« ホイッスラー展(横浜美術館) | トップページ | 小山田二郎(府中市美術館) »

2014年12月29日 (月)

俵有作展(練馬区立美術館)

知らんかった人なんだけど、あえてホイッスラーの次の日に行ったのは、なんとなく水墨画というものが見たくなったもんで、かといって中国のって気分でもないし。また「レオナルドを慕い、山水に遊び、ミショーを想う」のサブタイトルが気になるぢゃないか。ホイッスラーは日本に影響されていたんだから。

最初に墨で書いた「一」(文字通り「一」を書く)が並んでいるが、先に薄墨で影のようなものを描いて、その上に「一」と描いてあるもんで、ちょっと立体的に見える感じがおもしろい。それから曼荼羅シリーズみたいなのがあって、水墨の塊みたいなの(?)が縦横にレイアウトしてある。うーん、これがこの人の曼荼羅なのか。他に書だか画だか分からんののが並ぶ。「宙」という作品のがあって、これも水墨の雲が行く感じ。それから風景の水墨画があって(待て、「山水画」って言うよな)、「瀧」とか「すぺいす」なんてのがあるのね。「すぺいす」は日の出か日没かってなもんで、いずれも隅の濃淡で表現しているもんで、昨日のホイッスラーの「ノクターン」を彷彿とさせ……うーん、やっぱホイッスラーのがすげえな。いや、こっちも悪くないんだが。あと「無題(大平原)」というのがあって、中では大きい。ふふーん、なんか、ザオ・ウーキーが見たくなるような、東洋的抽象だな……え? なにこれインクジェット印刷だと? その原画が隣にあるんだけど、えらく小さいの。ほう、こういうド拡大する表現方法もあるわけだ。さっきの「瀧」も2つのうち一つがインクジェットだった。終わりの方には「扉シリーズC」なんていう、現代アートっぽいのもあり。

「無題(Leonardo da Vinchを想うてシリーズ)」ってのがあって、これがダ・ヴィンチの素描に触発された描いたものらしい……期待しちゃったが、まあ、どこがダ・ヴィンチなのかな、という感じもしないでもない。

ワンフロアだけなので、大量というわけではないが、無料でこれだけイケるのだ。
http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/tenrankai/tawara.html

|

« ホイッスラー展(横浜美術館) | トップページ | 小山田二郎(府中市美術館) »