« メトロポリタン美術館展(東京都美術館) | トップページ | 巨匠たちの英国水彩画展(Bunkamura) »

2012年10月27日 (土)

「日本の70年代 1968-1982」(埼玉県立近代美術館)

美術というより時代の展示となっているので、当時の雰囲気満載。最初に燃えるピアノで山下洋輔が演奏しているなんてのがある。それからおなじみ横尾忠則のポスター……って、ボク、どうもあの色遣いが肌に合わない。横尾だけじゃなくて、粟津潔という人のポスターなどもあったのですが、これ横尾か、というくらい感じが似ている。要するにあの時代の雰囲気なのか。それと「週刊アンポ」なんて雑誌があったのね。安保闘争ですかね、多分今もその方面の雑誌はあると思うけど(新宿の模索舎とかに)、すごく真面目な体裁になっていると思います。でもこの70年代の雑誌は、政治的な闘争が流行かファッションかカルチャーかといったテイストを出しているではないか。文字通りカルチャーショック。

EXPO70の「せんい館」にぶっとぶ。なにこの四谷シモンのルネ・マグリット人形は。これが暗い中ずらっと並んでたんだって。こええ。面白い。いわゆる万博でイメージされるファミリー・万人向けみたいな部分がじぇんじぇん無い。岡本太郎の太陽の塔からしてああなんだからEXPO70って凄かったんだなあ。

アート関係では柏原えつとむという人が結構面白い。あと、関根伸夫の「位相―大地」。巨大な円柱を掘った形をそのまま地上に作るの。これは試験に出るよ。あと自然現象をアート化する野村仁がこの頃から活躍している。
レコードジャケットが並ぶ。CDと違ってサイズが大きいから、ジャケットが一つの「作品」になるのね。ジャケット見て「うおおおお」なんて今は無いよな。ちょっとうらやましい時代。「ぴあ」の登場が紹介され(当時から表紙が及川さんなのね)、「POPEYE」や「Olive」「BRUTUS」創刊。出始めはあのマンガのキャラが表紙だったのね。そういえば最近「POPEYE」が復活した? いや違うか、新装刊されたのね「シティボーイ」なんて単語を前面に出しててビックリしたのさ。既に死語かと思ってたんだが。シティボーイ……ぷぷぷおじさんはなんか時代がかって聞こえちゃうぞ。そんな単語使うの恥ずかしいな。さておき「ART POP」なんて切り口での美術展企画なんか紹介されてたんよ。「80年代風のシティアート!」だって。美術史に残りませんでしたな。あと、70年代の学生の部屋の再現。靴脱いで上がれるし、手に取って見ることもできるよ。「何があって何が無いですか」なんて書いてあったけどね、そうね、そこにあるはずで無いのはエロ本ぐらいかな。それから80年代の「おいしい生活」のポスターとかあって、美術作品とかあっておしまい。最後に埼玉県立近代美術館も70年代黒川紀章の設計よ。

当時の雰囲気にドップリ浸かれる。
http://momas.jp/

|

« メトロポリタン美術館展(東京都美術館) | トップページ | 巨匠たちの英国水彩画展(Bunkamura) »