« 琳派芸術Ⅱ(出光美術館) | トップページ | アートと音楽(東京都現代美術館) »

2012年12月28日 (金)

白隠展(Bunkamura ザ・ミュージアム)

ほらあの「○△□」を描いた人……って違うんだな。仙厓とゴッチャになっている。仙厓より前の人みたいよ。やっぱり禅画なの。仙厓もそうなんだけど、一見ユルいんだけど、実際は己に修行に弟子にも厳しい。それは途中で分かる。

冒頭「隻履達磨」達磨和尚が生きていたという絵だとかでいきなりコミカルにスタート。それから釈迦の絵。解説にもあったけどルオーに見せたいルオー描くキリストに通じるところがある。観音の絵も並んでいて、独特な……うーん、ナスみたいな感じ? 「観音十六羅漢」という絵は大作。ユルくないです。「地獄極楽変相図」はしっかり地獄の惨劇も描いてるんだけど、さすがに生々しくはない。まあこのあたりはイントロで、次の達磨のコーナーから気合も入ってくる。禅といえば達磨。仙厓も描いてた達磨だ。白隠も描いている。目をギョロっとさせた達磨も描いてるが、今回目玉の萬壽寺蔵「半身達磨」は目も額もデカくてよりコミカルに……ってなんか表現が普通だが、絵もデカい。あと「眼一つ達磨」という妙なものがあった。えーそれから団扇の模様が微生物みたいなヤツ。しばらくまた達磨とか。

大燈国師という禅僧がいたそうで、京都で乞食行を20年やったエラい人。もちろん厳しい。白隠は大いにリスペクトして描くのは串本応挙芦雪館の「大燈国師」これは顔がデカいせいか「かわいらしい」とか解説に書かれているけど、どうしてどうして、このさりげなくも厳しい感じがいいじゃないか。「かわいらしい」とか書いたやつは「こびとづかん」でも見てたんじゃねーか。隣りの永青文庫の「大燈国師」も鬼気迫る感じがいい。この右手は気合が入った作品に使われる謎の手つきをしているんだって。他にもこの手つきあるよ。で、この2枚が私的には今回のベスト。蕭白のあの感じにしてもいるが、禅のエピソードがバックにあって深い。

自画像がある。怖そう。しかしその後布袋の絵が並んで一気にユルくなる。「メビウスの輪」を持っているのがある。それからキュートで人気な「すたすた坊主」。たばこの煙でお多福を出しちゃう「布袋吹於福」も愉快にきちんと描いている。「鍾馗鬼味噌」も傑作。鍾馗がすり鉢で鬼をすり潰している、もちろんこの鬼は己の中の悪い心の象徴だ。それにしても英語タイトルが「Demon Miso」ってすげーな。しばらく行って「白澤」は人面モンスター。「渡唐天神」は着物が文字の文字絵。浮世絵ではよくありますな。でもこの絵はデカい。
戯画のコーナーっていっても笑えるだけじゃないが。「お福お灸」痔の治療でござる。「吉田猿猴」これ吉田兼好が猿になっている。白隠は兼好が嫌いだったんだって。なんでかな? ブロガーナイトで訊いてみよう。「茶釜蟹」ダジャレを絵にしたもの。「高天原に神とまりましまして」を「茶釜がはらに蟹とまりましまして」とやった。「宝槌」うちでの小槌みたいだけど人を殴るものじゃと。「盆山」これチンコだ。チンコじゃない説が有力らしいけどチンコだと思う。

それから書画ずらっ。うまくない。「金毘羅山大権現」とか「秋葉山大権現」とか上の方の字がデカくて下の方は無理矢理詰めて書いてるの。あひゃひゃひゃヘタクソが……でもうまく書けなかったわけじゃなくて、うまいとかなんとかあえて意識しないように書いた感じがする。なぜなら「百寿福禄寿」という「寿」を百通りの書体で書いたバカテクものもあるんだもん。ちなみにこれは字の大きさ揃ってるよ。あとは「円相」つまり「○」もある。

掛け軸の傑作いっぱい。ユルい絵目当てて行ってもいいが、禅の厳しさを感じる作品も多数。
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/12_hakuin.html

|

« 琳派芸術Ⅱ(出光美術館) | トップページ | アートと音楽(東京都現代美術館) »