« 宮芳平展(練馬区立美術館) | トップページ | 近代への眼差し 印象派と世紀末展(三菱一号館美術館) »

2013年9月27日 (金)

モローとルオー(パナソニック汐留ミュージアム)

またパナのルオーコレクションばかりかと、実はそんなに期待してなかったのだが、これがかなりよかった。最近行く先々、地味に当たりが続くぜっ。

何しろ、出だしの若きルオー「自画像」これが、おおっ! な感じ。木炭メインでモノクロだったが、うまい。他にも「ヨブ」なんかも、おなじみのルオー節とは全く違う。こんな風にも描けたのか。ルオーはモローの教え子の一人で、優秀だったし熱い師弟関係があったそうな。「死せるキリストとその死を悼む聖女たち」なんかはモロー風。「人物のいる風景」も凄いですな。木炭とパステルだけで描かれたモノクロだが、コローみたい、というか静かで深い風景。油彩では「石臼を回すサムソン」がモロー風の傑作。これについては習作もいくつか出ている。これらはなんかモローに勧められてコンクールに出したものとか何とか書いてあったがメモってねえ。

モローは油彩「ユピテルとセメレ」がいい。何がいいって……裸女がいいよな。いや、優美にしてなんか着てないのが普通みたいな感じがするしな。しかしどうも、モローって雑な絵も多いのね。いや、緻密なのはマジ絶品なんだけど、結構雑な感じのままでも完成にしちゃうのかね。いや、マティスなんかが好きな君は(マティスもモローの教え子でしたな)、色彩だけキマっていれば満足かも知れないが、オレはどうも、線がザザッとしたままで顔がぐちゃっとなってるのとか好みじゃないんよ。そういう意味だと裸体画の「メッサリーナ」とか「ピエタ」とか「油彩下絵」いくつかとか……あかん。顔がこれじゃあかん。むしろ人物が目立たないで風景メインの「ゴルゴタの丘のマグダラのマリア」や「トミュリスよキュロスまたはトミュリス女王」は雰囲気を楽しめるから見れる。あと、ドン・キホーテの絵があるじゃん、と思ったらモローの「パルクと死の天使」ですって。

一方ルオーは、途中からはおなじみルオー節「聖顔」「我らがジャンヌ」など、こういう印象のはもう飽きるほど見てしまったが、もちろん見てない人は見た方がいいよ。

4K映像の「国立ギュスターヴ・モロー・美術館」がある。パリにあるのだ。ドヤ顔で書かせていただくが、オレは現地に行ったことがあるんだぜっ……うむ、映像きれいだな。現地はもっと暗かったと記憶しているが。あと、絵画の映像ヤベエな。所詮映像だとバカにできない密度があるぞ。

それから油彩の特集。モローの「ピエタ」は……傑作だがどこかで見たぞ。「一角獣」これは裸女だしイメージも割と明確でオレが見たいモローに近い。ちなみにモローが一角獣を描くようになったのは、例の十五世紀のタピスリー「貴婦人と一角獣を見たからだって。「ヘラクレスとレルネのヒュドラ」これも油彩の傑作。なんたってヒュドラがうまくてキモいぞ。「セイレーンたち」は雑系だけど、風景の雰囲気がいいもんでそんな気にならない。「聖セバスティアヌスと天使」は小さいけど見事。それからルオーが何点か出ているが、うん、いつものやつだから、ちゃんと見てないや。

途中に往復書簡が紹介されてるが、LEDの面発光を使っていて大変きれいだ。さすが電機メーカー。

とにかくルオーの初期とモローの油彩で十分イケる。行くべし。
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/13/130907/

|

« 宮芳平展(練馬区立美術館) | トップページ | 近代への眼差し 印象派と世紀末展(三菱一号館美術館) »