« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月25日 (土)

夏目漱石の美術世界展(東京藝術大学大学美術館)

漱石の美術に関する記述は「吾輩は猫である」のアンドレア・デル・サルトや「坊ちゃん」におけるターナーぐらいしか覚えていなかったのだが、結構いろんな記述をしているのと、「文展と芸術」なんていう芸術論っぽいのも書いてるんだって。私は基本的に美術作品はそれだけで鑑賞してナンボじゃと思っているのだが、こうして漱石の文章と一緒に味わうのも、また楽しからずやであろう。英国留学した漱石先生は、英国文学と英国美術が密接に関わっていると気づいていた。まあ、文学的主題の作品も多いからねえ。

展示は珍しく三階からで、最初にそのアンドレア・デル・サルトに関する解説があるものの、作品模写パネルも何もなかった。そんなマイナーな画家なのか。代わりにターナーがいくつか。「金枝」なんて見事な油彩があるぞ。いやターナーですな。あともっと有名どころの絵はパネル紹介だったりしたが(一見本物かと思っちゃったが)、いずれにしても漱石の文章がちゃんと傍らに書いてあるので、知らなくてもオッケーさ。ジョン・エヴァレット・ミレイの「ロンドン塔幽閉の王子」もなかなか名作(「ロンドン塔」って漱石の作品あるよ)。もっと有名な「オフィーリア」はパネル紹介で。サルヴァトール・ローザって人の「川のある山岳風景」はクールベさんっぽい。

次は古美術ってことで日本の狩野なんたらとか。ここでは渡辺崋山の「黄梁一炊図」が漱石の「こころ」においてこれを描くために死を日延べさせる件で言及したとかで、話として面白い。荒井経描く「酒井抱一作《虞美人草図屏風》(推定試作)」は「虞美人草」で出てきた実在しない抱一作を推定で描いたもの。実在しない絵画作品を自分の小説内で書いちゃうところがアートフリーク漱石だ。こういうのがあってほしいと。いや分かりますよ私だって小説書いてるし。どうでもいい話だが、私が今書いているSF小説では、架空の都市の礼拝堂にある天使のイコンを描いたのが、ベルギー画家のレオン・フレデリックってことになってるのだ。まあ、これは実在の作品をモデルにしてるけどね。

それからまた文学作品から「草枕」って読んだこと無いんだけど、結構アートな話みたいね。それも伊藤若冲とか長沢芦雪とかに言及してるようで。若冲なんてブームになったのは最近だから、当時若冲に目を付けるなんてさすが漱石先生じゃん。そんな若冲と芦雪作品展示。「三四郎」に出てくる女性像としてジャン=バティスト・グルーズの「少女の頭部像」。ベラスケスの明らかにうまくない模写があるなと思ったら、和田英作って人の模写で、これまた漱石が「三四郎」で名を変えて下手な模写として作中に出しているのが面白い。

地下展示室に移動して、漱石と同時代美術のコーナー。「文展と芸術」って作品があって、そこに書いてある言葉がまず紹介される。「芸術は自己の表現に始まって自己の表現に終わるものである」 他人の言葉など気にせず、没交渉で孤独に耐え、あくまで自己の表現と向き合うことだ、ってな内容。いやぁ、さすが漱石先生。この言葉を村上隆にぶつけてやりたいねえ。もっとも今の村上隆のポジションが、当時西洋の先端芸術を取り入れんと奮闘した黒田清輝なんかと同じだと思う(漱石はこうした連中に攻撃的だったようだしな)。まあ、現代日本美術を西洋美術史文脈においてプレゼンするんだという村上とはちょっと違うと言えば違うんだけどね。西洋の目を気にし過ぎの点では同じ。ところで、出ている絵ではまず今尾景年の「躍鯉図」が面白い。鯉が跳ねておる。それから横山大観の「瀟湘八景」。この作品についての漱石の評価がいい。大観にしか描けない作品であり、巧みであるがどこか間が抜けている。そう、そうなんだよ大観って、巨匠大観なんだけど、その作品って何かマヌケなんだよね。隣に同じ画題の作品があり、寺崎広業作。重厚と評され、詳細であり、大観と並べた時にもこっちの方が優れていると思えるが、でもまた見たい画家は大観の方だったりするんだな。
あとは親交の画家達として橋口五葉など。それから漱石本人の掛け軸もある。決してうまくはないが、なかなかがんばっている。それから装幀とか。アール・ヌーヴォー風など。

なかなか見応えもあるし、漱石の文とのコラボが面白い。楽しめるぞ。
http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2013/soseki/soseki_ja.htm

|

2013年5月19日 (日)

レオナルド・ダ・ヴィンチ展 天才の肖像(東京都美術館)

ダ・ヴィンチだもんなあ、そんな凄いの来ないよなあ。期待もそこそこに行ってみる。なんか今日は親子ふれあいデイとかで、小学生以下の子供がいりゃあ半額……なんだけど、中は暗いし地味なのも多いんで、子供が小さいとちょっと厳しいな。現に爆泣きさせてるのもいた。

目玉は……一応油彩の「音楽家の肖像」というのがあるんだけど、むしろそれより「アトランティコ手稿」という手描きメモ。解説ビデオでは「完成を気にすることなく書けたんで、本当に言いたかったことが分かる」とか、まあ物は言いようですな。手稿は他にも「ウィンザー手稿」というのもあるんだって(それ以外もあるらしいが)。

一階はこれらのもの所蔵の「アンブロジアーナ図書館」の紹介。ダ・ヴィンチの「岩窟の聖母」の模写とか、マルコ・ポーロの「東方見聞録」の手描き写本なんかがあって、おお、とか思うが概ねどうでもいい内容で、しかも展示空間もスカスカで、何となく来たのを後悔し始める。

二階がいよいよダ・ヴィンチの手稿。メモといやあメモなんだけど、機械のスケッチや幾何学的な図形などはなかなかイケる。幾何学的な「影の理論の習作」「幾何学的習作:『月形』と円の分析」なんかを見ていると、おおこれが天才の頭の中かと思ってしまうのは私だけではないはずだ。ただ、問題はこれがあくまでダ・ヴィンチの考えている幾何学的な図なのであって、彼の脳味噌の抽象的表現ではないことだ。自分が何を感じているかを考えると、意外とこの点が誤っているのだ。まあ、楽しめりゃいいんだけどさ。そういえば、文字が右から左の鏡文字になっているようだ。これどこかに解説あったかな? 機械もの「複数の弩を装備した歯車の素描」なんかはイメージがはっきりしてて面白い。「永久機関のスケッチ」。これも面白いんだが、エネルギー保存の法則と摩擦により、永久機関なんて存在しないんだよね。この手稿においてダ・ヴィンチはどういう仕組みを考えたんだろう……って解説で書いてくれよそういうことをさ! 他の機械ものもそうなんだけど、幾何学的や工学的な興味を持った人へのフォローが弱いんだよね。開催者側が先の誤りをおかしているんじゃないだろうかね。まあ、図録見たら一応書いてあったけどね、文章で。図で説明してほしいな。

この部分が終わったら、あとはまたどうでもよくなっちゃった。そういえば有名なヘリコプタとか、無敵戦車とかの手稿を見たいものですな。今回有名なものはあったかな…… あれらはどこの手稿なんだろう。

三階は割と派手目に油彩。ダ・ヴィンチの「音楽家の肖像」は唯一の男性肖像画だってさ。ありがたく見ておこうぜ。他は同時代の絵だ。

手稿は予習でもしてった法がいいが、天才の頭の中の抽象表現だと割り切って楽しむ方がいいかもね。
http://www.tbs.co.jp/leonardo2013/

|

2013年5月10日 (金)

アントニオ・ロペス展(Bunkamuraザ・ミュージアム)

出点数が少ないような噂を聞いていて、確かに多くはないんだが、別に目くじらを立てるほどではない。現代スペインリアリズムということで、近頃元気な(?)写実絵画だぞ、と大いに期待して行く。で、行って一通り見て、最初はなんじゃこりゃ、写実のインパクトからすると磯江毅の1/4、牧野邦夫の1/3ぐらいかなと思い、もうしばらく経つと、磯江の1/3、牧野の1/2ぐらいかになって、またしばらく見てると、ううみこいつはこれでなかなかいいねえとなった。絵の読み解きとかあまりやらん私にとっては第一印象でほとんど価値が決まっちゃうんだけど、このロペスの何枚かの絵は、不思議と見れば見るほど、何か立ち去りがたいほどの魅力があるのだ。まあ、それはなんでかは後述する。

まあ、順を追って行きます。最初は「故郷」のコーナー。「立ち話をするフランシスコ・カレテロとアントニオ・ロペス・トーレス」という街並みと人がぽつぽつみたな絵、なんかデルヴォーの雰囲気に似てるんで影響されてるのかと思ったが、一番影響されたのは叔父である画家のロペス・トーレスだって。あと、マチエールがさらっとしている絵が多く、人物画「花嫁と花婿」などのちょっと変わった人の感じを見ると、バルテュスにも何となく似ている。まあ、要はそんなにオリジナリティ感じなかった。次の「家族」コーナーで「夕食」うーん、右の母親の顔が二重になってて描きかけか何かみたいだけど、超現実絵画みたいになってるぞ。「マリとアントニオ」のアントニオも、なんか模様ガラスの向こうみたいで、わざとなら面白い……けどちょっと中途半端だな。ポスターにもなっている「マリアの肖像」おお、鉛筆画でこれはまさに写実。このコートの質感は見事だ。このレベルなら磯江に対抗できるじょ。しかし鉛筆の写実画ってどうやって描いてるかマジ分かんない。

「植物」のコーナー。「マルメロの陽光」ってロペスのドキュメンタリー映画があるんだって……なんかタイトルきいたことあるな。そこででてきたマルメロの絵があるよ……印象派みたいな。このコーナーにゃ大した絵が無い。次の「マドリード」コーナー。ここでポスターにもなっている「グラン・ビア」が登場。ヨーロッパの昔風の建物が並ぶ朝の街角。人は誰もいない。まずは写実だなあという印象なんだけど、これが見れば見るほどいい感じ。これ描くのに7年もかかっているんだね。なぜかと言うと、朝6時半を描くから一日2、30分しかこれを描けないの。ここで諸君は印象派を思い出してほしいのだ、印象派って外光の一瞬をとらえるために、あえて輪郭などをすっ飛ばしてボケッとした感じで描いているのね。でもロペスの絵はその一瞬を積み重ねて写実にしちゃってんだよ。これって究極の印象派じゃね? だから見るほどに不思議と「光」が感じられる。そうだよ君ブルース・リーも言っているじゃないか「考えるな、感じるんだ」。これと同様の魅力のある絵が「トーレス・ブランカスからのマドリード」(夕刻の光ですな)と「カピタン・アヤからのマドリード」いずれも建物に注ぐ光が素晴らしいじゃないか。まあ、他にも同じ手法で描かれた絵がいくつかあるんだけど、上3つが特に凄かったな。あと「グラン・ビア」の前にあった「美術修復センター」も建設中の建物の写実で面白い。

「静物」コーナーは特に無し。「室内」コーナーでは、「眠る女」の木彫&彩色にビックリ。おい彩色が写実じゃねーか。これはケッタイだ。面白い。あと写実で室内を描いたので「バスルーム」は、小汚いバスルームを3年かけて写実絵画に。「トイレと窓」も小汚いトイレを3年かけて写実絵画に。いや、身近なものを描かんという意図は分からんでもないが、その題材は凄すぎる。最後は「人体」コーナー。ドンと木彫裸の男女が立ち、裸男が横たわる。鉛筆画「フランシスコⅠ」では男の局部を中心に描写じゃい。

磯江や牧野の写実バリバリな感じを期待しているとちょっとハズす。でも違う魅力が十分だぞ。
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/13_lopez/index.html

|

2013年5月 6日 (月)

山口晃展(そごう美術館)

山口晃展ってどこかでやるたびに行ってるせいか、いささか飽きてきた。細密で大変テクニックもあるし、面白系でもあるので、飽きないだろうと思わせるものがあるんだけど、やっぱり見ていると、あーこれねはいはいはい、という感じで今一つ盛り上がらない。初めて見る人なら、後半にある六本木やら三越やらの細密図で確実に仰天できるのだが。

今回は絵と一緒に折り畳み式茶室とかいうのが出ていた。青にプラスティックの浪板を使ってなんちゅーか脱力茶室みたいなもの。あとビデオのリモコンが宇宙船になっている面白絵。面白絵ったってこの人の場合、細密なのでスケールのデカい冗談みないなものなので、並の面白絵じゃない。それから今回は澁澤龍彦の「菊燈台」の挿絵が出ている。シリアス系もイケる。水彩が見事だ。あと五木寛之「親鸞」の挿絵もあった。ところで、その展示室の壁の向こうに突然デカい音を出す作品があって大変困る(一応警告文が書いてあるが)。オレは突然のデカい音が苦手なんだよ。

次のコーナーは「澱エンナーレ」と称する「一人国際展」。要するに絵じゃなくて現代アートっぽい作品群をまとめて展示するもの。会田誠もそうだけど絵だけやってりゃいいのにこういう余計なことやるんだよなあ……しかもそこそこ面白いから困る。「サウンドロゴ」というのがよくできてる「ニート」や「ネグレクト」や「引きこもり」といったネガティブな言葉をこじゃれたサウンド付きのロゴにしたもの面白い、だから何? いや面白けりゃいーじゃん。あとボタンを押すとデカい音を出すしかけの絵。いやん。映像作品の「千軒長屋」なんかこれの縦クロール版を見たんだが。いや山口のじゃなくて。あと鉛筆いっぱいで一度に描く装置とその作品も面白い。

後半の絵。おなじみ作品と、メゾンエルメスで見た「Tokyo山水」が出ている。まだ描きかけみたいだが。中央上の墨の雲みたいなのが都会を襲う妖怪みたいでいいな。あと「親鸞 激動篇挿絵」これが一発ギャグの連発みたいで愉快だ。連載時の挿絵だったのね。「わらいごえがおこった」というので「わははは」と書いてるのがプンプン怒っているとか、そういうの。あとはドナルド・キーン「私と20世紀のクロニクル」挿画。これも初めて見る。

なんだ飽きてきたとか言っても結構楽しんでいるじゃないか。
http://www2.sogo-gogo.com/common/museum/archives/13/0420_yamaguchi/index.html

|

2013年5月 4日 (土)

河鍋暁斎の能・狂言画(三井記念美術館)

あの戯画や妖怪画でおなじみの暁斎が、実は能・狂言にも通じていて、自分で演じていたりもした。この意外さは、いしいひさいちがミステリマニアだってのに近いな(別に近くないか)。ともあれ、暁斎だから行かにゃあならん、と思ったが、まあ、その、いつもの暁斎を期待するとやっぱりちょっと違ってたな。

ただ、下絵がそれなりに展示されていて、これがかなりいいのだ。普通下絵や習作ってのは見てると、やっぱ完成作がいいよなあ、とか思ったりするんだが、中には下絵なりの感動があるものがある。特にミュシャや暁斎など、描線に魅力のある人の習作はなかなかいい。いかに理想の線に近づけるか、いくつも描いて、コレじゃと思う線をカシッと濃く描くとか結構ドラマチックだ。あと習作の方が描線が生きていることも多い。以前、暁斎が宮川長春の美人画を模写したものを見たが、その夢中っぷりが伝わるようで、なかなか感動的だった。今回も能面や能舞台のスケッチをやってるんだけど「迫真の下絵」とコーナータイトルにあるように、どれもなかなか魅力の瞬間や形態をとらえんとエキサイティング。特に大黒の面の描画は「これを描きたい」感がひしひし感じられる。

さて一応順を追うと、最初に画帳などからの抜粋。あと免状が展示してある。それから「猩々図」ええとね、お酒飲んでご満悦な奴(ってなんか解説読んだけど忘れたよ)。赤いいでたちでね、これは暁斎が酒好きだったのもあり、他にも描いてるのね。それから、能や狂言の舞台の絵が並んでおる展示室。あんまりケッタイなのはないですね。「石橋・猩々図屏風」なんてね、大きいしキチンと描いてあり……まあ、キチンとって表現もナンだが。ああ、あと「六浦図」のシンメトリーな描き方、いいよな。女の能面だしな。この展示室の終わりの方が、おなじみの暁斎な感じ「山姥図」や「閻魔と鵜飼図」ね。妖怪画の暁斎だ。やっぱり描線が見事だすな。それからご期待の下絵コーナー。「道成寺図(鐘の中)」これ文字通り、鐘の中で役者が何やってるかを描いてるのだ。バックステージものですな。あとは摺物と錦絵版画だけど、うん、まあここはノーマル。全体通せばやっぱりちょっとマニアックな感じだった。

しかし、狂言はコント(だよな)だから、戯画に通じ、能はこの世のものではない題材を扱うことが多い(よな)ので、妖怪や魑魅魍魎に通じる。決して暁斎世界と離れたものではないのだ。
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html

|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »