« エミール・クラウスとベルギーの印象派(東京ステーションギャラリー) | トップページ | 「LOVE展」(森美術館) »

2013年6月29日 (土)

浮世絵 Floating World-珠玉の斎藤コレクション(三菱一号館美術館)

斎藤さんのコレクションだって。浮世をFloating Worldとしている時点で、なんか勘違いしてんじゃねーかと思ったりするが、三期に分けて見せる気合いの入りっぷり。なんたって三菱一号館だから、まあハズれはあんまりないだろうと思った。今回は第一期で「浮世絵の黄金期」とか「江戸のグラビア」とか書いてあるもんで、美人画系が多い。特に歌麿と春信が充実。あと浮世絵に影響を受けた洋画の版画とかたまに出てくる。

順を追っていくと、展示はとりあえず時代順。最初は菱川師宣のモノクロ版画。うむ手堅いな。西村重長のキテレツ浮世絵も一枚「げんじ五十四まいのうち 第二十番 朝顔」。いつもはおバカパース(線遠近法)が炸裂するが、今回は雪だるまを作る八頭身子供だぞ。子供ではなくコビトだな。絵画手法が発達していなかったとはいえ、何かおかしいとは思わなかったのか? さて奥村政信「風流久米仙人」は縦長画面でなかなか技を感じる。うまい。鈴木春信「唐子と硝子の瓶」は、なんか春信には珍しい題材。それから春信の美品「風流やつし七小町」が拝める。春信は他にもいくつかあるが、どれも見立て絵とかやつし絵なもんで、元ネタが分からないと百%エンジョイはできない。当時のインテリの遊びだからさ。でも普通にかわいい系美人の絵として見ても見れる。あと「菊見の男女」はちゅーちゅーしてるから春画の一部か? ここで唐突にボナールが一枚。次、湖龍斎がいくつか。「雉と牡丹」といった花鳥画もイケる。湖龍斎の美人画もあるが、ガンダムのジオン軍のモビルスーツでいうところのグフのポジションで「ザク(春信)とは違うのだよ。ザクとは!」という台詞が聞こえるぜっ……ってそうだよ何度も書いてるよこれは。そうか地上も宇宙も万能のドムが北斎で、普及型のゲルググが広重だな。エルメスはもちろんニュータイプ浮世絵師の国芳だ。じゃあズゴックは歌麿か? まーそれはどうでもいいんだけど、オレの前世の春重(司馬江漢)はおらんのだな。そのあとは肉筆浮世絵のコーナー。ほとんど懐月堂や菱川など初期の肉筆美人画で、やや単調な印象を受けるかも、でも西川祐信の「きせるを持つ遊女」とか宮川長春の「遊女立姿図」はいいよな。あと版画かと思ったが肉筆で作者不明の「吉原賑之図」は、初期っぽいけどパースがちゃんとできてるよ。

版画に戻る。鳥居清長の登場。八頭身美人が勢ぞろい。今回は「女湯」なんてヌードもあるぞ。しかーし、着物を着てると流れるがごとき描線が優雅なんだけど、ヌードはイマイチだ。あと「江ノ嶋」を見ると遠近もやや苦手らしい。位置と身長が合ってねえだ。でも「子宝五節遊」を見ると、子供の描写はうまいですな。窪俊満が1枚。ううむ、この巨匠が一枚だけかよ。偏ってるぜコレクション(企画者か?)。その後は歌麿がずらっと。自信があるらしく、かなりの量だ。最初の「松葉屋 粧ひ 代々春 初船」の美女の背後にある鳳凰とかいいだろ。あと揃いものが揃っている。「青楼十二時」がちゃんと十二枚見れる。「女職蚕手業草」のつながった十二枚続きが一気に見れる。壮観だぞ。あー、これ左から右に見てるヤツはシロートな。右から左に見るんだよーん。蚕を育てて、布にするまで。全部美女がやってる。で、時々ロートレックの絵があるが……うーん、なんか合わねえな。歌麿は遊郭の生活を描いてたってそこは彼の理想美女なんだし、一方ロートレックはムーランルージュのリアルだしなあ。

階段を下りて、テーマ別になって美人画コーナー。鳥文斎栄之とか栄昌とか。栄昌の「丁子屋昼見世」というのが、さっき見た歌麿のに似てるんだが……なんか美人も鳳凰も劣化コピーみたいだ。それだけ歌麿が洗練されてるって感じかな。武者絵コーナー。湖龍斎のがイケる。金太郎四連発。おなじみ歌麿もいる。それから役者絵コーナー。勝川春章登場……って、春章はぜひ肉筆美人画が一枚ぐらいほしいね。まあいいや。春章がいくつか。春好があるが、惜しいことに極太線大首絵がない。一枚ぐらいほしいね。写楽が三枚。状態はイマイチ。むしろ豊国。特に「初代市川男女像の蘇我五郎」大首絵だ。思うに写楽第一期の黒雲母役者大首絵が異端な作風ながら結構なブームになってしまい、悔しい正当派。「やっぱり売れる大首絵はこうだぜ」という気合いの一枚。隣に国政の大首絵もある。あとロートレックのおなじみ役者絵風ポスター。これはさっきと違い。バシッと一致してる感じだ。それから忠臣蔵コーナー。北斎の「新版浮絵忠臣蔵」これが忠臣蔵の場面を全部「浮絵」つまりパースを駆使した絵で表現する意欲作。さすがの北斎。国芳の陰影を使ったものも一枚。

この展示は第二期、第三期と続く。第二期は北斎と広重。第三期は江戸から東京だって。うーん、行くか分からないや。
http://mimt.jp/ukiyoe/

|

« エミール・クラウスとベルギーの印象派(東京ステーションギャラリー) | トップページ | 「LOVE展」(森美術館) »