« ヴァロットン展(三菱一号館美術館) | トップページ | キネティック・アート展(損保ジャパン) »

2014年6月29日 (日)

現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展(東京国立近代美術館)

ヤゲオ財団コレクションだそうで。こだわりの現代美術。解説が多くて、読んでいるとなかなか大変だが勉強になるよ(オレは勉強してないが)。

最初にポップアートのコーナー。おなじみリキテンスタインやウォーホルがあるが、珍しくマン・レイの絵画がある。女性像だな。隣にもサンユウという中国人アーティストの女性が寝そべっている……なんかこれどこかで見たな。どこだか忘れた。それから今時の中国人アーティストいろいろ。サンユウの「蓮に白鶴」はなかなかいい。ホワン・ミンチャンの「向晩Ⅰ」の写実っぷりがナイスだ。草原キラキラ……いや草原じゃない田んぼだよな。どこかでこういうの見たな(さっきからそればっかり)……ほらあの印象派っぽく原色をチマチマ描いてくの。

「崇高」というタイトルのコーナーがあります。おなじみマーク・ロスコ。うん、私はそんな好みじゃないんで、むしろ杉本博司の海景写真がいい。水平線を上下の中心で切らない、というのは写真の基本なんだけど、あえてそれをやって、しかも何ともいえない静寂とかすかな波の動き。ううむ、同じ杉本博司の「最後の晩餐」があるが、これは絵の写真か? ゲルハルト・リヒター……あー名前はよく聞くな。こんなんだっけ? 次の部屋「威厳」というコーナー。おお、ザオ・ウーキーではないか。ブリヂストン以外で目にできるとは。やっぱいいよなあ。抽象画家としては最強だよなあ。そういえば解説には珍しくコレクションやオークションに関する内容もある。ザオ・ウーキーは昨年亡くなったが、その後値段が高騰したらしい。それから「リアリティ」ってコーナーで写真がいろいろ。こないだ個展で見た。アンドレアス・グルスキー。うん、結構好きだな。この人や、ニコラ・ムーランの「超現実」写真を知るに、写真もやっぱ見るべきかなあ。

次の部屋「記憶」。おお、アンゼルム・キーファーだ。それこそ池袋のセゾン美術館の「記憶」が……あの頃はよかったなあ。何ヶ所ものデパートで大型美術展をやってたしなあ。あとツァイ・グオチャン。アートスペース「P3」の記憶が。あの頃はよかったなあ。まあこれは、単に今あるイベントスペースに行く時間的余裕が無いってだけなのだが。当時は漢字で名前を書いてたんだよ「蔡國強」って。火薬を爆発させて描いた絵画を生み出すアーティスト。フランシス・ベーコンも2枚ある。見ましたねえベーコン展。マレーネ・デュマス「若い少年たち」が解説ともども印象的だ。あーこれ今の森美術館の企画「ゴー・ビトゥイーンズ」に出ていてもおかしくないな。権力により子供たちが犠牲になりそうな不安感、というのは今の日本にもありそうだし、現に多くの「アート系」の人がツイッターなんかで危惧していたりするのだが、結局こういう表現ができるかできないかが、アーティストかどうかだと思うんよ。「アート以前に一人の人間だ」と言うかもしれないが、やっぱり自分が受け取った何もかもを作品にしてナンボでしょう。こういう作品を見習ってくれい。

最後の部屋はこれからの美術だったかな。ロン・ミュエクの人形(立体人物像か)「若いカップル」初々しいなコノヤロー。オレなんかコノヤロー。ペンペン草一本生えてはおらぬ青春時代よ。まあいいや。建物の庭にデカい人物像があるけどさ、その小さい版、マーク・クインの「ミクロコスモス(セイレーン)」、「ミニチュアのヴィーナス」……キメエ。体が柔らかすぎる立体女性像。

最後に作品を並べて50億円以内にしようゲームがある。今回の展示作品いくつかを家の模型の中に5点まで並べて、ボタンポチで購入価格が出る。50億円以下ならセーフ。オレがやったら50億なにがしかで若干のオーバーだった。適当なんでまぐれながら惜しい。
http://www.momat.go.jp/Honkan/core/index.html

|

« ヴァロットン展(三菱一号館美術館) | トップページ | キネティック・アート展(損保ジャパン) »