« 牧野邦夫―写実の精髄(練馬区立美術館) | トップページ | 河鍋暁斎の能・狂言画(三井記念美術館) »

2013年4月28日 (日)

貴婦人と一角獣(国立新美術館)

フランスの至宝。中世ヨーロッパ美術の最高傑作、だそうです。フランス国立クリュニー美術館が改修するのでやってきた。ん、でもタピスリーってアウェイなんだよなあ。と思いつつ期待もそこそこに会場へ。
入って通路を進んで最初にもうメイン展示。展示室に入ると大型タピスリー6点に囲まれるニクい演出。うーん、やはりデカいだけあって壮観ですな。色調や6枚は一枚ずつテーマがあって「触覚」「味覚」「嗅覚」「聴覚」「視覚」「我が唯一の望み」。絵は概ね中央に貴婦人、右に一角獣、左に獅子がいる。そして背景が「ミル・フルール」と言われる当時(1500年頃)流行の千花模様。この雰囲気はボッティチェルリの「四季」なんかに近い。しかしアレですな、一角獣の相手といやぁ貴婦人よりも乙女だよな。「触覚」では貴婦人が一角獣の角に触っているわけだけども、その場にいたご婦人が「一角獣はヴァージンじゃなきゃ触れないのよねえ」と言ってたぐらい有名な話なんで、ちょっと貴婦人じゃあ違和感がある。しかし、解説にもあったけど、キリスト教じゃあ一角獣の相手は処女懐胎した聖母マリアでもよかったわけだから、この貴婦人もその手合いの方であればまあ問題は無いでしょう。でも乙女の方がいいわオレは。

しかし何で獅子がいるのかなと思うに、一角獣が割と無表情なのに比べて獅子は舌出してハァハァしていたりするんで、結構表情があるのね。それぞれの絵において言いたいことは獅子の表情にあるのでは、と思ったりする。してみると最後の「我が唯一の望み」で、貴婦人の背後にある幕屋の入り口を支えてハァハァしているのは、この貴婦人を幕屋内に連れ込むところで、その貴婦人が宝石箱から宝石を出しているか入れているかしているところ(これはまだ謎なんだそうです)は、これは装身具を全部外しているところで、その後着ているものもどっかに置いちゃうんじゃないですかねえ、と思ったりする。この絵については結婚記念みたいな説もあり、してみると子宝に恵まれるような隠喩があってもおかしくない、というか、それがごくまっとうな路線じゃん。そもそも一角獣ってのがアレなんだよアレ……って、もういいや。

ところで「嗅覚」の貴婦人の手が、なんか仏像の印に似てるな……まあこれは偶然か。それにしても貴婦人の顔が萌え系じゃないなあ(当たり前だ)。でも当時の萌え系かもしれない。だって当時流行の千花模様とか装身具とか使っているけん(時代によって萌え感覚が違うってのは、江戸浮世絵の美人画を見りゃあ一目瞭然だぞ)。

で、この「貴婦人と一角獣」については、デジタルシアター(オリジナル音楽付き映像)とか、絵に使われている草花や動物をいろいろ並べてるコーナーや、解説映像もあって楽しめる(私は解説映像以外あまり見てないが)。それ以外、当時の置物やらスタンドグラスやらタピスリーもいろいろ(数は多くないが)。中でも千花模様が感じられるタピスリーはなかなかよいな。まあ主役を食うには及ばないが。

第一級の中世ヨーロッパタピスリーが見たい、という人は行きだ。
http://www.lady-unicorn.jp/

|

« 牧野邦夫―写実の精髄(練馬区立美術館) | トップページ | 河鍋暁斎の能・狂言画(三井記念美術館) »