« ウィレム・デ・クーニング(ブリヂストン美術館) | トップページ | 高松次郎ミステリーズ(東京国立近代美術館) »

2014年11月30日 (日)

リー・ミンウェイとその関係展(森美術館)

ギロッポン! この企画に行くのをなーんとなく渋っていたのは、なんか花をもらって、それを見知らぬ誰かにあげなきゃいかん、という作品がある、という情報を得ていたもんで、わたしゃそんなハッチャけたことはできまへん。ポエトリーパフォーマンス上、知らん人に話しかけたり指示したりすることはあるんですが、それはそれなりの場であるし、こっちもそれなりのテンションが上がっているのです。だから、客として行って、その場で踊る(パフォーマンスとして指示されたことを実践すること)ならまあともかく、全く別の場所で踊れっていうハードルは高いよなあ。つまりコミュニケーションなどがテーマで、誰とも関わらずコソコソ見て回りたい向きにはどうかなあ……と思ったりしていた。

でもまあ、行ってみた。当然、アーツセンターでやってるティム・バートンの方が混んでるが、それを横目にGO。最初にプロジェクト「女媧」という女神を描いた凧を揚げて、その糸を切るとか何とか。その凧。それからプロジェクト「繕う」。これは持ってきた布とかに、カラフルな糸をつけてくれる。壁に糸巻きいっぱい。それがテーブル上の布に繋がってて壮観ですな。次、拾った石と、それを模したレプリカ。それができた時が記されていて、片や紀元前何千年、片やこないだ、とかで妙な気分になりますな。それから、有名な水墨だかを何人ものアーティストに自分のスタイルで模してもらうって企画。一つの作品が不思議な繋がりをもたらすってわけだ。

それからクラインの何とかとか、白隠とかジョン・ケージとか、リー・ミンウェイが影響受けた人の作品展示。うーん禅的な視点。ケージって竜安寺の庭にあんなこだわってたのか。両案にhs見たことあるが、確かにあれは、何か言いたくなる。あとクラインってあんな音楽作ってたんか。あとは……誰だっけ、小沢剛? 例のベジタブル・ウェポン……うむ、例のと言いつつ他に知らん。面白かったのは田中功起の「どれもこれも」。板前の職人の巧みな仕込み風景が延々流れる。特に何も完成せず延々。

次に「ともに食す」として客の誰かと一緒に食べるパフォーマンスのステージ。「広がる花園」これが例の、花を持って誰かに渡すってんだけど、一応花が飾ってあって、やりたければ持って行ってね、という形態なので、まあよかった。「いっちょやったるわい」って花を取ってる強者もいなかったようだ。あと「ともに寝る」というのがあって、ベッドが2つある。アーティストと一緒になんとここでご一泊できるんだぜ。応募できるよん。面白そうだが、アーティストと一緒に、というより美術館内で寝たいって魅力の方が勝ってしまうが。コンセプトとしては場より人、なはずなんだよね。

次は何だ、子供の頃からの写真だったかな。ここはちゃんと見ていないや。それから「布の追想」紐付きの箱を開けると、中には思いでの布地とその解説というかドラマが書いてある。何よりも……いい箱使ってるな。しかし紐をほどいたら元に戻すのが難しい。スタッフがやってくれる。それから「手紙をつづる」誰かに宛てた手紙を書こう。見てもよければ封開けといてね、住所書けば出してくれるよ……できたら棚(というか展示スペース)に並べて置いておいてね……うーん、何か書こうかな、と思ったが結局書かなかった。家の子供等に書いてもいいが、ひとときでも住所氏名書いて晒して置いとかないといけないのね。ちょっとためらっちゃうの。他の人のを見ると月並みに「お母さんへ」とかそんなのが多い。中は見なかったな。次「砂のゲルニカ」。デカい砂絵のゲルニカを描く。それを歩いて乱す。見たのはもう乱したあと。次「リビングルーム」くつろげます……おお、その奥に「水の星座」ってのがあったのか。なんだこれ見てない。何しろ解説の紙の字が小さいもんで、見落しちゃうんよ。

http://www.mori.art.museum/jp/index.html

|

« ウィレム・デ・クーニング(ブリヂストン美術館) | トップページ | 高松次郎ミステリーズ(東京国立近代美術館) »