« 「フォルディナント・ホドラー」展(国立西洋美術館) | トップページ | 「キャラクラッシュ!」(カオス・ラウンジアトリエ) »

2014年10月25日 (土)

ザハ・ハディド展(オペラシティアートギャラリー)

これは誰か? 2020年の東京オリンピックで使われる新国立競技場の設計者。建築家なのだ。つまり建築展だ。美術館での建築展は当たり外れが大きい。外れだと図面パネル写真解説ばかりで、おもろないのだ。今回のはそう言う意味では面白いぞ。模型あり、CGあり、大画面スライドあり、インスタレーションあり。解説が少ない。ただ、それはそれで、それでいいのか? という気がしてくる。

建築は芸術かそうでないのか? 一応建築学科だった私はこれには「ノー」と答える。バックミンスター・フラーが好きなもんで、「美しいだけで音の出ないピアノ」みたいな建築は「建築」とは認めがたいんよ。バブル期の「ポストモダン」が台頭していた時代だったが、合理性を追求した「モダニズム」を舐めるなよ、と言いたいわけよ。しかし、シドニーのオペラハウスに代表されるように、機能としてロクデナシでも、あれはもうシドニーのシンボルになっちゃったりするので、建築ってヤツぁ一筋縄でないかないものだ。

で、今回の展示は、一見極めて「芸術」「アート」作品な感じがするもんで、私はちょっと引いてしまう。これでいいのか? うまい話にゃ裏がある。芸術芸術してるってことは、何が利便性を犠牲にしてロクデナシ建築になってんじゃねーのか? 私は諸君が建築を見る場合、かような問題意識を持っていただくことを切に願う次第である。「建築ってやっぱしアートだよね」なんて言いつつ、そのアート的な部分だけを鼻息ブヒブヒさせながら享受してるヤツラを軽蔑しちゃうぜ。建築は実用品でもあるのだぞ。

最初にアート的な椅子というかソファがあるが、座れんらしい。CGのパネルがあり、模型がある。なんか優美な曲線、曲面の極致みたいな造形に唸る。ううむ、それにしても空間に余裕があるな。土地が広いんだな。美しいが無駄が多いんじゃね?

純粋にCGだけの映像作品があって2Dと3Dの形を行き来するものでなかなか面白い。その中に、立体の応力(かかっている力)解析画面みたいなのが出ていた。どうやらザハ・ハディドは早くから3DCADを使って、構造解析を行いつつ建築を進めていたようだ。これは強いね。どんなに斬新でも「建てられる」ものが設計できるからだ。建てられるものを設計なんて、あったり前じゃねーか、と思うかもしれないが、先のシドニーのオペラハウスで、建築家ウッツォンが出してきたのはお芸術なシェル状のメモ描き程度のもんで、それを実際に建てられるものにするには、膨大な構造計算が必要だったのだ。
それからシェルが並んだインスタレーション、今度は座れるシートがあり、壁には一面に実際の建物を紹介するマルチスライド。ザハ・ハディドの建築世界をタップリ感じ取れる。あと3D立体映像もあるぞ。
最後に「新国立競技場」の紹介。8万人入るものになる。デカいな。面白いのは現在の競技場との比較があること。どの席からでも見えるようにと、視野についても考慮されている。で、これって今の競技場を改造するとかじゃなかったっけ? 見ると、明らかにデカいし、位置も合ってない。壊して一から造り直すのか? それじゃ金がもったいねーな。

面白いのは、出たところのショップにカタログなどと並んで。新国立競技場の設計を批判する書物も置いてあること。これはポイント高いね。企画者の提灯持ちじゃなくて、ちゃんと問題意識がある。
http://www.operacity.jp/ag/exh169/

|

« 「フォルディナント・ホドラー」展(国立西洋美術館) | トップページ | 「キャラクラッシュ!」(カオス・ラウンジアトリエ) »