« 福田美蘭展(東京都美術館) | トップページ | プーシキン美術館展(横浜美術館) »

2013年7月28日 (日)

曼荼羅展(根津美術館)

仏教美術なんて(仏像含め)あまり興味がないくせに、曼荼羅だとなんか行ってしまう。なんかあのシャキッとした図象の中に仏像がびっしり描かれてるってのは、見ているとテンション上がっちゃう……ような気がするのだ。

そういう意味だと、出だしの「両界曼荼羅」と「金剛界八十一尊曼荼羅」は修復したそうで、結構くっきりした大画面、「ああ曼荼羅を見てるなあ。こういうのを見に来たんだよなあ」って気分になる。が、その後は……曼荼羅ではなく、密教のなんたら像とかで、あと曼荼羅もあるにはあるけど、年代物で淡いので、なんとなくテンションも落ち気味に。曼荼羅については、極楽浄土を描いた「浄土曼荼羅」と、神道の連中も含めて描かれる「垂涎」じゃないな「垂迹曼荼羅」もあり、解説もちゃんとあって勉強できます勉強だよ勉強。おめーら勉強好きだろ。貴重品だし年代物だってのは分かる。学べるし納得できるってのも好きならいいよ。でもね、曼荼羅という図象作品を見に来たんよ。それを我が心に感じに来たんよ。勉強にしに来たんじゃないんよ。例えるならば、うまいと評判のラーメン屋に入ったら、このラーメンは何なのかという勉強がいっぱいできるのに、肝心のラーメンは茶わん一杯だけとか、そんな感じ。でも美術鑑賞の世界じゃなぜかそれは許されるし「素晴らしい展覧会ですね」などと言われたりもする。そりゃまあラーメンと美術品は違うからな。でもオレの気分はそうなんじゃ。美術好きは勉強好きだから勉強できりゃいいでしょみたいな展示はどうもなあ。じゃあ、何が要るって、そうだなあ、曼荼羅に関しちゃ複製で鮮やかに再現してもらった方がオレには嬉しい。
浄土曼荼羅の一つに「兜率天曼荼羅」というのがあり、斜め上から浄土を見ている変わりもの。でも、オレにとっては「コレじゃない」感がある。あと、曼荼羅じゃないけど「大威徳明王像」ってのが、面白そうなんだよなあ。でも薄くてよく分からないんだよなあ。修復したら見たい。

曼荼羅展は以上で、他の展示室には仏教彫刻とか、古代中国の青銅器……なんかロシアのSF映画に出てきそうな感じのヤツ、とか、茶席の主こと「釜」。おお! 釜か! ……分からん。見る人が見れば感動ものなのか。オレは茶なんて高貴な趣味持ってないしな。あーあとね、根津美術館に行くなら外の日本庭園も広くて見ものだからね、暑くても出なきゃソンソン。
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html

|

« 福田美蘭展(東京都美術館) | トップページ | プーシキン美術館展(横浜美術館) »