« 飛騨の円空(東京国立博物館) | トップページ | フランシス・ベーコン展(東京国立近代美術館) »

2013年2月25日 (月)

超然孤独の風流遊戯 小林猶治郎展(練馬区立美術館)

こういう攻めのタイトルなら行きたくもなる。なんたって去年のベスト1展覧会は、ここでやった中村正義展だもんね。というわけで、名前知りませんでしたが行ってきました。肺を病んで早死にすると言われてたんだけど、結果的に九十何歳まで生きたんだって。

絵は、んー別にそう過激な感じはないですな。手堅いですな。風景のね、ゴーギャンとか、あの、ポン・タヴェン派っていったっけね、平面的な感じが多いかな。「岩」なんかは、シュールレアリズム風に迫ってくる。「梅」が暗目の背景に浮き上がってなかなかいい。「擡頭(たいとう)」という絵がポスターになっているもの、頭をもたげてるのは奥さんだって。顔の陰影が際だっているので男かと思ったら女だね。顔が際だっている作品が多くて、この人の絵の面白さは顔。濃い顔。「人間No3」とか「人間 No11」とか「唄」とか。あと、あまり目立たないのだが冴えてる作品が「雲」これは雲だけを描いてあり、近くで見ると普通の絵だが、遠目で見るとなかなかいいね。まさに雲広がる空だね。猶治郎は子供向け絵画教室でも人気だったそうだが、「童心双六」という子供の絵をアレンジした作品が強力。中央の二人の子供の顔が濃すぎて可愛くないがそれがまたよし。周囲は子供の絵そのままが双六のマスになっている。これは猶治郎が子供っぽく描いたんじゃなくて、元ネタがあるみたいだけどね。ちなみに会田誠展では、会田がネタ的に描いた傑作群があるよ。それから、「踏路者」というカッサンドルのパロディみたいなのが面白いな。ガキがションベンひっかけてるど。うむ童心だ。終盤の実験的作品もなかなかいい「タイトル不詳(螺旋)」とか「悲しき幸福」も抽象的ながら雰囲気がある。「達磨さん旅に連れて行ってあげよう」や最後の「一杯」「一服」「一睡」の連作で和んでおしまい。

下の階では猶治郎の孫の富田有紀子展もやってるよ。花一つをキャンバス一杯に描く作品群があるが、どうしてもオキーフと比べてしまい、やっぱオキーフってすげえんだなとか思っちゃう。んーなんていうか、普通なんだよね、もちろんうまいんだけどね。穴とかニョロっとした変な形のとかは面白かった。
http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/

|

« 飛騨の円空(東京国立博物館) | トップページ | フランシス・ベーコン展(東京国立近代美術館) »