« 琳派名品展(日本橋三越) | トップページ | 幻想絶佳(東京都庭園美術館) »

2015年1月31日 (土)

パスキン展(パナソニック汐留ミュージアム)

しかしここは前回のデ・キリコといい、小さい割に濃いのが嬉しい。パスキンといえば、エコール・ド・パリだ。少女や女性像をいっぱい描いた。そんでほれ、全体がああいう夢幻的雰囲気じゃないか。なんかこう現実離れしたような萌え萌えな美少女画でもあるんじゃねーかと思ったらこれが無い。なぜか?
 
年代順なんだけど、最初がミュンヘンからパリってんで、普通の鉛筆デッサンみたいなのがある。もちろん普通にうまい。別にまだ個性があるってもんじゃないが才能は感じるであろう。で、パリに来ていろいろ描いたんだけど、既に素描じゃ定評があって、風刺画とか描いてたんだって。サロメの素描があって、なんかね、ビアズリーとかあっち系だよな。ギュスターヴ・モローとずいぶん違うな。油彩も手がけるようになって、「女学生」とかあるけど色もまだ普通。「モデル」でちょっとらしさが出てくる。

戦争を避けてアメリカへ。たいしたものはないが、「キューバでの集い」のラテンのおっさんがいいよな。で、またパリへ戻る。ここから本領の「真珠母色」というおなじみの雰囲気が出てくる。色彩はそういう淡く繊細で夢のようなものなんだが、実は描かれているモデルは極めてリアルなのね。そう我々は(オレだけか)雰囲気に騙されていたのだ。裸婦を描いたってナイスバディじゃないし、顔も普通だし、要は理想化されていない。「二人のモデル」や「幼い女優」「マンドリンを持つ女」なんてのがちょっと綺麗どころだけど、あとはまあなんか不完全燃焼っつーか(いや、あくまで萌えの観点でな)、だいたい「ヴィーナスの後ろ姿」なんて単なるデブである。ヴィーナスじゃなくてモデルがおるんだろう。思えばパスキンは素描の名手なんだから、リアルを捨てるわきゃあないんだよなあ。嘘は描けねえんだよ。しかし色彩が実景に忠実ではないところに、なんというかのっぴきならないところがある。夢の色彩(内面世界)とリアルなモデル(外界)が同居しているのだ。同じく女ばっかり描いている私の好きなポール・デルヴォーも、モデルは使ったけど完全に自分の世界に入れちゃうんだよね。バルテュスやら歌麿もそんな感じだし。パスキンの巧みかつ奇妙な同居は他にはないであろう。

素描や版画のコーナー。「遊女に罵倒されるソクラテスと弟子たち」。やだー、お兄さん遊んでいかないのー? 勉強ばっかりやっててバッカじゃーん。それからまたサロメの絵「ヘロデ王の前で舞うサロメ」人がいろいろ描いてある絵だが、サロメはというと……いたよ右側に。後ろ向きで体型の崩れたバカ女みたいなのが。パスキンのサロメ感ってこれかよ。あと童話のパロディというか二次制作みたいなのがあって「赤ずきん」なんてほとんどクソコラみてーじゃねーか。「シンデレラ」は挿し絵かな。

そしてまた油彩とか。「ダンス」という布とか使ってるの。女達が何人も踊っておる~ 美女不在。いや、リアルだとか、美女をデフォルメしたんだとか、日本人と感覚が違うとか言いたいだろうけど、やっぱ、なんか、あかん。「真珠母色」の裸婦とかずらっ。これが結構壮観。みんなリアルだけど、一つだけ例外「テーブルのリュシーの肖像」。モデルは愛人よん。すごくいい雰囲気だな。描きたかったんだな。実は他の絵は色彩はともかく明らかに「モデルに目の前にいてもらって描いてます」感がありありなのね。でも、このリュシーだけ、さりげなく、日常の一風景を切り取ってるんだな。愛だよな愛。でもリュシーとは結局うまくいかず、パスキンは自殺しちゃったって。

内容が充実してておすすめだぞ。
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/15/150117/

|

« 琳派名品展(日本橋三越) | トップページ | 幻想絶佳(東京都庭園美術館) »