MOAのヤツ見たいぜ)。あと最後の「白楽天図屏風」、この波と、なんかよく分からん緑の物体との境界描写がいいぞ。水墨コーナーの宗達の「墨梅図」この枝いいだろ。その隣の抱一「白蓮図」もいいんだけど、抱一ならもっとすごいのはある。

あとは、水墨に虎がユーモラスのは注目なんだけど、こりゃどうよ。私が思うに「虎を怖く描くなんて当たり前で恥ずかしくてできるか」という程度ではないか。前も何度か書いたけど、例の「風神雷神図屏風」は、確かに琳派の流れとして4人全員描いているけど、あれはあくまで「シャレ」だと思う。最初の宗達作品こそ傑作だけど、これは琳派的ではない。でも宗達が描いてたからってんで光琳がそこそこ真面目に模写し、光琳が描いてたってんで、抱一がシャレで描いた。その結果相当の劣化コピーになってしまったと見る。今回の虎なんぞ見ていると、怖い表情を持ったものの描写は、特に光琳なんかうまくないと思うよ。

さてさて、あと扇を散らせている、「扇面散図屏風」は琳派初級としていいかもしれん。まずこういう風にデザイン化したのですよ。扇の中の絵もなかなか琳派で面白いね。伝宗達の「月に秋草図屏風」は、黒い月が意図的だと長いこと思っていたんだけど、これ、銀が劣化したんだって。書いてなきゃ分かりません。あと「四季草花図」関係は、普通にいい感じに並んでいるが、琳派のアヴァンギャルドな雰囲気とはちょっと違うと思うよ。あと焼き物で、尾形乾山は出光がいっぱい持っているので、今回もいろいろ見ることができる。

第2部にも期待じゃ。
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html

|

2011年1月11日 (火)

大正イマジュリィの世界(松濤美術館)

傑出した何かを見に行くというより、時代の気分を満喫しにいく感じで。この手の企画は弥生美術館が得意とするところだが、この松濤も去年の槐多をはじめ結構がんばっている。

地下1階は当時のイケてる13人の紹介。私がハマった理想美の極致、高畠華宵ももちろんそこに入っている。それにしても他の人は本の装丁とか結構器用にやるものだが、華宵はあくまで美少年・美少女ですな。あまり見る機会の無い中将湯の広告がいくつかあったのは嬉しい。あと13人の中では、橘小夢が面白い。デカダンというかなんというか、「《水魔》」などの妖しい幻想性はなかなかやるもんです。あと油彩ではおなじみ古賀春江なんぞも、当時の先端美術を導入したデザインがいいですね。それから杉浦非水といえば「三越」ね。試験に出るよ。今は山口晃ね。橋口五葉は浮世絵の名所絵風もあるが、もうこの時代のなると浮世絵というより、近代版画でしかない。

3階はジャンル分けで、「なんたらのイマジュリイ」がいろいろ。「エラン・ヴィタル」という言葉が出てきてよく分からないのだが、まあ「生きものの生き生きとした表現」といったところかな。「怪奇美のイマジュリイ」というコーナーには期待したが、後の中村宏あたりの強力なヤツに接した身には割と品のいい怪奇風デザインというところ。あとデロリ大王の甲斐庄楠音もこの頃じゃなかったかな。それにしても竹中英太郎の「満州美人絵」は怪奇に属するのか? 「浮世絵のイマジュリイ」も、この時代にとってはやはりもう浮世絵は過去のものなんだなあ、と。面白いのは広重の名所絵や北斎の大波、写楽の大首絵などは、今時の広告にも使われたりしてもあまり違和感が無いが、この大正あたりの絵になると、何となく時代の匂いというか味といったものがあり、レトロ風味を目的とする以外、あまり使われる感じがしないよね。

まあそんなことを考えた展示であった。
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/edu/koza/11museum/tenrankaisyosai.html#15()

|

2011年1月 3日 (月)

といれのかみさま

最近テレビも見てないんだが年末のレコード大賞で初めて話題の「トイレの神様」を聞いた。なんというか、あまり感動できなかった。特に「こんな私を待っててくれたんやね」のくだりで、思ったのは「いやー、それってたまたまじゃないのー」という感じ。

我が母方の祖母が亡くなってもう何年も経つが、一人暮らしのところに訃報が電話でいきなりもたらされた。事前に調子が悪いとも何とも情報が無かった。前兆とか、胸騒ぎとか、幽霊とか、そういうものも何も無い。そういうもんは無いんだなあ、と思い知ったのですよ。悪い孫でもなかったと思うが、待っていてはくれなかった。

そこへきてこの歌詞を聞く限り、その底に流れているのは、要するに「自己愛」でしかない。それがどうにもイヤなのだ。「こんな私を」なんて本気で思っている人はこんな歌を作らんと思う。

|

2011年1月 2日 (日)

山口晃展 東京旅之介(銀座三越)

会場は銀座三越なのね、間違えて日本橋に行ってしまった。新年早々ついてねえなっ。それにしても福袋目当ての狂気の軍団がひしめき合ってデパートじゅうが怒号罵声悲鳴絶叫爆笑咆哮殴打乱闘惨劇が渦巻く中で、展覧会場は客も少なく静かだった。(福袋なんて買わん)

しかし大衆的なデパートで山口晃を見ようとは。確かに三越の図とか、江戸しぐさとか、一般受けするものをいい感じの日本画で描けるので、器用な人なのだ。今回の展示も、そんな職人技と、本人の似顔での案内で正月にウケそうなのんびりムードが楽しめる。

おなじみ「百貨店圖 日本橋三越」。何度も見ているが非常に細かく描いてあって驚きものですね。下町風情というか「みずべ」なんてコーナーがある。あと「路電」これ都電のさらに小さいのなんだけど、この架空の乗り物の作り込みが凄いぞ。乗れる実物大模型もあるよ。描き割りハリボテではなく年期入った素材を使っているので、結構リアル感がある。「屋上の町」というコーナー「東京圖広尾六本木」があるがインクジェットプリントと書いてあったな。

それから得意の日本画いくつか。前に見た五武人図とか日露戦争の何とかとか。おなじみ馬バイクも出てくる。楽しく鑑賞しよう。

それから写真とエッセイがあったけど、あー面倒だから読んでないや。ヒマな人は読んだら面白いと思うよ。

最後に電柱の自由研究。特に電柱の上に乗ってるヤツの観察というか空想というか、どこまでが実物のスケッチだからよく分からない。階段があったり、手ぬぐい使っているのは明らかに空想なんだろうなあ。

三越カードならタダで入れる。金払って入ったのは私ぐらいかねえ。でも500円の価値は十分よ。銀座に行ったら寄ってみて。
http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1210/event/eventspace.html

|

2011年1月 1日 (土)

小谷元彦展:幽体の知覚(森美術館)

明けましてギロッポン! 挑発的でテクニックもあるとくりゃあ、ズガッとくるものが好きな身としちゃ新年早々嬉しい限り。あまり知らん人だったが、森美が個展をやるんだから相当のレベルは期待できるというものでしょう。

この人、分類は彫刻らしいがそんなことは気にならない。冒頭は写真なんだけど、この「ファントム・リム」からして挑発的(タイトルの意味は解説を読んでね)、少女が果汁で汚した手が切断面に見える、というもの。それから立体ものがあれこれ炸裂。拘束具をつけられた子鹿やら花やら、回るドクロやら、鍾乳石が骨になったみたいのやら、生々しさにこだわりのある作品は剥製なども使用。

一部屋を使って滝の映像を内側から見るインスタレーションがある。床面も鏡張りで、床を見ていると床の方が動いているような感じがする。爆音で体感型で面白いんだが、まあこれは別に小谷作品でなくてもいいような気がする。

白い彫刻の「ニューボーン」シリーズは見事。動物の骨の動きを連続体として立体表現したものだけど、純粋に造形的美しさがある。ギーガーの「エイリアン」に要素が似ているのは、ギーガーも同じ骨の連続体に同じ美と生々しさを感じたからだろうね。

映像作品「ロンパーズ」。一見かわいい女の子と動物達の登場するものなんだけど、カエルに人間の耳が付いてたり、女の子の眉毛がヘンで長い舌でパクッと虫を食ったり、ミミズがうねうねし、樹液トロトロだらだらで、要するに不気味路線も狙っている。

デカい彫刻が4つほど。小石を巨大化したとか、女性の体中に模様があるとか、武者が骸骨とか。両目に親指当ててる女性。その女性像の土台に蠢く虫だかミミズだかがキモくてよい。

クライマックスの「ホロウシリーズ」は生命体への重力や圧力、エネルギーなどの流れの実体化という解説はあるが、これも純粋に美的に鑑賞できる。十分な大きさの迫力と、真っ白な造形美、何よりどれも花や人といった生命の元がある。意味はあるのだろうけど何も考えずに見ていられる。

最後は血のシャボン玉映像。解説を読まないとただの赤いシャボン玉が飛んで消えていくだけのもの。こういう、情報があってナンボの作品は評価が難しい……というか、私は見ただけで分かる方が好きで、情報込みはあまり好きではないのだが、やっぱりこういうインパクトのある作品に出会うと「おおー」と思ってしまう。

ともあれ、「幽体の知覚」の言葉通り、生命の気配を込めようとした刺激的な諸作品に出会えるぞ。おすすめ。
http://www.mori.art.museum/jp/index.html

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »