« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月23日 (土)

「楽園としての芸術」展(東京都美術館)

東京都美術館といやあ今「古代エジプト展」でしょ、と言いたい人もいるかと思うがオレは古代文明ものにゃ興味がない。いや、古代文明の話は好きだけどさ。それより、先週の舞台衣装「総合芸術」とは対極の、個人が一人黙々と完成させる芸術が今回の企画だ。ダウン症などの障害を持った人々の集う「しょうぶ学園」と「アトリエ・エレマン・プレザン」での作品群。美術教育を行っているわけではないので、これはいわゆる「アウトサイダー・アート」もしくは「アール・ブリュット」に属すると言えましょう。

ダウン症の人達は優しく争いを好まず共感能力が高いそうです。それゆえ、その繊細さにおいて現代社会にうまく適応できなかったりするそうです。作品制作においても絶対にじゃましないで。自分の世界だから壊してはいかんのです。アウトサイダー・アーティストのアロイーズが、晩年、売るための「指導」入ってしまい、才能が崩壊したという話も以前聞きましたな。

普段「なんちゃら美術展」とかに行ってる身で、アール・ブリュットの作品群と向き合うのは意外と難しい。なんとなれば、普通の「うまさ」が感じられない場合が多い。常々「プリミティブ」(芸術的初期衝動)が生み出すものに憧れていながら、いざプリミティブ以外の何物でもないものと対面すると、意外と冷めている自分に気づく。うーん我ながら嫌だねえ。もっと燃えて欲しいね。でもそこらの子供の描いた絵とそんな変わらん印象ってのも事実。でもまあ子供の絵こそプリミティブだもんなあ。

しかし諸君、その一見子供が描いたような絵を前にして、ちょっと何もない画用紙を思い浮かべてみたまえ。色彩や描線を使ってある種の秩序だった表現作品を創り出す、という行為とその完成品が何か素晴らしいものに感じられてこないかな。この「何もないところから生まれてきた感じ」を感じられたら、それがアール・ブリュット(生の芸術)の鑑賞じゃい。そしてそこに他には見あたらない才能を感じられたら、さらにラッキーだ。

今回の展示で目に付いたちょっといいものを紹介。下川智美のガラス瓶や缶に入った「きれいなもの」カラフルな糸や布。もはただのガラス瓶や缶ではない、という「嬉しい感じ」を鑑賞したい。冬木陽の絵の具作品もプリミティブで無邪気な描画が冴える。岡田伸次の色彩もちょっと天才的な感じがする。安澤美理の「体育館のステージ」はプリミティブに「おもしろい表現」を発見した楽しさに満ちている。とまあこう描くと、ここでは争いがないのだから、誰もがアーティストであり誰もが素晴らしいのだ。個人を選び出してはいかんのだ、と言いたい方もいると思う。でもまあ芸術ってやつは個人個人に合う合わないというのがあるゆえに、ここで名を挙げたのは、たまたま私の感覚にあっただけなんよ。そしてもう一つ、争いが無いといっても、そこは美術館に並べて出すわけなんだから、やっぱり作品の選び出しがあるはずよ。そしてもう一つ、私が気になったのは、展示作品に抽象性が高いものが多い。はて? 皆そんな抽象画ばかり描いているんだろうか? いやぁ、多分プリミティブな感覚に従えば、まず実際あるものの形を描くんじゃないだろうか。今回そういう絵はわずかだった。思うに、そういうのは「出してない」のだ。なんとなれば、それでは子供の描く絵と何も変わらんからだ。有償の美術展として成立させる以上、そこらのガキの絵と同じ感じじゃ困る。ひと味ぐらい違わなければならん……ってんで、より「それっぽい」抽象画を選び出したと私は推測する次第である。

この手の創造を、心底「素晴らしい」と実感したことがかつて一度だけあって、ありゃあもう十四年ぐらい前か、不眠で精神的に調子が悪かった中、リビングデザインセンターの……なんだっけな、左官だっけ、何か板か何かに色を塗る体験みたいなのがあって、私は参加しなかったが、その参加者十数名が黙々と色塗ってるのを目にして、おおそうだ、こういうのが「世界が破滅しない理由」なんだと強く思ったのです。あの頃の思考はあまり普通ではなかったが、でもそう感じたし、ある意味、当たっていると思うんだな。
http://www.tobikan.jp/exhibition/h26_havenofhappiness.html

|

2014年8月16日 (土)

「魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展」(国立新美術館)

実は別の企画展に行こうとしてて都美が会場だと知っていたにもかかわらず、なぜか間違えて新美に来てしまい、うむ困ったな。それならまあ行こうかどうしようか迷っていた「バレエ・リュス展」に行こうかと乗り込んだ。ちなみに「オルセー展」もやってたけど、もう行っちゃったし階が違うから混み具合は知らない。で、行った結果……うーん、やっぱ行くんじゃなかった。いや、悪い企画ではないんです。いいです。例のディアギレフのバレエ・リュスの衣装がタップリ(サブタイトル「魅惑のコスチューム」だもんな)見れる。しかも衣装展示は前から後ろから360度見れる工夫がなされている。衣装好きにはたまらんであろう。うん、でもね、他はあんまりないのよ。舞台背景とかちっこいのしか無いし、動画も……最初の方にデカいスクリーンの部屋はあるけど概要紹介だし、途中にある舞台動画も画面が小さすぎる。まーなんにせよバレエに親しんでねえと衣装だけ見たってつらいよなあ……いや待てよ、バレエ好きでも衣装だけ見て満足するんか? まあそりゃ分からん。

バレエ・リュスといえば、ピカソとかマティスとか当時の前衛芸術家を起用したことで有名だし、それが広告にも書かれているけど、ピピピピカソの作品なんかねえだよ……確か衣装じゃなくて舞台美術かなんかやったのかな。衣装で展示してあったのはマティス、ドラン、キリコぐらいかな。それについては後述。(さっき気がついたが、出品リストによるとピカソのデザイン画があったらしいな。じぇんじぇん気がつかなかった。目立たなかったんだ)

入ると最初にコクトーのデカいポスターがあって、絵画好きとしてはそこでテンションが上がるが、そういうのはそこだけじゃ。デカい紹介動画があって、あとはほとんど衣装じゃい。いや、壁に衣装の構想絵とかニジンスキーの写真とかあるけどね、どう見たって扱いは添え物だよなあ。

衣装は演目ごとに分けて展示されているので分かりやすいぞ。衣装デザイナーとしては、レオン・バクストってのと、ナタリア・ゴンチャローワって人がメインらしいな。前半のエキゾチックなヤツから後半の前衛っぽいのまでうまくこなしている。が、しかし、オレには「ザ・アウェー」の世界なんで、これ見てどうこう言えるもんじゃねえだ……あー、ジ・アウェーか……まあどうでもいいや。うんしかし、そうそう、海の世界のだな、タツノオトシゴとイカの衣装は面白かったな。ん、あと、まるっきりナニひとつサッパリ分からなかったのかというとそうでもなくて、ラヴェルの「ダフニスとクロエ」の衣装ね、いや、この曲は結構好きだったな。最近聴いてないけど。そうかこの曲はバレエ・リュスであってこういう衣装だったのか、と感心する。

後半になって、前衛芸術家の登場となる。マティスが「ナイチンゲールの歌」(戦場の看護師の話ではない)で衣装をやっている。ええと、あの中国風のね……マティスちゃん舞台衣装は初めてなんだって。見るといやあマティスだなあというのは分かるんだけど、衣装というか衣装風の布地に描いただけに見えるんよ。まあ、中国風のアレなんだからそうなんだけどね、「こいつ衣装デザイナーじゃねえな」感にあふれている感じ。同じのがデ・キリコのね、これもキリコが背広に落書きしてるような感じがどうにも抜けない。やっぱり餅は餅屋ってのをつくづく感じる次第です。

ところで今回も「舞台は総合芸術で……」みたいな記述があったように思うが、どうもこの「総合芸術」って言い方に抵抗がある。「総合」だからなんなのよ。「うちらは『総合芸術』だーらね、役者だけじゃなくて、歌手や演奏家、舞台美術家、ファッションデザイナーまで揃ってるんだーらね、すごい集団だーらね、偉いんだーらね」っていうような極端な思想をしているヤツはさすがにいないみたいなんだけど、なんかそーいうドヤ顔するヤツが出てきそうな雰囲気がこの「総合芸術」って言葉にはあるような気がする。総合芸術とはなんぞや? 普通に考えるとまあ、歌あり踊りあり芝居ありのミュージカルかなあ。でも映画だって「総合」だぞ。舞台空間はなくてもキャメラワークがあるからな。ネットで検索したら、ゲームも茶の湯も、果ては会社経営まで「総合芸術」呼ばわりしている。なんかもう……どうだっていいじゃん。どんな要素があるかよりも、概ね「一人ではできなくて多くの人(専門家)の協力が要る」というのもあるようだ。そうなると対極にあるのが、個人の世界だけを突き詰めていく世界だな。一人黙々と深く静かに構築する芸術世界。芸術たるものどっちのベクトルも「あり」だ。自分も例えば詩の朗読と音楽を組み合わせた作品を作ることがあるが(これはまあ総合に近い感じかな)、そうではなくて音楽を排除して朗読だけで挑みたい時もある。この場合、音楽は付けることができたとしても「余分な」「削ぎ落としたい」要素になるのだ。だから要するに、なんか総合総合言ってる人には、だからなんなのよ、と言いたいわけだ。

今回の舞台衣装にしても、印象としてはあくまで「舞台の衣装」なのね、「芸術的衣装」ではあっても「衣装芸術」ではない感じだ。まあそんなところで、舞台衣装が好きなら行ってみよ。
http://www.tbs.co.jp/balletsrusses2014/

|

2014年8月11日 (月)

イメージメーカー展(21_21 DESIGN SIGHT)

行く前には何の企画展かよく分からなかったが、行った後も何だかよく分からない。ファッションっぽいところもあり、現代美術のインスタレーションっぽいところもある。

所々にあるロバート・ウィルソンのディスプレイ作品は静止画と動いているのがいろいろある。映画監督でも有名なデビット・リンチのドローイング。シュールレアリズム絵画っぽい。「目を持つ山」なんて曖光のあれっぽい。多分フランシス・ベーコンが好きなんだろうなあと思わせる「こんにちは、さようなら」がいい感じだ。舘鼻則孝は「ヒールレスシューズ」というかかとのない高い靴がずらっ。あとこじゃれた高足下駄も並び、ヒールレスシューズをはいた足の石膏モデルがずらっと並ぶ。シューズデザイナーというよりフェティシスティックな感じが何とも言えない。フォトグラファーハルが分かりやすく面白い作品を出している。カップルとアイテムいろいろをまとめて真空パックにしたものを写真に撮る。本当に真空パックにしてるんで、撮影にかけられる時間は10秒ほどなんだって。あとで置いてある写真集を見たら「恋人と一緒にいると溶け合いそう」とか何とか書いてあって、このクソリア充爆発しろとか思ったり思わなかったり。いや別にオレがリア貧(なんて言葉あるのか?)ってわけでもないんだけど、「愛」がテーマってのはなーんかさ、シャガールだけで十分だよな。

あとの大きな部分はジャン=ポール・グードって人だ。なんかいろいろ出ていて、分かりやすくて面白いのは「パリの地下鉄内のポスター2012」駅のポスターを映すモニターがずらっと並んでて、そこを電車が正しい速度で走り抜けるのだ。見応えがあるし、電車が通過する時のホームにいる人の反応を見ているのも面白い。あと電動ものが3つある。いずれもモデルがドレスを着込んで機械仕掛けで動いているのだが……そう凝った動きでもない。「ワルツを踊る機械仕掛けの2人」なんてレールを走る機械が丸見え。もちろん意図的なんだろうけど、ちょっと安っぽく見える……いや隠したらもっと安っぽいな。「構成主義のマタニティドレス」も長い距離を移動するものだが、どういう意図でそうしているのかイマイチ分からない。何となく面白いものではあるが。「3人の女神」という3人の女性モデルの写真、とイメージドローイング……しかし、グレイス・ジョーンズですか、黒人女性のモデルね、なんかキメキメですな。強そうですな。頭から食われそうですな。あと二人は白人と韓国人なんだけど、なんかこう、どっちもツンツンした感じ(?)ってんですか、なんかこう萌え萌えなところが微塵もないのね。ファッションデザイナー好みなんですかね。あるいは買う人(客)が女性だから、男に向けた萌え萌えビームなんか出してる女は使えないのかもしれん。ところでさっきの電動には三宅純の音楽が流れてるよ。あー、あと高身長イケメンだと思ったら実は……ってなビデオも流れている。

通路通って出たところに舘鼻の「ヒールレスシューズ」をはいて写真撮れるところがあるよ。そうそう、この企画展自体、写真撮っていいんだった(一部ダメなのあるけど)。んーでもオレは撮らなかった。写真撮っていいからってここぞとばかり尻尾振って撮る人間じゃないんだ。文章の人間なのでな。
http://www.2121designsight.jp/program/image_makers/

|

2014年8月10日 (日)

「あしたのジョー、の時代」展(練馬区立美術館)

自分にとって「あしたのジョー」はマンガより遅く、アニメだった。また、当時、アニメを映画にして、さらにそれをカラーマンガにしたのを1巻だけ持っている。名高きジョー対力石戦、いやこのアニメマンガは何度も読んた。途中、アニメ内での力石対パンチョ・レオの試合の選手紹介文がアニメーターの落書きで埋められていたのを発見した時は愉快だった。「なぜアニメーターは徹夜しなければならないんだろう」とか「あいつも虫プロで働いてるんだろうなあ」とか。まあいい。でもこれが今回行った理由ではない。

力石徹の劇中死により、寺山修司を中心に葬儀が行われた。その弔辞を何度か聞いている。福島泰樹氏の「短歌絶叫コンサート」にて氏が読むのである。元劇団天井桟敷の人が同じものを朗読するイベントがあって、行きたかったが生憎予定が入っていた。寺山修司とボクシングといえば、ファイティング原田に捧げた「戦士の休息」を福島氏の絶叫朗読で聞いていてこれも名文。「男のうしろにあるのは、いつでも荒野ばかりだ」それは嘆きでもあり、戦う男の美学でもある。あまり関係ないが、サッカーワールドカップでボロ負けをしても、日本に帰ってくれば空港でキャーキャー出迎えてくれるっていう、あのイヤラシイ甘さ。いや、別に選手はそんなもん望んでいないかもしれないが、ああいう生暖かいような感じを嫌悪しちゃうのはオレだけではないはずだ。「敗者には何もくれてやるな。これがこの世界の掟だ」。

まあそんなわけで行ったんよ。マンガの原画いっぱい。泪橋の丹下拳闘クラブジオラマ。アニメのセル画、当時のグッズなど。あと同時代の紹介ということで、当時のCMが流れ、レコードジャケットが並ぶ。これらはオレにとっては同時代じゃないので、ふーんって感じで眺めているに過ぎない。アート作品もあるが、当時流行りの安保闘争もので時代を感じさせる。また当時万博があったが、反万博運動なんてのもあったんだって。「流しのカメラマン」渡辺克巳の写真も時代の雰囲気が伝わっていいぞ。

そして力石徹葬儀の祭壇が再現されている。それより驚いたのは、同じ場所にあるウノカマキリ描く当時のパロディマンガ「きのうのジョー 力石は生きていた」……そ、そんなのがあったのか。平凡パンチに掲載されたそうだ。今なら、熱狂的なファンが作者や出版社のブログやツイッターを炎上させかねないし、それを恐れて載せないと思う。つくづく大らかで愉快な時代だったんだなあと思う次第だ。今やBPOによりテレビからも毒が抜かれ、怪しく不健全で魅惑的なものを求める者はネットの海に沈み込むか、ロフトプラスワンのイベントにでも行くしかない。
とはいえ私はポストモダンとウォーターフロントとジュリアナ東京(行ったこと無いが)のバブル世代なもんで、あの時代とはどうも肌が合わない。横尾忠則の色使いもデザインもなんか苦手だ。暗黒舞踏の土方巽の映像もバーンと出ているが(ジョーは肉体を酷使したもんで肉体つながりで)、あれ……誉めなきゃいかんの? 誉めなきゃセンス無いって言われんの? この舞台用の模造男根もわぁ素敵とか言わにゃあかんの? ……って感じ。まあ舞踏も演劇もアウェーなもんで(アウェー多すぎだろ)。

最後に、あしたのジョーに宛てたアーティストなどの作品群。ほとんど同時代の人が当時を思い出して作ったという感じなんだけど、一人及川正通(あの「ぴあ」の表紙の人ね)が、今をときめく(?)小保方ちゃんを出している。ここだけ「今」がやってきた感じだ。さすが。あと、しりあがり寿のインスタレーションも珍しい。

https://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/tenrankai/joe2014.html

|

2014年8月 2日 (土)

「たよりない現実、この世界の在りか」(資生堂ギャラリー)

あー今回の紹介は難しいな。なにしろネタバレしちゃ面白くない。かといって、何の事前情報もなくちゃあ、面白いかどうかの目安もない。あと、その場で「気づかない」こともあるし。もう一つ、その場で他の鑑賞者にネタバレを食らうこともある。いや、食らっても十分面白いのだが、できれば自分の力で「それ」に気づいた方が衝撃も大きい。私は残念ながら、先にいた他の客に、それとなく気づかされてしまった。まあ、それでも十分よかったんだけどね。

じゃあ、まあこんくらいは書いていいだろってところまで書こうかにゃ。建物に入って工事現場みたいな階段を下りるとそこは……え? 何ここからもう知らせない方がいいって? んーそうかもしれないが、それじゃあまりに何もわからない。でも何も知りたくないと思ったらもう読まないでまずは現場へお行き。……はい、そこはホテルの廊下だ。ホテルのパンフみたいな紙がある。見ると、見取り図と「ビューポイント」という目のマークがありますな。ドアの前にビューポイントがあるから、何かを見ようとするが……うーん、何をどうやっても何も見えん。単にドアの前ではないか。次のビューポイント、暗い階段状のものを上ってみると、ぼんやり球体が浮かんでいる。うん、普通だ。次のビューポイントもドアだ、次は消火栓の扉(?)から係員に案内されて中に入れるが、狭い暗い大したものがない……ううむこれ面白いのか? この展示は面白いのか? 確かにホテルの廊下がここにあるってのは面白いといやあ面白い感じもするが……とやや釈然とせず最後の部屋に行く。そこは普通のホテルの客室だ。ベッドとか机、個人用冷蔵庫がある。実はここが……メインだ(多分)。

さて……慎重に書こう。まず……できれば誰もいない状態で入るべきです。そんで、部屋にあるものをよーく見てみよう。どこかに立って眺め回すんじゃ分からないかもしれん。あと漫然とウロウロして見ても気づかないぞ。現に私の後の客は通り過ぎただけで気づかなかった。だから、あらゆるものの正面に立ってよく見ること。そうすりゃ「それ」に気づくであろう。「それ」に気づいたら、多分「あれ」ができるんじゃないかな、と思うだろうが、そう、できるんだよ「あれ」が。だからやってみよう。そしてそこにあるものをコマゴマとよーく見てみよう。非常に作り込んであってよくできているであろう。驚いちゃうよな。すげえよな。私が行った時は、他の客がすでに「あれ」をやってましてね、その場では何とも思わなかったが、できれば自力で気づいて驚きと共に「あれ」に及びたかったねえ。だから部屋に誰もいない状態を見て入りなさいとアドバイスする次第です。

その一点だけで行く価値あり。ネタバレ厳禁だぞ。
http://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/

|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »