« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月27日 (日)

DOMANI・明日展2013(国立新美術館)

文化庁芸術家在外研修の成果、というものなんだけど、まあそいうことは置いておいて、今時期待されているアーティストの作品を見れるのです。同じ場所でやっている「アーティスト・ファイル」もそうなんだけど、こっちの方が先に終わってしまうのです。今回、私が知っているのは、曽根裕と池田学ぐらいかなあ。

最初は神彌佐子。日本画です。ううむ、派手な色合いのたらし込みという感じ? 一見キルトかと思った。次は青野千穂。ううむ、ぬいぐるみっぽい滴る感じの造形物と表面の模様が特徴の……まあイ・ブルと草間彌生を見てしまうとそう新鮮味は無い感じ。それにしても、男だから女だからという言い方は何だが、こういう有機的な造形は女性アーティストに多いような。次、行武治美。ガラス造形となっていますが、鏡を切って貼ったり並べたりですな。スケールはデカい。巨大な縁起物の熊手と美術館の床に合わせた正方形。これ「パラサイト」なんだって。次、米正万也。水彩アニメーション。結構仕掛けが凝っている。クロッキー帳に描いて動いている絵が別のクロッキー帳に移ったり。カード型の絵を手で持って、屋外で撮影。カードだけアニメーションになっている。で、その屋外は世界のどこか、という明確でカッコいいコンセプトかイケる。次、橋爪彩。おや写真かな、と思ったら油彩なのねこれ。うーん、写実絵画というより、写真を正確に大型油彩にした感じ。つまり「写真感」が高い。どうしてかと思ったらこっちからフラッシュで照らした陰影があるのね。内容は人物が多い。ちょいエロな感じ。今回の展覧会のポスターやら本の表紙になっている「Girls Start the Riot」は、ふとバルテュスを思い出させるが、気のせいかも。顔が全部は見えないしな。うーん、このテーマなら写真でよくね? 次は平野薫。糸で作ったインスタレーション……なんだけど、これ古着を分解して使っているのね。古着に宿る神秘の力を空間に拡散だー。前半終わり。

後半最初は澤田知子。フリフリみたいに着飾った女の子が二人並んでいる写真……なんだけどどっちも同じ顔。しかも、うーん、これモデルじゃないよな。本人だよねこれ多分。なんか原宿あたりにいそうな感じ。あとウォーホルっぽく、世界のトマトケチャップの瓶を並べたのとか。次、小尾修。これも写実絵画。うーむ、ホキ美術館の誕生や(まだ行ってない)、一昨年の磯江毅展のせいか、ちょっとこの方面が活発になってきた感じだぞ。こっちは写真っぽくない。写真使ってないのかな……いや分からないが、私としては「跡」みたいにマチエールが分かる方がいいな。表面つるんつるんだとほんと写真みたいだし。次はですね、曽根裕。オペラシティアートギャラリーで見たよ。デカい大理石をそのまま使って都市とか彫っちゃう人。次、糸井潤。風景っぽい写真…………あーなんかアウェイだごめん。次、塩田千春。インスタレーション一つで勝負。天井の一点から延びる赤い糸が付いた靴がいっぱい。壮観だ。靴は使い古したもので、それぞれに持ち主の手書き。説明書が付いている。読むとそれなりの情報があるのだが、靴びっしりなので、少し奥のは読むことができない。まあ、いいんだけど。で、最後は池田学。超絶ペン描き作品はいつ見ても当たりだ。今回も大作「興亡史」が出ている。何度も見てるが凄いねえ。これ一枚で百枚分ぐらいの密度がある。あと作品いろいろ。

http://domani-ten.com/

|

2013年1月19日 (土)

エル・グレコ展(東京都美術館)

エル・グレコの様式ってアレでしょ「グレコローマンスタイル」っていうボケはさておいて、あーちなみにどっちも「ギリシア」って意味なんだぜ。グレコはクレタ島出身だから本名じゃなくて「ギリシア野郎」って呼ばれてたんだよ(美術検定試験に出るぞ)。グレコといやぁ、なんたら美術館展で一点でもあれば「おっ」と思ってしまうアートっぽい味わい。今回なんと単独展で満載だぜ。こりゃ鼻血押さえながら早めに行くっきゃねえ。ちなみにほとんどキリスト教絵画だから、行く前に聖書読んでいくといいよ(別に読んでいかなくてもいいんだけど。オレもあんまり読んでない)。

最初は「肖像画家エル・グレコ」のコーナー。冒頭に自画像がある。あと目につくものは「燃え木で蝋燭を灯す少年」での光に照らされたコントラスト。隣の「白貂の毛皮をまとう貴婦人」これは肌がキレイキレイでグレコらしくないな。解説にも、異論もあったが、とか書かれているし。でもこの絵はいい感じなんで結構グッズになってんのね。まあ、このあたりはまだ序の口でござるよ。次のコーナーは「肖像画としての聖人像」で、キリスト教の聖人を肖像画っぽく描いちゃうよ。聖なんたらという人が多いし、またその人が何をしたかも解説に書いてあるけど、普段接してないとイマイチしみじみできない。ジョンとポールはいたけどジョージとリンゴはいませんでしたな。それはさておき、ジョンこと聖ヨハネは顔色が青いながら若いイケメンなのが印象的だ。次、「見えるものと見えないもの」コーナー。いよいよこの辺から本領発揮じゃき。幻視とか、聖人には見えるものとか、オレ好みになってくる。「聖母の前に現れるキリスト」や「聖アンナのいる聖家族」は手堅くグレコ味が味わえる(なんだその書き方はと思うかもしれないが、やっぱグレコは味だろ一粒300メートルだぜ)。意欲作「フェリペ2世の栄光」は大人数を使って天国と地獄を描いている。うん、がんばっている……が、大群衆の描写がイマイチなんで傑作と呼べるか微妙。隣の「悔悛するマグダラのマリア」は普通にいい。

上の階に上がる。「クレタからイタリア、そしてスペインへ」というコーナーです。「羊飼いの礼拝」がいい……ってメモしてあるんだけど、どんなんだっけな。光と陰の感じだったかな。何しろ次の「シナイ山の眺め」がスゴすぎる。これが風景画だ。山はなかなかおもしろい。が、そのふもとの修道院かな、グレコさん、ちょっと遠近法というか、なんかこの建物の角度おかしいぞ。バロックの意図的に歪めたおかしさじゃなくて、単にうまくない。そうか、それで風景画が少ないんだHAHAHA。口直しに「神殿から商人を追い払うキリスト」これ、いいねっ。クールだね。キリストの絵っていうと概ね人を癒していたり、磔になっていたりと、マッタリ系なんだけど(磔がマッタリかよ)、ここでは暴力に訴えている活発でナイスなキリストだ。カッコイイよジーザス。それから「受胎告知」が二つ並んでいる。左は割と普通にガブリエルが来て伝えているところ。まあ光が飛んでいるような描写があるにあはるけど。しかし、右の。そうそうこれこれ! このダークなバロック最高じゃん。上昇を思わせる描写。無駄に力んでる天使もイカす。あと肉のボコボコが地面から生えてるような部分があるが、これは顔と翼だけで描写されるおなじみ智天使ケルビムの頭が多数……なんだけど、グレっちは多分絵の絵画的演出目的で使っている。はい次「トレドでの宗教画:説話と祈り」コーナー。ここにも「羊飼いの礼拝」とか「オリーヴ山のキリスト」とか傑作があるけど、主題も描写も似たようなもので、あと肉ボコボコの後だとインパクト不足で飽きてくる……ってのも、もったいないんだよねぇ。雑多な画家が並ぶ美術展ならこれ一枚ありゃあ強く印象に残ろうものを。絶対基準で鑑賞できる人は感動しっぱなしでうらやましい。「十字架のキリスト」は胴長「S字」のこれもバロックテイスト。

上の階へ「近代芸術家エル・グレコの祭壇画:画家、建築家として」ということで礼拝堂とかの設計もしたんだって。でも並んでいるのは絵だよ。「福音書記者聖ヨハネのいる無原罪のお宿り」下にヨハネがいるが。こいつはおなじみマリア萌えじゃないと描いちゃいけない主題。ムリーリョを越えるのは無理~よいやいやクライマックスは最後にある「無原罪のお宿り」これが目玉。これがデカい。だけでなく、ダークバロックで集大成的な内容でもある。肉ボコボコも上の方にいるけん。絵を鑑賞している人で、結構しゃがんで見上げている人がいたが、多分それ正解ね。この絵は見上げて礼拝するようですけん。しかし……かの「受胎告知」といい、どっかで見た雰囲気なんだよなあと思ってひらめいた。そうだ岡本太郎だ。太郎も抽象ではない幻想といった頃には、暗い背景に抑えた原色で描いたりしている。無原罪の絵の解説で、螺旋でのエネルギーの上昇なんて書いてあったが、絵画のエネルギー的表現なんて部分も、太郎の得意な描写なんだな。うむ似てるね。太郎はグレコの絵を見たかな。影響受けたかな。検索しても特に何も出てこないけどね。まあ知ってはいたと思うよ。

さあさあ混まないうちに行くべし。
http://www.el-greco.jp/index.html

|

2013年1月12日 (土)

始発電車を待ちながら(東京ステーションギャラリー)

東京ステーションギャラリーは、しばらく閉館していたが、今回新しくなって再登場。建物こそ以前と同じ東京駅であるが、以前とは違う場所にあるので、見つけるのに手間取った。丸の内北口にエントランスがあるのじゃ。内容は電車ものかと思って、実はあんまり期待していなかったんだけど、これがかなり面白い。復元されて観光客も利用客も多い東京駅にあるわけだから、その辺を考えて、現代アートでありながらとっつきやすく分かりやすい作品が多いのだ。

エレベータから3階に入る。最初の作品はパラモデル(林泰彦+中野祐介)の作品。おなじみの青いプラレール線路を大量に使って、部屋中に模様のごときものを描く。山があったり動物がいたりもするよ。プラレールでこれをやるかという変容が驚きであり、またこれがアートだよ君。あとレール状の線に映像を映してキラキラさせるようなのもある。次の本城直季は鳥瞰の丸の内あたりの写真でパースを無くしてミニチュア風に見せたもの。この手法というかシリーズはちょくちょく見かけるから知っている人もいるね。これも驚きもの。実際のミニチュアでの写真もあるよ。次がクワクボリョウタ。ICCでも見たんだこの驚異の移動影絵! 日用品をあれこれ置いて、電車模型にLEDライトを付けてその中を走らせるとあら不思議。定規やザルなどの日用品が巨大構造物になって、そこを走っていく影絵が壁に映し出されるぞ。子供も大人も狂喜だ。見てない人は見るべきじゃ。

2階に移動。まず柴川敏之は今のものを錆びついた風に仕上げて、あたかも2000年後に今のものを出したようにする。リモコン、招き猫、プラレール、地球儀などなど。秋山さやかは……これ新美で見た刺繍の人だっけかな(……と思ったが「アーティストファイル2010」の福田尚代だった。ずいぶん違うが)。行った場所で手に入れたもので地図に刺繍をする。廣瀬通孝、これもICCで見たような。スイカなどの移動経路の記録を地図上に輝かせる。今回は鳥瞰の3DCGになっているぞ。大洲大作は光の滲んだような写真。普通にきれいな感じで。ヤマガミユキヒロは鉛筆画パネルに実景動画を重ねる面白作品。プラットホームから見た鉛筆風景画に電車が入ってくるよ。ほかには駅前やコンコースの鉛筆画と動画の合成。最後。廣村正彰、これは一見壁のレンガを見ている人達の映像(ちなみに東京ステーションギャラリーの壁はモノホンのレンガよん)。作品としては地味かと思ってしまうが、よく見ているとこれが面白い。映像は2種類あって、本物のレンガの壁に人の像を映すのと、レンガの壁と人の両方をスクリーンに映しているのがある。で、その人がこの映像間を移動する。時にレンガ映像だけが動くので、なんだか奇妙な効果になる。見事。

10月からやってるけど、まだ開催中。子供もイケる。おすすめだす。
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/

|

2013年1月 9日 (水)

白隠展ブロガーナイト(Bunkamura ザ・ミュージアム)

展覧会そのものについては一度書いているのでこっち
応募して招待された。やったぞ。企画者の話が聞ける~。もちろんブロガーに宣伝してもらうための企画でもあるが、やっぱり聞けば行きたくなる話が満載なんだな。ちなみに会場は白隠の達磨の絵に囲まれたスペースで(ここ、達磨に囲まれるんで、近頃、渋谷のパワースポットになっているらしいぞ)、床に座布団を敷いて開始。お話は今回の監修者である山下裕二先生、主催者の広瀬麻美氏、高名なアートブロガーのTak氏です。尚、写真は主催者の許可を得て撮影されております。
025_4

さて、主催者としては構想12年だそうです。目玉でもある門外不出だった「朱達磨」(下の写真)をはじめ、ほとんどが普通の美術品じゃなくて要するにお寺のお宝。出品するための交渉に説得に大変で、そのお寺も40ヶ所以上。もちろん快く貸してくれるところばかりでなく、檀家が集まって会議を何度も開いた上で出品を決定、なんていうのもあったり、場所が東京の渋谷と聞いて危険な若者であふれているのではと考えたり、会場名を聞いて文化村という「村」が東京にあるのかと驚いたり、長くは借りられないのも多くて普通の美術展みたいに巡回できない。つまり要するに白隠をこれだけ一同に集めるなんてことは、極めて困難かつ貴重。もう二度とないかもしれない。ありがたいもの好きなら行くべき企画です。
027

えーそれからメモったところでは……ちなみに参加者はブロガーですからね、ほとんどの方があれこれメモってますが、手書きも多いながら、スマフォのフリック入力を使っている方もチラホラ。ノートパソコンはいなかったな。ポメラは見たところ私一人のようでしたな。ポメラいいよぉ。打ちやすいし起動早いし電池余裕で持つし……いやいやいやポメラの宣伝してんじゃないな。まあさて、Bunkamuraギャラリーって認可として国宝、重文が並べられないそうです。でも白隠には幸いというかどっちも無くて、一番貴重かつ大作でも問題なく置けたという。単に知名度のせいで。「朱達磨」なんかはそのうち国宝になるかもしれません。会場設計は広瀬氏だそうで江戸博で行った五百羅漢展と同じだそうです。確かにあれと似た感じ。見やすいですね。今回は六角形構造。表面はガラスではなく高クオリティのアクリル。運搬はクロネコに美術品専門のすげえプロ集団があるそうで、いかなる貴重なお宝でも運搬はもちろん展示梱包までできるそうです。

それから作品そのものの話、私なんぞは仙厓と同じようなものかと思ってしまったが、その話題も出ましてね。仙厓は白隠よりかなりあとだそうです。山下先生としては併称したくない。白隠は誰とも比べられない。やっていることが違う。白隠は命がけで、あくまで絵を禅のためのツールとして使っていた。一方仙厓は命がけじゃなくて、どっちかというと癒し系。コミカルであるそうです。これは私の印象としても厳しい自画像やら大燈国師像を見て納得するところであります。
その自画像を見る限り、斜視だったんじゃないかという話。下描き線と大いにずれるという話。観音だけは丁寧に描いてて下描き線とずれない、あれは母の面影、マザコンであるという話なぞ。
030

「南無地獄大菩薩」という作品。これは天国も地獄も表裏一体、ということで、ジョン・レノンの「イマジン」を彷彿とさせる、また、イマジンが禅から来ている説もあり、映画版ではなんと壁に掛かった白隠の絵がちょっと映るそうです。うーんしかし……「イマジン」ってもちろんいい歌なんだけど、その評価というか使われ方は私は好きではないのね、なんか平和主義者が平和平和言ってりゃ平和が保てるってな妙な認識(イデオロギーか)を正当化するのに「イマジン」を出してくるのね。平和を保つってのは実はものすごく困難で実際的な行動しないといかんと思うのよ。特に領土問題なんかある場合はさ、それをだな思ってるやら言ってるだけで平和が……いやいやまあいいや。ともあれ「イマジン」がそういう社会的平和云々ではなく、あくまで内面世界の統一感みたいなものを歌っているとしたら、むしろ禅に近いのだと思います。ただやっぱり「イマジン」と同じって簡単にドヤ顔するのはちょっとなあ……031

キュートな「すたすた坊主」の「すたすた感」の話。鬼味噌の話。作品の質からして、認知度とのギャップが60年代の若冲に近いという話。今でこそメジャーになった若冲も、60年代はほぼ無名。今の白隠はそれに近いという、今回の展覧会は伝説になるかもしれないぞ。
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/12_hakuin/topics/bunkamura.html

|

2013年1月 5日 (土)

アートと音楽(東京都現代美術館)

坂本龍一が総合アドバイザー。まさかクラシック音楽とアートが密接に関わり合ってますってな展示じゃあるまいなと思ったが、そういうことはなく、音楽というより「音もの」アートが並ぶ。難解なのもあるが、スケールのデカい、インスタレーションでの異空間体験十分なヤツが多くて嬉しい。

最初のムジュノの展示でつかみはオッケー。大小多数の器が浮いたプールを動かして、器同士がぶつかって音が鳴る。イケる。分かりやすい。次の坂本龍一が絡んだ2つの展示はよく分からん。なんか靴脱いで箱に入るのと、2台のピアノが言葉だかを変換して鳴って、壁に写すレーザーもシンクロしてる。分からんが空間が十分なので、見た気になる。次のエドルンドも植物が攻撃を受けた時の絵だか何だかで難解。そういえば、この手なら必ず出てくる野村仁の「ムーンスコア」は無かった。メジャーになりすぎたかな。Tokyo Sonic Art Awardsは指を当てると体内を測定するセンサーで上にある幕が振動。ところで、気がついたらメモ用のシャーペンを紛失してた。会場内は結構暗いからどこに落としたか分からなかった。

地下フロアに行ってまず大西景太。短いサウンド画像を映した小さいモニターが並ぶ。個々の音と、全体の音とどっちでも楽しめるぞ。次の部屋は音楽に影響受けたカンディンスキーとかクレーとかいろいろ。あとアートに影響受けたケージとか。おなじみ「4分33秒」の楽譜があるぞ(当然音符は一つもないが)。マノン・デ・ブールという人の「4分33秒」演奏ビデオ。背景が雨音とかだからハイソな連中もしみじみするが、歓楽街でも演奏しようぜ。風俗の呼び込みだって音楽だってケージも言ってくれるさきっと。カールステン・ニコライの干渉を視覚化した作品。八木良太の氷のレコードは溶けるに従い変化する音楽。トラウベックの木の年輪をピアノ音楽化する装置。いずれも着想は面白いが時間かけて聞いてエンジョイって感じではないな。次のヘッカーって人の部屋。スピーカー3つの音だけ勝負……ごめんよく分からん。大吹き抜けでは大友良英他のユニット。古いレコードプレーヤーが山ほど並び。これがランダム再生される。壊れている上レコード再生じゃないので、カタカタキーキー機械音を立てるのみ。でも結構面白い。最後、池田亮司。これは以前見た。現代の科学などからの大量のデータ(数値データ?)を音と映像化して表現。元データが何かとかよりも、モノクロのビジュアル表現がひたすらカッコいい。

体験型でおすすめだ。ところで、同時開催の「MOT ANNUAL 2012」も見たのだが、今回はちょっと期待外れだった。TATとか、作業現場っぽい雰囲気が好きな人にはいいと思うが。
http://www.mot-art-museum.jp/music/

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »