« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

松井冬子展 世界中の子と友達になれる(横浜美術館)

ヤバい画家のヤバい絵にいっぱい逢えるゾ。ところで今時のお子達は、すごいとか素晴らしいを形容する時に「ヤバい」と言うらしい。うちら中年世代が使っていた「危ない」という意味とも、当初のヤクザ用語とも違う。それで、なんでそうなったか、というのが分かる気がするこの展示。死や狂気をみつめて表現する世界は、今時の世の中に溢れる上っ面だけの希望を破壊するだろう。そして破壊してほしいと願う者達が、素晴らしいものに「ヤバい」を使い始めたのだ。うん、そうだなきっと。

冒頭から愉快に飛ばしてくれる。「たちどころに破れた異物」菊には見えない妖しい菊から「絶え間なく断片の衝突は失敗する」という抽象的な感じで死体が横たわる草原みたいなのとか、基本的にモノクロの世界で、それがまた似つかわしい。水墨でシュールレアリズムをやってる感じ? ん、まあ本人はシュールのつもりは微塵もないはずだ。アプローチはフリーダ・カーロに近い。「なめらかな感情を日常的に投与する」は骨まで出しちゃったヘビ。
幽霊のコーナーがあって、怖い幽霊というより思うまま描いたら幽霊になっちゃった感じだ。「夜盲症」なんかは一見まともな幽霊(?)だけど顔が普通の女性なんだ。むしろ「足の皮を引きずり歩く」の髪だけで這い回っているヤツの方が幽霊らしい。

次の部屋が藝大の卒業制作だった「世界中の子と友達になれる」の展示。同名の違う作品が最初のコーナーで展示してあるが、こっちの方がいい、というか分かりやすい。一年分の力をかけた傑作。面白いのは、下絵が何枚も展示してあること。完成品では、少女が左側にいて画面の外を向いている。この点がこの絵の謎めいた印象を深め、傑作たらしめていると思うのだが、下絵では、右にいて中を向いたりしていて、全然印象の違う絵になっている。回答が分かってからクイズではないが、才能ある人でも、答えを見つけるってのはなかなか難しいのかもしれないと思った次第。

それから習作いろいろ。私は習作はそんなに興味持って見ないのだが。これはなかなか面白かった。

腑分のコーナー。そう、臓器分けだゾうひひ。後半になりいよいよヤバさ全開になってくる。体から内蔵どばっ……という騒々しいのとはちょっと違うが、はい私の内蔵です、みたいな(?)。「桜下狂女図」の口でだらっとくわえているのがいい。なにこれ吐いてるんだって?

鏡面のコーナー。シンメトリーあるいは上下対称。「従順と無垢の行進」を見るとなんかいろいろ装飾された子宮図みたいで、多分彼女にとってのシンメトリーの源は子宮を説明したあの図じゃないかなと思う次第です。「この疾患を治癒させるため破壊する」は水に映る大量の桜木。徹底した上下対称、まさに昨日のシダネルと同じ、抽象画的印章を持つ風景画の傑作。

九相図。来たぞ来たぞ、人が死んで腐って骨になる過程の松井版。実像でないのはもちろんだけど、想像でもなく心象な感じがする。よってグロい感じでもない。「應声は体を去らない」で体にたかっているのは蛆というより黴な感じ。面白いのは骨になったあともさらに「四肢の統一」という頭と背骨だけ残ったって絵がある。これ、なんかの幼虫みたいに見えるな。

それから死と内蔵と私みたいな絵がいくつかあって、最後は小粋に「生まれる」でシメる

いやーよかったですね。今年一番いいね、ってまだ1月だけどさ。
http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/2011/matsuifuyuko/outline.html

|

2012年1月28日 (土)

アンリ・ル・シダネル展(埼玉県立近代美術館)

そういえば京浜東北線しか北浦和駅に止まらない。しかも今日は火事で遅れていた¥て、着くのに苦労した。

さて「薔薇と月夜を愛した画家」とのふれこみの、フランスの二十世紀始めぐらいの画家。象徴派の影響を受けたというが、今回明らかにそれっぽいのは「月明かりのなかの輪舞」だけのようだ。ん、まあ月明かりの写真全般が象徴派っぽいといえばそうなのだが。

やはり人物より風景が良くて「夕日の当たる大聖堂」なんか見ると、おおモネのこの手合いよりいいじゃん、とか思ってしまう。夕日に淡く染まる大聖堂と手前の家々の対比がいいですな。隣の「月明かりのなかの教会」もなかなか。月夜の雰囲気がよく出ています(って陳腐な表現だが)。うん、初めて写真「月光浴」を見た時の衝撃……とは違うが、こういう描き方もあるのだと新鮮な感じがする(ちゃんと本物を見ること)。

そんなわけでこの画家、夜景が得意なんだけど、ゴッホと違うのは、夜景で星や街灯の明かりがキラキラというのではないのね。全体で「もやっ」と夜な感じ。あちこちの地方に行ってはその場でいろいろ描くのだが、詳しくは読んだが忘れた。「広場(ブリュッセル)」はさすがベルギーで、なんとなくデルヴォーの夜景っぽい(ぽくないか)。「コンコルド広場(パリ)」もいい雰囲気の夜景。道が光ってて雨かな。これは街灯ものだけど淡い光と地面への映り込みが魅せるね。んーしかし、やっぱり究極は「月下の川沿いの家(カンペルレ)」だな。これはいいぞ。街灯も窓の明かりも無いが(窓一つあったかな)。決して暗くはなく、まさに月の光に照らされた世界のあの雰囲気だよ君。水面に写る建物。いやすげえいいよこれこの群青色の画面。優れた風景画は抽象画に近い印象を持つんだな。他に月が明るくて昼間のように影ができているのや、朝の光の中とかある。印象派が昼の光なら、こっちは夜がメインなので、印象派とは違うというような解説があったが、私の印象としては、ごくまっとうな「印象派」という感じがする。

それから「春の空(ジェルブロワ)」は異色の明るい昼間。しかも画面のほとんどが空。たまにはパァっと、という感じか。ポスターにもなっている「離れ屋(ジェルブロワ)」は、薔薇の家っぽいのだが、街の夜景よりは普通な感じがした。うん、独自のスタイルがあるけどね。
それから人のいない食卓にこだわったシリーズ。「テーブル、白の調和」を見ると、一見モランディなんだけど……ってそうでもないか。モランディほどストイックじゃないよね。「森の小憩(ジェルブロワ)」は、すごく、その、「印象派」な感じがする。印象派のその後って、セザンヌからピカソ方面に行ったり、ゴッホからヴラマンクフォーヴ方面に行ったりしたが、まっとうにそのまま進むとこうなるんじゃないかと思った次第です。

シダネルは最後ヴェルサイユ近くに住んだそうな。「月夜(ヴェルサイユ)」が変わらぬ良さを持っている。

http://www.momas.jp/3.htm

|

2012年1月23日 (月)

ルドンとその周辺 -夢見る世紀末-(三菱一号館美術館)

目玉は「グラン・ブーケ」というデカいパステル画。新たにここに収蔵したんだって。舞い上がって「来ちゃいました」とかいう妙なチラシ(とサイト)作ってたのも記憶に新しい。今のチラシは普通。

概ね年代順なんで、最初に「ルドンの黒」。これだけでも企画展できるよ(というかどこかで見たと思ったら2007年のBunkamuraだって)。ルドンはストイックにモノクロを追求して色を付けだしたのは五十代近かったってさ。

最初は中世騎士物語風の、風景を交えた暗いのが並ぶ。こういうのも描いてたわけね。「永遠を前にした男」の雲と猿人。当時の人類学ブームの反映だって。それからおなじみ幻想画っぽいのが並ぶ。目玉好き好き「夢のなかで Ⅷ幻視」の目玉出現、「目は奇妙な気球のように無限に向かう」目玉気球が飛び、「おそらく花の中に最初の視覚が見られた」目玉花が咲くぞ。それからまだモノクロ画だ。「手稿」というタイトルの女性像は木炭の大きな作品。ラフな感じが魅力ね。おなじみ「蜘蛛」は背中の顔に目がいっちゃうけど。足のリアルさにも注目。

この辺から色がつき始めるが、何か白黒のインパクトに慣れるとちょっともやっとしている印象。「アポロンの戦車」のオレンジっぽいのにこだわっていたようだが、「ファエトンの墜落」の深めな感じがいい。「オルフェウスの死」はギュスターヴ・モローが描いた竪琴の上の首をモチーフにしているが……そういえばモローが見たくなったな。

それから周辺の画家達ということで、モローもあるよ。油彩の「ピエタ」だぞ。うーん正統的っていうのかな。ボクはモローの水彩見たいな。それよりジョルジュ・デヴァリエールって人の「アフロディテ」がもろモローで驚く。モローのもろもろの弟子の一人みたいだけど題材も色もパクっている(別に模写ではなかろうが)。アンリ・ファンタン・ラトゥール(ジョルジュじゃない方な)もがんばってる「アルプスの魔女」とか、いいだろファム。ファタルみたいでさ。あとムンクも三つある。

そんでいよいよ目玉の(メンタマの絵ではない)、「グラン・ブーケ」ドムシー男爵って人の城館の食堂にあったんだって(詳しいことはそこの解説読んでね……ってこういう雑な書き方じゃ永遠にプレス・プレビューとかに呼んでもらえないよな)。これはここまでになく大きいサイズだ。大作。んんんんん、ライティングが妙にうまいので、何か絵じゃなくて拡大コピーしたパネル展示みたいな印象。これ本物のパステル画? という感じなので、近くで見ても今一つ。遠くで、そう、実は展示されている部屋は狭くて全体の印象が見えないんだ。隣の部屋から部屋の境目を通して見なさい。それが食堂で見えていた適正距離だと思うよ。

まだ続く。マックス・クリンガーの一連の「手袋」が面白い。手袋を題材に幻想絵画しちゃうぜ。これは途中「ん?」となるので、まずは解説を読まずに全部見てみよう。あと、ゴーギャンがあって、そうそうドニの「なでしこを持つ若い女」いいね。美人画っぽいよね。階段を降りて売店があって。なんとまだ一部屋。ここにルドンの油彩「目を閉じて」なんかがある。

点数も十分。「ルドンの黒」コーナーだけでも見応えあるぞ。
http://mimt.jp/redon2012/

|

2012年1月21日 (土)

スパマロット

「モンティ・パイソン」が好きなもんで、今やっているコメディ・ミュージカルの「スパマロット」を観てきた。もう観劇なんて何年ぶりかね。見る習慣無いもんね。でも私が非常に好きなモンティ・パイソンの映画である「ホーリー・グレイル」の舞台版。こりゃ行くっきゃないじゃんねえ。

で、結果ですが、うーん……面白いんだけど、やっぱり映画とは違う感じで。映画ではああいうエピソードがあったのにーというのもあるんだけど、やっぱりなんというか「ミュージカル」なもんですぐに歌ったり踊ったりするから話がなかなか進まない。いや、それはそれでいいんだけどね。あと映画にあったものをかなり端折ってるし、うーん、ラーメン好きがラーメン食べに行ったらスパゲッティが出てきた感じかねえ。それが高くてうまいスパゲッティなんだけど、なんか違うよなって感じ。

あと、うん、楽屋落ちは好きでないし(出番がどーたらという歌とか、今赤坂ACTシアターに出ている、とかそんなの)、役者ネタはよく分からない。最初は「オレは演劇よくわからないけどモンティ・パイソンなら分かるぜ」と思っていたが、あの場の感じじゃやっぱりアウェーだわ。

ん、あと違和感というか、名曲「Always Look On The Bright Side of Life」が「人生楽に生きようよ」と訳されていた。「人生の明るい面を見て行こう」とちょっとニュアンスが違うんじゃないかと思うんだけどね。

まあ、でも面白かったよ。たまにああいうのを観るのもいいな。

|

2012年1月15日 (日)

フェアリー・テイル展(三鷹市美術ギャラリー)

ヴィクトリア時代の英国は妖精に「萌えて」いてブームだったそうな。うん、私は妖精画というのは一種の「萌え」だと思っている。それで、妖精を写真に撮っちゃった例のコティングリー事件で科学者達が押しかけてきたので、萌えの世界がぶち壊しにされたのだ。今回の解説によると、個の事件でブームが終わっちゃったらしい。言うなれば、今時の萌え美少女画を見て「目がこんなに大きいわけがない」とか真面目に言っているようなものではなかろうか(それを言うなら江戸浮世絵の美人画の目や口はえれえ小さいだろ。あれが当時の萌えなんだな。歌麿が女を描いた至高の芸術で、今時の萌え美少女は下らん、と思ってるならそりゃちょっと違うと思うぞ)。それにしてもそのコティングリーの妖精写真も展示してあるが、ホームズを書いたドイルが信じちゃったのが不思議なくらい、いかにも作り物っぽい(妖精の絵を切り抜いて一緒に写したらしいから、二重露光のあとを見つけられず、こりゃ本物だという話が出たそうな)。そして、その写真原版と撮影したカメラが展示してあるんだけど所蔵が「うつのみや妖精ミュージアム」になっている。え? あの事件のブツが日本にあるの? 本物? まあ複製ってのも変だよな。それにして妖精ミュージアムとか、妖精美術館とかあるんだな。

ヴィクトリア当時の作品よりも、参考作品である戸田和子の妖精人形の方が美術品っぽくていい感じだが。

当時作ではアメリア・ジェイン。マレーが借りぐらしのアリエッティっぽい小さな人物画でいい感じ。しかしジョン・シモンズがいかにも「ヴィクトリアン・ヌード」でいいよな。当時裸体は描いちゃいけなかったけど、人間じゃなくて神様だとか妖精ならよかったんだって。そんこともあってか、実際いろいろ口実を付けた裸体画が溢れているのだ。ウィリアム・ホームズ・サリヴァンもフェアリーリング(輪になって踊る)を使った大作。まあ展示は水彩のイラストっぽい小さいのが多いもんで大きいのは目立つ。オナー・シャーロット・アップルトンは児童文学の挿し絵、うむ、よくできているが、「萌え」とは似て非なるものと感じる次第である。児童向けでは萌えられんねえ、というのは多分今のも同じで、アニメのプリキュアに萌えることができる「大きなお友達」も「たのしいようちえん」に出ているプリキュアの絵で萌えられるかというと多分難しいと思う。なんか絵の雰囲気が違うんだよね、って大きなお友達がそういう本見る機会ねえだろ。いやコアなファンならイケるのか? もしかして買ってるかもしれない……って全然話が逸れたな。何あのアニメも児童向きだろって? いやいやいやいやそれは……

まあ、それはさておき、展示では妖精の陶磁器も出ている「花の妖精磁気絵皿」いいよな。あと本もいっぱい。本の方はあまり見てないや。最後に例の事件の写真とか。
当時の雰囲気にひたって行こう。
http://mitaka.jpn.org/ticket/gallery/

|

2012年1月14日 (土)

フェルメールからのラブレター展(Bunkamura ザ・ミュージアム)

おおおお前らあっ、フェルメールなんか本気でいいと思ってんのかええっ? フェルメールってだけでノコノコ行きやがって……ってフェルメールってだけでノコノコ行っている俺が言うのもなんだが……ってのもこないだ書いたような気がする。
フェルメール展を素直に楽しく鑑賞できる人は幸せ者である。オレはだいたい見ていてイライラしてくる。

・フェルメール以外でいい絵がほとんど無いこと
・なぜフェルメールがいいのかよく分からないこと

それで毎回「もしやフェルメールって名前だけでいい絵に見えているだけではないか」と思ってしまう。希少性やネームバリューで絵の印象が左右されるのは、よき鑑賞者としてあってはならんことです。そういう意味で、フェルメールはかなりやっかいなのだ。君はどうだい? フェルメールって本気で素晴らしいか? 窓からの光? 緻密な描写? そんなの同時代の他の画家もやってるじゃないか。

それにしても毎度思うのは……フェルメールの人物の「ちょっとピンぼけ感」ってのは何だろうか? 今回3点出ているが、「手紙を読む青衣の女」「手紙を書く女」の2つは、ちょっとピンボケで。「手紙を書く女と召使い」だけはシャープにキマっている。言うなれば最後のが一番キレイキレイで分かりやすい。しかし今回思ったのは、フェルメールってむしろピンボケ風人物が本領で、そっちの方が人物も妙な存在感がある(以前に都美で見たデカいのもそうだったな)。そしてもう一つ……そう、なんかキマってないんだよね。顔の陰影が。
今回の他の画家と比較すると、窓際は結構多いし、デ・ホーホ「女と召使い」の陰影は見事だし、リーフェンスの「机に向かう簿記係」なんかも陰影がビシッと顔にキマっている。他の絵も顔に当たる光はみんな明るく見やすいか、陰影で「魅せる」。だってカオだもん。ちなみに緻密な光ならマルテンスゾーン・ソルフとかいう人の絵なんかいいでしょ。で、ここで、フェルメールの「手紙を読む青衣の女」の顔の陰影を見ると、なんか、これってどうよって感じがしませんかね。解説ではこの絵の手の引き具合が不在の恋人を云々と書いてあったが、むしろ顔の陰影が心情ではないかい。もう一つの「手紙を書く女」の顔はどうだ。なんか妙に卵型陰影だな。そう、いずれもキマってないんだけど、むしろそこがリアルだし他と違うと思うんよ。背景の静物とかは別に他の画家でも同じように描いているが、人物だけは違う。

少し前に皆既月食があって、夜中に見たんよ。あの異様な月、やや赤く照らされていたあの月は妙に「球体」だった。普段の月ももちろん球体に光が当たってるんだけども、なんか「板」みたいでしょ。あれは普通に光がキマっている状態。つまりフェルメールって皆既月食なんだな(という人が書かないような話を書くのが好きだね。解説を読んでふんふんそうですかみたいなことは書きません)。

展示は解説が多いから当時のオランダ画家事情や風俗習慣を勉強するにはいいですよ。オレは興味ないけど。全体点数はそんなに多くないが、必要十分じゃないかい。
http://vermeer-message.com/

|

2012年1月11日 (水)

ことし

しかしブログもあんまり書かなくなった。前はここに世の中に対するあれこれを書いていたのだが、今はなんか書くのがめんどくさい。

いやしかし、このままではいかん。自分は「創作者」なんだから、ということで去年から言っているが、今年は長編小説を書くことにした、というか去年からすでに短編連作という形で書き始めている。長編全体の構想とプロットを組んでそれから書き始めるのなんてもう不可能。何度もやろうとしたがテンションが続かない。多分構想中は「何もやってない感」にさいなまれるので、何日もやってられないのだ。何か「作品」として進んでいないと先へ行かない。そう、もう、これは「自分をいかに騙してコントロールするか」という話。あと、もう年齢が年齢だしさ、職業作家は無理っぽいので自分が好きなことだけ書く。

かつて関わっていた(というか別にやめたわけではないが)、詩やリーディングの諸氏が、日々自分の作品やアクトについて努力し、高みに上って行こうとする姿勢を見ると、自分だけ取り残された感がひしひし……って、これ前にも書いたな。でも今も変わらない。しかしこっちも、小説の後に復活したいと思っている。いやマジで。パソコンも買い換えたし。でも今年は無理かな。

|

2012年1月 9日 (月)

ザ・ベスト・オブ・山種コレクション(後編)

今年初めて行く美術展にして、ブログも今年初なのね。なんかあまり書かなくなってしまったな。

文字通りベストオブな内容が嬉しい。まず洋画があって、佐伯祐三の「クラマール」はパリの寂れたカフェを描いた佐伯にしては珍しく、重厚な雰囲気の建物。うむ、やっぱりこの人、天才だったんだねえ。荻須高徳って人の絵もあり、モロ佐伯風。それから和田英作「黄衣の少女」おお、リアルだね。腕ちょっと太いかな。

ここから近代の日本画。速水御舟「翠苔緑芝」巨大画面はルソー風か。落合朗風「エバ」巨大画面は緑の世界。そこに裸女エバが一人。うむむむむむなんだこの妙な人物描写。解説によるとインドの絵画みたいらしいが。しかしこれ、同じ調子でアニメ萌え美少女でやってみたらおもしろくね? インド調ならお芸術で萌え萌え風ならクソッタレだと思うなら、それはおかしいぜ。どっちもデフォルメなんだからさ。村上隆あたり作ってくれないかな。

東山魁夷「満ち来る潮」魁夷は癒し系みたいな静かな絵ばっかりかと思ったらそうでない。こういう動きのあるのもある。大作だぞ。奥村土牛「鳴門」淡く押さえた色で鳴門の渦潮を描く。これと川端龍子の「鳴門」を合わせた三点がまとまっていて、海海波波した空間が造られる。

福田平八郎「牡丹」薄紙細工のような花がいい。伊藤深水「婦人像」珍しく洋風の婦人像。横山操「越後十景のうち、蒲原落雁」。やや上から見下ろした冬景色。寒々とした空気がいいね。東山魁夷「年暮る」こういうしみじみするのを見ると、魁夷は現代の広重とも言える。共に日本人がぐっとくる日本風情を描けるのだ。
加山又造「満月光」中央の荒っぽい山はセザンヌかとも思わせるが、下のススキなどの繊細な描きっぷりとの対比がいい。山は浅間山だって。

しかしこれが目玉だ。速水御舟「炎舞」。見るなり炎が赤々とともっているではないか。いや、マジこれはどうなっているのだ? バックライトでも使っているんじゃないかと思うほどの見事さに目が点々になる。背景などの微妙な色使いによる、純粋に色彩の魔術でもあるが、写実ではないのは炎がデザインされていること。このバランスが凄い。
写実の高島野十郎は、蝋燭の炎を山ほど描いたが、もしやこの絵を見ていて、写実で炎をともそうとしたのではないか、と思ったりする。

「炎舞」だけでもごはん3杯いけるぞ。
http://www.yamatane-museum.jp/exh/current.html

|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »