« 心のアート展(東京芸術劇場 ギャラリー1) | トップページ | 古今東西100人展(ワタリウム美術館) »

2015年6月29日 (月)

No Museum, No Life?(東京国立近代美術館)

もうコンタクトレンズをやめようと思っていて、明日検査したいから、今日はあんまし合ってないメガネで行ったんだが……やっぱあんまし見えねぇな……
さて、美術館で美術館辞典を美術品と一緒に見る、というような企画。いいじゃないか。よく考えたじゃないか。面白いじゃないか。ABC順にキーワードとその解説パネルがあって、それに関連する作品展示がある。マジメ一辺倒じゃなくて、ところどころ遊び心があるのも面白い。もちろん美術鑑賞にゃまず勉強だとかホザいてるキミでもオッケーさ。

AのArt Museumからスタートよ。Architectureで美術館の建築模型や絵なんかある。Archiveでは、デュシャンやフクルサスのまとめカバンを展示。なるほどアーカイヴ(まとめ)だな。Beholder(観者)では、ルーブル美術館のドラクロワ(だよな)を、見ている観客と一緒にとった写真作品。これが作品なんだな。あと等身大、というかちょっとデカい、穴から覗いている爺さんの人形がリアルでワクワク。何見てるのかな……っつーかなんで銃持ってるんだ。Discussionでは、なんと今回の企画のディスカッション結果が置いてある。それも展示パネルの構成模型と一緒。おお、今オレはこの企画のまさにここに立ってこれを見ているのか、そのこれがこれなんだな、という奇妙な気分になれるぞ。Earthquake(地震)では、美術館が警戒するものとしての地震。ここで阪神淡路大震災の写真。いきなりビルが倒壊しているヤツでスゲエ。あと免震構造の……なんだ、サンプル? Education(教育)のところ、なんと植物にABCを教える、という妙な作品を展示。こういうところが今回の企画の面白いところよ。Frame(額/枠)でも、枠を題材にした現代アート、だけでなく、額そのものを、ちょっと面白い展示方法している。現場で見よ。あと、Handlingでは、今回の企画の、壁の作り方(ベニヤを組み合わせて平面にして壁紙貼って作る)をビデオで記録してして、記録したところの壁に展示しているのだ。これも面白いですな。思わず壁紙の継ぎ目ってどこだ、とか見ちゃうよな。Hangingでは、絵を吊しているワイヤーなどを展示。Lightでなぜかグエルチーノのダヴィデの絵がある。なぜか、上を向いているのだ。ライトだから上に注目ってことらしい。グエルチーノもこう使われるとは思わなんだな。Moneyではシビアなお金の実状のパネル。なんと、ルーブルやMOMAに比べ、国立の五大美術館の収入ってめっぽう少ないの。企画展あんな高いのに? あんな並んでいるのになぜ? ……いや待てよ、西美のグエルチーノは客少なかったなあ……あとジャップは企業からの寄付も少ねえよ。Nudeはヌードいっぱい。理想化したヤツより、むしろリアルがアートっぽい。クールベさんのリアル路線もいいが、むしろ甲斐庄楠音のフルボディだな。Originalでは、ウォーホルやら、デュシャンのレディメイドやら。Provenance(来歴)では、梅原龍三郎特集……ルノワールの影響を受けて、それが来歴とか。それより、梅ちゃんったら、ナルシスから子供に成四ってキラキラネーム付けてたってよ。それからRecordで、河原温の日付絵画……の記録を付けたもの。Strageでは、各美術館に保管されている状態の写真パネルに、本物を一枚だけ置いて、面白い再現をしている。あとは……Wrapでクリストの包みものを紹介。Youはそのまま「あなた」よ。Zeo……ここには前回の片岡珠子展で使われたものが置かれ、夢のあとのゼロである。

知恵を絞った好企画。行って面白いぞ。
http://www.momat.go.jp/am/exhibition/no-museum-no-life/

|

« 心のアート展(東京芸術劇場 ギャラリー1) | トップページ | 古今東西100人展(ワタリウム美術館) »