« アンリ・ルソーから始まる―素朴派とアウトサイダーズの世界(世田谷美術館) | トップページ | 天上の舞 飛天の美(サントリー美術館) »

2013年11月22日 (金)

カイユボット展(ブリヂストン美術館)

当日券1500円という強気の価格設定。カイユボットって、オレも名前ぐらいっきゃ知らなかったし、印象派はなんかもう飽きてきたんで、さほど期待せずに行ってみたのだ。うん、そうね、悪くないよ。印象派が好きなら行った方がいい。

最初は自画像とかでね、横向いてるやつとか、よくここで見るセザンヌの絵が混ざってたりする。ここではまず「昼食」ガラス器の描き方うめえな。それから「ポール・ユゴーの肖像」はマネみたいな感じですな、ってそのマネの絵が隣にあったり。「ジョルジュ・ロマンの肖像」なんかの部屋が寒色で暗い感じがいい。そう、クールな感じかな。「室内-読む女性」なんぞを見ると、結構写実っぽい描き方もできる。

それから近代パリの風景。ここはまあ、ああパリだな、程度。でも「ペピニエールの兵舎」なんかの明るい街角の描写を見ると、ああ印象派だなと思う。それより出品リストの字が見づらい。なんかもうローガンなんよ。ショックだじぇ。

次の部屋の「イエール、ノルマンディー、プティ・ジュヌヴィリエ」が正統派印象派の本領発揮。まさに外光。マグロワール親父の絵2枚(タイトルが長くて書き写すの面倒)は日当たりがいい。「ペリソワール」という一人乗りボートの絵は、水面の光を一筆で見事キメている。色を混ぜないから明るく澄んだ光になる。「ジュヌヴィリエの平野」3つは、これぞ印象派、一面の花びらを原色の黄色で鮮やかに描く。「向日葵、プティ・ジュヌヴィリエの庭」も向日葵の花びらの鮮やかなる黄色い花びら。他の部分は割と写実っぽく描いているので、花びらが生き生き輝くのさ。まさに印象派好きが飛びつきそうな絵だ。

次のコーナーが資料展示というか、近代パリの地図が床に描いてあって、どこで何が行われたか(印象派展とか)をタブレットで解説。うむハイテクだ。それよりこのコーナー、群れで来てるヤツラのパリ話がうぜーんだよっ! 俺だってまたパリに行きたいけど行けないんだぞっ。そういえば、弟のマルシャル・カイユボットが撮った写真がかなり並んでいる。うん、写真はアゥエーだからほとんど見てないんだが。

次の部屋にセーヌ川辺を描いたもの3つ。これも素晴らしい。印象派のお手本のような絵だな。そうえいばカイユボットは印象派コレクターでもあったんで、印象派が何なのかは十分わかっているのだな。次の「静物画」のコーナーに進んで、「鶏と猟鶏の陳列」……ちょっとグロいぞ。鶏は羽を全部むしりとられて死んでいるし、骨を出してるヤツもいる。ムゴイ。隣の「猟鳥とレモン」も死んだ鶏でまた羽毛の描画が結構うまかったりする。最後の「ひな菊の花壇」は装飾ものだが、見事だ。これも白い花びらがいい。

印象派ってなんだ? という疑問の人も行ってよし。
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/

|

« アンリ・ルソーから始まる―素朴派とアウトサイダーズの世界(世田谷美術館) | トップページ | 天上の舞 飛天の美(サントリー美術館) »