« ハイレッド・センター:「直接行動」の軌跡展(松濤美術館) | トップページ | 野口哲哉の武者分類図鑑(練馬区立美術館) »

2014年2月26日 (水)

プライベート・ユートピア(東京ステーションギャラリー)

こないだの日曜に行ったのです。ブリティッシュカウンシルのコレクションで、英国の現代美術のいろいろ。いや、そう飛び抜けたもんはないけどいろいろで面白いぞ(そりゃいろいろだからな)。ただ、映像ものも多いんで全部まともに見ると結構時間がかかる。オレはまともに見てないが(……って、こないだからそんなんばっかり)。

3階から始まって2階へと続く。3階で目に付いたのはマーカス・コーツって人のビデオ作品「ヒューマン・レポート」っての。アホ鳥が人間をレポートするってもんで、モンティ・パイソンばりの知的バカ炸裂かと思い激しく期待しちゃったら、うん、結構普通で残念だった。ロジャー・ハイオンズって人の硫酸銅の結晶で固めた花がなかなか面白い。ポール・ノーブルって人の鉛筆画作品。ちょいヒワイでいいね。鉛筆画って時にすごいパワーを持つんだよね。河原温の「浴室シリーズ」を思い出しちゃう。あれに勝てるのはそう無いけどな。

2階に降りて、ジェレミー・デラーって人のビデオ作品でね、女装レスラーのドキュメンタリーがあって、面白いけど全部見る時間がなかった。ポスターになっている宇宙人みたいなのは、ライアン・ガンダーって人の架空の鳥なんだって。遠目ではなんじゃこりゃなんだ。あとマーティン・クリードって人の作品がシンプルながら面白かった。メトロノーム3つが鳴ってるだけなのに、奇妙な印象をも与えてくる。あと、プラストテープを切って重ねて2.5cmのきれいな立方体を作るもの。それからディビッド・シュリグリーって人、「I'M DEAD」のプラカードを持っているのは……おっとこれは現場で出くわした方が面白いぞ。モダンな建物で自動ドアが開かなかった状況の絵や、野獣に出くわしたという人が描いた絵の紹介とか、一コマ漫画として見てもなかなか面白い。あと、終わりの方のウッド&ハリソンのビデオ作品。短くて面白い。オレは時間があまりないから、アートビデオはこうありたいもんだな。

ちょいと楽しい時間を過ごせるぞ。
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/now.html

|

« ハイレッド・センター:「直接行動」の軌跡展(松濤美術館) | トップページ | 野口哲哉の武者分類図鑑(練馬区立美術館) »