« 幻想絶佳(東京都庭園美術館) | トップページ | ワシントン・ナショナル・ギャラリー展(三菱一号館美術館) »

2015年2月11日 (水)

新印象派(東京都美術館)

教科書ではよく「新印象主義」って言葉になっている、というのも、印象派ほど大ざっぱなくくりではなくて、もっと研究的、理論的に出てきたもんだったんだ。色は混ぜるほどに灰色に近くなって汚くなる。では、混ぜないで原色に近いヤツをで描いていけば、例えば明るい屋外なんか描くのにいいじゃないか、ってのが印象派なんだけど、もっとマジになって、ちゃんと色を原色に分解して、点々で配置していけば、さらにきれいに、鮮やかなまま表現できるじゃん。ということで新印象派ってのはまあ点描法と呼ばれる点々画なのです。まあ、こりゃ見れば分かる。印象派の後、爆発的に流行し、その志を受けてフォーヴィズム(太い線でガッツリ描く野獣派)が生まれたが、点描法はもうやり尽くしたのかそのあたりで消えていった、もう誰もやらない。今回の企画は、この新印象派の誕生から終焉までをたどれるもんです。

最初は普通の印象派から。モネがあったりする。ここで、後に新印象派の大作を描くジョルジュ・スーラ「石割り」などがあり、まだ印象派作品。ベルト・モリゾの「ブーシヴァルの庭」という印象派作品が、明るく半抽象みたいな作品で、実はこれが今回一番よかった。すまんね新印象じゃなくて。あと、新印象の大家ポール・シニャックも印象派作品を描いてて「ピエール・アレの風車、サン=ブリアック」なんてのは、非常にピシッとキマっている。印象派なのにキマってるってのもナンだが、まあそうなんだもん。スーラ「グランド・ジャッド島の日曜日の午後」の習作がある。点描法の新印象派を代表する極めて有名な絵なんだけど、完成品はもちろん来てない。うーん、原寸大パネルでもあってしがるべきじゃないか。完成品は最後の印象派展(同時代のヤツね)に出たそうで、かつてない技法に賛否両論だったらしい。

次は色彩学の説明の色見本とかの展示。さすが新印象派(新印象主義)で、このあたりの科学的アプローチが他にはないところだ。それよりスーラとシニャックのパレットが展示されている。そのきっちりした、色相に忠実なパレット面に仰天。なにこれすげー学究的じゃん。

これ以降はもう点描画大会になる。全体に明るい印象の絵が多い……まあ、そりゃそうだな。そういう絵に向いてるんだから。あーカミーユ・ピサロがいるな。レメンって人の「ラ・ユルプのマリエ家」は、割とコントラストがあっていいな。人物もある。レイセルベルヘって人の「マリア、セート……」は光が巧みに表現されている……うーん、しかし多くの絵は遠目で見て白っぽいんでそう深い印象もなく、かといって寄ってみたところで点々の群れ。なんか、見ててもあーんまりおもろないんだよね。比べるのもナンだが、私の好きなフォーヴ系のヴラマンクは、近くではラフな線でも遠目で見ると驚異のリアリティがあるんだぜ。あと、新印象派は技法が中心なので、画家の訴えたいものが……イマイチ見えない。技法を披露したいのか、あるいは絵の題材にテーマがあるのか、そりゃあ研究すりゃあ、この絵の舞台はどこそこで画家の何時代のどーたらとか分かるだろうし解説も作れるだろうけど、絵からダイレクトに訴えてくるものがないと、やっぱそれまでよ。なもんで、新印象派ってのは見てるとだんだんどーでもよくなってくる。しかし実は描いてる側も同じなようで、色を点々に分解しましたってだけでは、その先に進んだものが作れない。

スーラは31歳で早逝。しかし後を受けたシニャックが苦しい。アンリ=エドモン・クロスって人も苦しい。彼の「農園、夕暮れ」は浮世絵から雰囲気を持ってきたっぽい。それから見たままの色を分解して表現するはずだった新印象派も、もう見たままじゃなくてええわいってなことになって、クロスは「地中海のほとり」とかそういう、ややケッタイな色あいの絵を描く。マクシミリアン・リュスは工場を描いたが、「シャルルロワの高炉」これが意外といい。何がいいって、技法は新印象の点描ながら、工場の暗い建物は新印象向きじゃない。しかし、その中の空や煙は大いに輝いている。このコントラストが結構イケる。

最後にはフォーヴに向かうコーナーがあり、シャルル・アングランって人のデカデカ点々なんぞ見てると、ボチボチ新印象派もオワコン(終わったコンテンツ)な感じがしてくる。クロスも点々をやめつつあり、マティスがシニャックなどに感銘を受けつつ点々をやってるが、これももう次のいわゆるマティスを感じさせる。最後にアンドレ・ドランのフォーヴで終わり。

そういえばビートルズはジョンとポールがいて、ジョンが早くに死んだ。新印象派もジョルジュ(スーラ)とポール(シニャック)がいて、ジョルジュが早逝……うーん、似てる(まあどうでもいが)。
http://neo.exhn.jp/

|

« 幻想絶佳(東京都庭園美術館) | トップページ | ワシントン・ナショナル・ギャラリー展(三菱一号館美術館) »