« アメリカン・ポップ・アート展(国立新美術館) | トップページ | ミケランジェロ展(国立西洋美術館) »

2013年8月31日 (土)

レオナール・フジタ展(Bunkamuraザ・ミュージアム)

言わずと知れた藤田嗣治。みんなが描いてた戦争画の責任を一人でとらされてしまい、日本を出て行った。
中心はポーラ美術館のコレクションだけど、たくさん持ってんのね。フジタといえば乳白色の裸婦が有名だけど、それもいくつも出ている。フジタ以外も同時代の連中がいろいろ出てるよ。

フジタはまずアンリ・ルソーに影響を受けるが、ルソーっぽい絵やら、ルソー本人の絵もあるよ。ルソーは幻想的でいいよな。これを見て「素朴派」とか言ってるヤツはバーカ。それからモディリアーニ。フジタとも交流があったらしい。「婦人像(C.D.婦人)」とかね、ポーラいいもん持ってんなあ。パスキン……少女像2点だけど、もちっといいのがあるような気がする。キスリングがあり、スーティン……うーん暗いゴッホみたいなヤツ? それからフジタの乳白色ものいろいろ。「横たわる裸婦」は筋肉ちゃんだ。よく見ると乳白色の肌合いも、絵によって違うようだ。「仰臥裸婦」のは肌つやがよくて、かなりいいな。こりゃ欲しくなるわな。

写真家の土門拳がフジタのアトリエでの写真を撮っていて、それが展示してある。乳白色の出し方を秘密にしているのだが、相手が写真家だからと油断してた。秘密のアイテム「シッカロール」が写っちゃったんだって。そのシッカロール缶も展示されているよ。

それからいよいよ子供たちの絵だ。「校庭」とか「誕生日」とか何人もいるヤツが面白いな。特に「校庭」がいろいろ体操で。しかし……総じて愛想がない。ある意味リアルだ。そりゃー子供はランドセル背負ってぴょんぴょん跳ねながら学校に行くわけじゃないのは、ウチの小学生を見てたって分かります。フジタの子供は、小さい大人みたいな感じかな。それより、子供以外、動物も結構やってんのね。猫は有名だけど、今回「ラ・フォンテーヌ頌」というキツネ一家の絵があるよ。しかーも、それと同じ雰囲気の部屋の、ドールハウスをフジタが作っていて、それが展示されている「私たちの家」というもの。このフジタのドールハウスが今回一番よかった。まるで絵の世界まんまなのね。ドールハウスで夢想していたフジタです。それから動物ものでは「犬の円舞」なんてのもある。あと「猫」は猫なんだけど、襲いかかる一瞬を描いている。これはいいぞ。北斎的な迫力がある。

それから阿部徹雄という人が撮った。65歳のフジタのいくつか。それからいよいよ目玉の「小さな職人たち」。「椅子職人」とか「剥製師」とか様々な職業や人物に子供が扮した……というかそうなっている世界の絵だ。一枚ずつは小さいが、95点も出てるんだぜ。時々フジタの文章パネルがあって、主に、パリのこういう人はどんなじゃ、という話なんだけど……パリへ行きたいですなあ。読んでると行きたくなるじゃねーか。絵の方は普通にうまい……のと、お国柄を見ることもできるよ。例えば「母と子」で、母親の傍らで子供が寝かされているんだけど、毛布で首から下をきっちり巻いちゃってるんだ。あっちではそうなんだってな。たまになんじゃこりゃみたいな絵もあり「製陶所」では、子供が割って泣いておる。「診療所」が、どうも人形の診療所みたいなんだけど、人体バラバラっぽくてちょっとヤバい。「億万長者」……ってなんで裸なんだ? とにかく見応えありじゃ。

ポーラはすげえな。
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/13_fujita.html

|

« アメリカン・ポップ・アート展(国立新美術館) | トップページ | ミケランジェロ展(国立西洋美術館) »