« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

ヘンリー・ダーガーの部屋(エプソンイメージングギャラリー エプサイト)

北島敬三という人が撮ったダーガーの部屋の写真。2000年に取り壊されるというので急いで撮りに行ったらしい。 ダーガーは今でこそ結構有名なんだけどさ、オレははるか昔、世田谷美術館での「パラレル・ヴィジョン展」で既にダーガーを知ってたんだぞ(多分日本で初めて紹介された)、とドヤ顔したい今日このごろ。あれから銀座のなんとかギャラリー、ワタリウム、原美術館、ラフォーレ原宿、あと映画もあったよな、ダーガーの企画にはほとんど通っている。なぜ? なにがそうさせるのか? うん、やっぱし魅力的なんだよ。特に創作する人間にとって、誰に見せるためでもなく、ただ自分が「リアルに」生きる世界として創作を行うってこと。それがまたとんでもないスケールと強大な個性を持っていたこと。ワクワクするぜ。一生を病院の掃除夫で終え、友達もいなくて、話をすれば天気のことばかりで、恐ろしく孤独だった彼だが、死後発見された創作世界のあまりの大きさよ。ダーガーの存在自体既に伝説。既に巨匠。アウトサイダーアートの凄さを世界に知らしめた、その彼の部屋の写真だぜっ。

展示スペースは決して大きくはない。枚数も多くはない、しかし、しかしだ、見てるとジワジワくる。年季の入った分厚い資料、書き込み、タイプライター、画材の集積、壁に貼った少女像、うーん、この重厚さは何だ? キリスト教画家の巨匠のアトリエと言っても通用するぐらいの風格じゃないか。ダーガー作品自体は女の子マンガのコラージュだったりしてチャラい印象だったり、性差が分かってなかったり、あるいは少女を裸にしてバラして血まみれにしてたりして、なんとなくヤバいサブカルチャー的印象なのだが、この重厚さは、あくまでダーガーが大まじめだったことを物語る。ダーガーは宗教画家の巨匠と同じだけ創造にエネルギーを費やしていたし、またそれを十分発揮できた。この部屋から醸し出される生き様の印象は苛烈ですらある。苛烈? あの目立たない、誰にも相手にされなかった孤独な老人がかくも苛烈に生きていたとは! ここで我々は思うであろう、いかに生きるかは、誰かが決めることではない、自分が決めるのだ。誰にも相手にされなくても、かくも「生きる」ことができるのだ。

写真だけでなく、ゴーグルみたいなのを付けて、ARを使った短い解説映像も見れる。

ダーガーファンは大いに行きだ。ダーガーを全く知らないと……まあスゲエ部屋だなと感じる、とは思うよ。 http://www.epson.jp/katsuyou/photo/taiken/epsite/

|

2015年2月22日 (日)

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展(三菱一号館美術館)

小ぶりな作品が多いという噂を聞き、行ってみたら確かに小ぶりが多いんだけど、これは恐らくケチってるんじゃなくて、館長自ら「小さく親密な空間で……」ってなことを言ってるもんで、確かに小部屋が多いからデカいのはちょっと見にくいかもしれん。しかし印象派メインだよなあ。もう何度も何度も何度も何度も見てきた印象派なんで飽きてんだけど、でも行っちゃうんだよなあ。何か見落とすともったいないもんでねえ。

テーマ順って感じで、最初は「戸外での制作」ストレート直球の印象派。モネとかピサロとかシスレーとか手堅く進んでいきます。シスレー「ポール=マルリーの洪水」ほほー、水面の表現がうまいものですな……って、これ洪水の絵じゃないか。こんな和やかでいいんかい。それからブーダンがいくつもあるな……はてブーダンって誰だったかな、と思ったらモネを見いだした人らしい。それからドガの馬とかあって、ルノワールの風景があって……うーん緑アオアオでさ、なんか「日本人ってこういうのが好きなんだよなHAHAHA」って見透かされてる感じがしないでもない。しかし次のセザンヌ「愛の争い」これもさりげなく置いてあるんだが、これ愛憎バトルなんだな。あとゴッホがあるぞ「オランダの花壇」いや、これは、普通の印象派風だ。色が穏やかであまり(オレの好きな)ゴッホらしくないわい。それからルドンが意外といい。黒じゃなくカラーだけど、エドワード・ホッパー風の寂しい風景。これ習作だってさ。それからスーラがあるが、これは新印象派でずいぶん見たな。

次は「友人とモデル」ってコーナー。人物画どもだ。最初はルノワールの女性像がいくつか。うーん、なんか見慣れた感じ。「アンリオ夫人」なんて前にどこかで見たよなあ。それから廊下を長々移動して、ベルト・モリゾ「窓辺にいる画家の姉」。なんかモリゾっていうとNHK「森へ行こうよ」の森はワクワクのモリゾーを思い出し「あーキッコロや、これがわしの姉じゃぞ」いや、まあどうでもいいんだ。モリゾは女性画家ですがな。それからマネの犬の絵。犬かよ。まあうまいけど。次にコローの「芸術家のアトリエ」ふーん、前にコローの人物を見たが、これもなかなか。後ろ向きだけどいい感じじゃないか。ジャン=ルイ・フォランって人の「舞台の裏」おお、ちょっと珍しい感じだ。ドガ「舞台裏の踊り子」ちと小さいな。

次は「芸術家の肖像」ほう自画像か。自分を描くというより、自分の内面を見つめる感じの絵なんだな。ファンタン・ラトゥールのがいいですな。芸術家っぽいツラでな。ゴーギャンの「カリエールに捧げる自画像」ってのもある。へえ、自画像を人に捧げちまうんだ。それより同時代ならオレの好きなカリエールの絵も置いてくれよ。

階段を下りて、収蔵品。ルノワールの何とかの娘の絵があって、ここ自慢のルドンの「グラン・ブーケ」が今回もしっかりある。

それから「静物画」コーナー。アントワーヌ・ヴォロンって人の「バターの塊」。これ、文字通りなんで面白いぞ。しかしやっぱりセザンヌ「牛乳入れと果物のある静物」いや~いかにも、「なんじゃこりゃ」&「これがすげえんだよ」が同居するおなじみセザンヌの静物。いや、オレは好きだよ。個々の物に対しそれぞれ「こういう向きで描きたい」が、それらを複合すると明らかにおかしい、しかし「無理矢理くっつけちゃう」のだ。静物のくせに妙な緊張感をはらむそいつはピカソのキュビズムを生んだんだぞ。この絵も皿が実にヤバい。これを見ちゃうと次のルノワールの「皿の上の桃」なんざあ普通すぎて物足りない。

最後は「ボナールとヴュイヤール」コーナー。ここは最後の方のボナールの「庭のテーブルセット」と「画家の庭の階段」がイイかな。半分抽象。これは目の前にある風景の絵を描いてるんじゃないんだ。目の前の風景からこういう色彩を感じたいという心を描いているのさ。

ダントツもハズレもなく手堅く鑑賞。ついでに終わったらそこらでちょっといいものでも食べるといいんじゃない。
http://mimt.jp/

|

2015年2月11日 (水)

新印象派(東京都美術館)

教科書ではよく「新印象主義」って言葉になっている、というのも、印象派ほど大ざっぱなくくりではなくて、もっと研究的、理論的に出てきたもんだったんだ。色は混ぜるほどに灰色に近くなって汚くなる。では、混ぜないで原色に近いヤツをで描いていけば、例えば明るい屋外なんか描くのにいいじゃないか、ってのが印象派なんだけど、もっとマジになって、ちゃんと色を原色に分解して、点々で配置していけば、さらにきれいに、鮮やかなまま表現できるじゃん。ということで新印象派ってのはまあ点描法と呼ばれる点々画なのです。まあ、こりゃ見れば分かる。印象派の後、爆発的に流行し、その志を受けてフォーヴィズム(太い線でガッツリ描く野獣派)が生まれたが、点描法はもうやり尽くしたのかそのあたりで消えていった、もう誰もやらない。今回の企画は、この新印象派の誕生から終焉までをたどれるもんです。

最初は普通の印象派から。モネがあったりする。ここで、後に新印象派の大作を描くジョルジュ・スーラ「石割り」などがあり、まだ印象派作品。ベルト・モリゾの「ブーシヴァルの庭」という印象派作品が、明るく半抽象みたいな作品で、実はこれが今回一番よかった。すまんね新印象じゃなくて。あと、新印象の大家ポール・シニャックも印象派作品を描いてて「ピエール・アレの風車、サン=ブリアック」なんてのは、非常にピシッとキマっている。印象派なのにキマってるってのもナンだが、まあそうなんだもん。スーラ「グランド・ジャッド島の日曜日の午後」の習作がある。点描法の新印象派を代表する極めて有名な絵なんだけど、完成品はもちろん来てない。うーん、原寸大パネルでもあってしがるべきじゃないか。完成品は最後の印象派展(同時代のヤツね)に出たそうで、かつてない技法に賛否両論だったらしい。

次は色彩学の説明の色見本とかの展示。さすが新印象派(新印象主義)で、このあたりの科学的アプローチが他にはないところだ。それよりスーラとシニャックのパレットが展示されている。そのきっちりした、色相に忠実なパレット面に仰天。なにこれすげー学究的じゃん。

これ以降はもう点描画大会になる。全体に明るい印象の絵が多い……まあ、そりゃそうだな。そういう絵に向いてるんだから。あーカミーユ・ピサロがいるな。レメンって人の「ラ・ユルプのマリエ家」は、割とコントラストがあっていいな。人物もある。レイセルベルヘって人の「マリア、セート……」は光が巧みに表現されている……うーん、しかし多くの絵は遠目で見て白っぽいんでそう深い印象もなく、かといって寄ってみたところで点々の群れ。なんか、見ててもあーんまりおもろないんだよね。比べるのもナンだが、私の好きなフォーヴ系のヴラマンクは、近くではラフな線でも遠目で見ると驚異のリアリティがあるんだぜ。あと、新印象派は技法が中心なので、画家の訴えたいものが……イマイチ見えない。技法を披露したいのか、あるいは絵の題材にテーマがあるのか、そりゃあ研究すりゃあ、この絵の舞台はどこそこで画家の何時代のどーたらとか分かるだろうし解説も作れるだろうけど、絵からダイレクトに訴えてくるものがないと、やっぱそれまでよ。なもんで、新印象派ってのは見てるとだんだんどーでもよくなってくる。しかし実は描いてる側も同じなようで、色を点々に分解しましたってだけでは、その先に進んだものが作れない。

スーラは31歳で早逝。しかし後を受けたシニャックが苦しい。アンリ=エドモン・クロスって人も苦しい。彼の「農園、夕暮れ」は浮世絵から雰囲気を持ってきたっぽい。それから見たままの色を分解して表現するはずだった新印象派も、もう見たままじゃなくてええわいってなことになって、クロスは「地中海のほとり」とかそういう、ややケッタイな色あいの絵を描く。マクシミリアン・リュスは工場を描いたが、「シャルルロワの高炉」これが意外といい。何がいいって、技法は新印象の点描ながら、工場の暗い建物は新印象向きじゃない。しかし、その中の空や煙は大いに輝いている。このコントラストが結構イケる。

最後にはフォーヴに向かうコーナーがあり、シャルル・アングランって人のデカデカ点々なんぞ見てると、ボチボチ新印象派もオワコン(終わったコンテンツ)な感じがしてくる。クロスも点々をやめつつあり、マティスがシニャックなどに感銘を受けつつ点々をやってるが、これももう次のいわゆるマティスを感じさせる。最後にアンドレ・ドランのフォーヴで終わり。

そういえばビートルズはジョンとポールがいて、ジョンが早くに死んだ。新印象派もジョルジュ(スーラ)とポール(シニャック)がいて、ジョルジュが早逝……うーん、似てる(まあどうでもいが)。
http://neo.exhn.jp/

|

2015年2月 7日 (土)

幻想絶佳(東京都庭園美術館)

庭園美術館こと朝香宮邸は、古典主義風のアール・デコであったとかなかったとかで、そういうのを集めた企画。リニューアルで新たに新館ギャラリーができたんで、その分ボリュームタップリかと思ったら、やっぱ今まで本館に展示されてた分が薄まった感じで全体ボリュームとしちゃ前と変わらんのでは。でもその分、朝香宮邸も単なる会場ではなく、アール・デコ作品として立派に主張できるというわけだ。

あのう、器とか私はロクに見てないので、絵の方が中心かな。最初に入った広間にドニやドランがあってだな、ドランはヌードな。ドニはどうにもいつものドニだな。次の部屋にジャン・デュパって人の「パリスの審判」があってだな、これがまあ背後の木の怪物みたいなのがイケる。このケッタイぶりに注目したいが、解説にゃそんなことは書いてなかった。次の部屋に……って何の部屋か書いてあったけど忘れた。食堂だったかな。うん、テーブルセットがあってだな、アンリ・ラパンの卓上照明が……この脳ミソみたいなモフモフがちょっとキモいだろ。いや、実際は白い陶器の果実なんだが。なんかこういう「ちょいキモ」みたいなところが、古典デコじゃねーのとか思ったりするわけよ(いつでもオレはデタラメだ)。

二階に行きます。階段上がったところにデュフィの「オルフェウスの行進」うん、ちょっとデュフィにしちゃ地味かな。そこから部屋に入って彫刻家アルフレッド・ジャニオの絵である「イヴ」が肉であり、ジャニオの彫刻があり肉であり、隣の部屋にアンリ・ブシャールって人の、第一次大戦時に生み出した「カムフラージュ」要はうまく隠れるためのアイディア画集。コンパクトな囲いの中に隠れて見張る……これはしかし、戦時中の実用スケッチとして見たら大して面白くない、というか私はこれ公園でイチャつくカップルを覗き見する装置かと思ってアヒャヒャヒャおもしれーなこれとか思って見てた。そうか戦争道具かよ。メールって人の壁画習作。巨人女みたいだ。そういやキリコにもそんなんあったかな。ええと、広間に戻ってまた部屋に入って、今度は……ラリックのあの、ほれ、あの、車の先頭に付けるヤツ。有名だよな。顔が強風浴びてんだな。あとは、またラリックのセンターピース。これは巧みなんでなかなか見ものだ。次もテーブルセットだな。その次は器だな。で、本館終わり。

新館は嬉しい絵画中心。ポスターにもなってるのはプゲオン。ほー、なんか象徴派みたいな面白い絵を描くぢゃないか。「イタリアの幻想」は楽園っぽいイイ雰囲気だが、顔のホリが深いなおい。「蛇」はデコというよりバロックの引き延ばし人体みたいだし……いや待てよありゃマニエリスムか。「捕虜たち」も意味ありげだし、うん面白いぞプゲオン。他にはジャン・デュパ「エウロペの誘拐」モノクロだけど、大画面でいいね。ジャン・デピュジョル「思索」のしかめっ面と「農耕」の濃厚ドキュン顔にやられる。彫刻ではサラベゾールの「パラス・アテネ」に女神萌え。

うん、まあまあだな。でも庭園にはまだ入れないんだな。
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/150117-0407_artdeco.html

|

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »