« 奇跡のクラークコレクション(三菱一号館美術館) | トップページ | 超然孤独の風流遊戯 小林猶治郎展(練馬区立美術館) »

2013年2月16日 (土)

飛騨の円空(東京国立博物館)

鎌倉時代で出尽くした感のある仏像だったが、江戸時代にいきなり有名どころが二人出現。それが円空と木喰(もくじき)で、今回は円空展。私は木喰はあまりピンとこないのだが(というか仏像全般ピンとこない)、円空はなんとなくいい。私の好きなフォーヴなんかの近代美術に近い感じがする。展示は1室にまとめてある。

最初の方にある「護法神立像」が目を惹く。2メートルを越すのが柱みたいに並んどるのです。左右の荒削りな鋸の刃みたいな衣装の裾(?)がなんかカッコイイ。これは他の仏像にもある。あと木目だな。木目に沿って筋を入れてるのや木目そのものがいい。簡素な仏像ながら、やっぱりいいものはいい。あといろいろあり、三十三観音像というので、できかけみたいなのがどさっと並んでいるのです。ううむ……この「民芸品じゃない感」が不思議だと思いませんか。やっぱり神とつながる何かがある。あと目を惹くのは巨大な「金剛力士(仁王)立像」木の切ったやつのまま、顔だけ彫った感じ。顔がデカくてイケる。「柿本人麿座像」も小さいながらいい顔してるね。存在感あるね。それから面白いのは「歓喜天立像」お寺では7年に一度だけ公開されるのを今回大サービス。小さい像で、顔が象の神が二人抱き合っているというもの。うむ、象というか……アリクイ? みたいだな。あと抱き合っている姿は抽象的で、クープランじゃなかったプランクーシの「接吻」を彷彿とさせる。あとは意外なところで「千手観音菩薩立像」かな、こういうちょっと手の込んだものも作ったんですねえ。生涯に12万点作ったとかで、確認されてるのが数千点。でも、これちょっと作れそうで、贋作とかも多そうだよね。
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1556

|

« 奇跡のクラークコレクション(三菱一号館美術館) | トップページ | 超然孤独の風流遊戯 小林猶治郎展(練馬区立美術館) »