« 小林清親展(練馬区立美術館) | トップページ | 高橋コレクション展(東京オペラシティアートギャラリー) »

2015年4月18日 (土)

「若冲と蕪村」(サントリー美術館)

どーせ若冲目当てだろうという声もあるが、どーせ若冲目当てであり、結果的に若冲マジスゲーという印象っきゃない。アート通ならしっかり蕪村のよさも感じ取れるであろう。オレはアート通ぢゃないんだ。君ならきっと大丈夫だぜ。にしても、展示替えが多いな。

最初に寄合膳という何人かで描いた膳があって、その中に若冲も蕪村もあるはずだが、蕪村が出てる期間は決まってる。まあいいんだ。次からいきなり若冲の連打。「花卉双鶏図」(←なんて読むんだ?)の緻密鶏、「隠元図、玉蜀黍図」(←?)の水墨の草、その他が並ぶ。こりゃええわい。対する蕪村も負けずに「晩秋飛鴉図屏風」はカラス数匹。離れて見ろよ。「十二神押絵貼屏風」うん、がんばったね。このあたり「出発と修行の時代」コーナーなのね。若冲もうデキ上がってるじゃん。

「画風の確立」というコーナーで、若冲の「枯木鷲猿図」でいきなりブッ飛ぶ。ぬぁんじゃこりゃあ!? こんなフラクタルみたいな幹の描き方なんて見たことないぞ。何か異様な視覚効果を狙っているとしか思えない。若冲ってヤツの頭ん中はどうなっているのだ? 他にも「梅花小禽図」なんて琳派も驚く画面構成。「河豚図」は鯉を描きかけてやっぱ変えたみたいなヘンな魚。「魚みたいな何か」になっている。対する蕪村……蕪村どうした? 「鯉図」「柳江遠艇図」に現場チェックが入っているけど覚えてねえ。「猛虎飛瀑図」は虎だよ。力作だけどなんか普通だ。いや、一応うまいんだけど、相手が若冲じゃインパクトにおいてかなわない。

「新たな挑戦」コーナー。若冲は水墨の「筋目描き」というテクニックを持っている。墨の間に白い筋を浮かび上がらせる高等技術。「四季花鳥押絵貼屏風」は水墨テクを堪能できる。「双鶴・霊亀図」で2度目ブッ飛んだ。こ、これはっ……亀の甲羅は筋目描きで丁寧だが、その後ろの毛が激しくマックロに塗りつぶされた炎のごとく、鶴は体がシンプルな楕円、そしてその脚が草間彌生だ。いや、そうなんだ。草間が描いてた「あれ」を若冲がやってるとしか思えん。結果、極めて現代的な抽象にも見える。若冲ヤベー。隣の「烏賊図」もイカの本で紹介したかったイカす絵だ。あと若冲、達磨とかも描いてる。「乗興舟」は「拓版」とかいう版画で今時のイラスト風。蕪村は……蕪村はどうしたんだ? 「『学問は……』自画賛」とりあえすこういう五七五が描いてあるマンガ風のものは楽しめるじゃ。あと「奥の細道画巻」はおなじみ「奥の細道」を写して絵を付けたもの。ガンバレ蕪村。

「中国、朝鮮絵画からの影響」コーナー。ここでやっと蕪村の山水画が登場。「倣銭貢山水図」(←だからなんて読むんじゃ)。ぐぁんばれ蕪村。「双馬図」よし、うまいぞ蕪村。リアルじゃねーか。元ネタというか、こっからの影響みたいな絵が隣にあって「秋渓群馬図」沈銓って人だって。……いや待て、その前に、階を移動したんだ。階段を降りたところに大作3つ、目玉の若冲「象と鯨図屏風」これもケッタイな絵だ。右の象はなんちゅーか餅オバケみたいなヘンなヤツだし、左のクジラは潜水艦みたいだし(ま、これは普通か)、でもなんか普通の屏風じゃねーよ。対面に、若冲が影響を受けたとか受けてないとかの誰それさんの屏風。それから若冲の隣に蕪村の「山水図屏風」晩年作らしいけど、うん……普通だ。いや多分、中国の山水のお約束をきっちりやってると思う。仕事きっちり。でも、だから普通なんよ。それから展示室へ。若冲の「仔犬図」が犬のくせにモチモチ。隣の「箒に狗子図」もモチモチモチ。いやカワイイんだけどさ。

「隣り合う若冲と蕪村」コーナー。交友関係だって。いろんなヤツが出てるが、ま、どーでもいいや。若冲の「蟹図」なんちゅーか、抽象なの? みたいな。「海老図」も筋目テク炸裂……と、なんとなく妙なところが。蕪村もいろいろあったが覚えてねえ。

「翁の時代」要は晩年。ここで蕪村の反撃。「富嶽列松図」で文人画タッチを極め(たのか?)、他にも力作いろいろ……なんだけど、最後の若冲「菜虫図」であっけなく撃破される。そうだ、これが3つ目のブッ飛びだぁ! これは、これはどうみてもシュールレアリズムだ。何かミロの絵みたいだ。違う? いや、もちろん違うよ。抽象じゃないんだけどね、葉の描き方がどうも何かのオブジェなんだよね。どれも同じ感じでしょ。時代を200年先取りだぜ。次の「石峰寺図」も同じような抽象的な人を空間に配置していく面白さよ。最後の「托鉢図」も遠目で見て妙な現代性を感じずにはおれない。やっぱ若冲スゲーや。若冲と同じように時代を超えたオーパーツみたいなのを描いたのは、あとはターナーぐらいかな。

やっぱ土日は混むだろうねえ……
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2015_2/

|

« 小林清親展(練馬区立美術館) | トップページ | 高橋コレクション展(東京オペラシティアートギャラリー) »