« アンディ・ウォーホル展(森美術館) | トップページ | VOCA展(上野の森美術館) »

2014年3月21日 (金)

UNDER THE BOX, BEYOND THE BOUNDS(オペラシティアートギャラリー)

さわひらきという人の個展。ビデオインスタレーションが多いんだけど、実はそれ苦手なんだよね。だって時間取ってずっと見てなきゃいかんでしょ。ある瞬間を見てそうかこういうもんかと思っても、違う時間には違う部分が映ってて違うもんになっている、ということがしばしば。いい瞬間を見落とす可能性も大だ。とはいえ、今回のはモノクロ主体でセンスがいいので(「センスがいい」という形容は安易だから好きじゃないんだけどさ)、そうですな、どんな瞬間取ってもいかにも「アートって感じ」(この形容もイヤだなあ)。分かりやすいのでは「Dwelling」という家の中にミニチュア旅客機が飛び交う作品。あとドーム状のスクリーンに、プラネタリウムっぽく映し出す作品も見て楽しい。あと、大きな鏡を使って一つの映像を違う向きからも見れるようにした「Envelope」という作品があってね、観客はメインスクリーンを見たり、鏡の方を見たりして静かにしている。そうすると観客まで作品の一部みたいに見えてくるから面白いし、多分作者もそれを狙ってるんじゃないかな、と思ったりする。あと、月の満ち欠けをクレーターまで丁寧に描いてドローイングする作品「WAX 1-24」こういう手間のかかる力技は結構好きだぞ。
https://www.operacity.jp/ag/exh160/

|

« アンディ・ウォーホル展(森美術館) | トップページ | VOCA展(上野の森美術館) »