« 蔡國強展(横浜美術館) | トップページ | フリーダ・カーロの遺品(シアター・イメージフォーラム) »

2015年7月26日 (日)

画鬼暁斎(三菱一号館美術館)

北斎に匹敵する巨匠、河鍋暁斎。暁斎展はだいぶ前に、東京ステーションギャラリーと……今は亡き三越美術館でもやったかなあ……ありゃあ芳年だったか。まあとにかく錦絵が多くて、うーん、なんじゃこりゃ、だったんだけど。今回は肉筆が多くて、そのただならぬ実力が分かる。うむ、こりゃ結構満足できるぞ。

最初は明治の日本のお雇い外国人建築家であり、暁斎の弟子のジョサイア・コンドルの特集……なもんで、暁斎を期待してきたら、ちょっとアレ? と思ってしまう。旧三菱一号館もコンドルの設計だって。ちなみに展示にゃ何があるかっていうと。……いや、まず暁斎の「枯木寒鴉図」がある、これは内国勧業博覧会の妙技二等賞を取ったんだって。なんていうかいい感じのカラス……に目が行くんだけど、それがとまっている木にも注目されたい。いや、いいでしょこれ。これをコンドルが見て気に入って弟子にもなった。で、コンドルの鹿鳴館の図面とか、どこそこの建築図などなど。コンドルは日本研究もしていて、自ら描いた日本画もある「霊照女・拾得図屏風」ガイジンが描いたにしちゃうまいじゃないか……ちょっと表情固いかな。「梅花図」も筆さばきグッド。ちなみに暁斎の弟子としての名前は「暁英」なんだよ。

暁斎とコンドルの交流を中心に展示が続く。暁斎の絵日記とかあって「コンデール君」が出てくる。んで、ここから先はいよいよ暁斎炸裂。肉筆の掛け軸やら屏風やらが多くて嬉しいぜっ。「二羽の泊鴉に山水図」ではカラスが「カー」ってやってる。「蝦蟇仙人・鉄拐仙人図」もいいカオだ。「大和美人図屏風」は美人画の屏風なんだけど、コンドルの目の前で描いたんだと。コンドルはそれを詳細に記録していったそうな。にしてもすげえもん描いたものだ。しかし、どれもレベルが高いのに、こうたくさん並んでいると、ありがたみが薄れっちまうなあ(←そんな鑑賞でいいのかよ)。

このあと、暁斎の画業を一通り紹介する流れ。まずメトロポリタン美術館所の動物画など……これも写実的でうまい。グッドモンキー。「蛙をつかまえる猫図」で猫に捕まえられた蛙がグワッとしている表情がいいね。それから「栗と栗鼠図」というのがあって……ぬぁに? いや本当にあるんだこれが。別に文字通りの絵なんだけどさ。男性諸氏は(女性も?)、このタイトル見て、うむっと思ったかどうか分からんが、みんな何も気にしてないふりしてるのがいとおかし。いや、オレもだけど……っていうかオレだけだったりして。え? なに書いてる意味が分からない? 別にいいんだ気にするな。それから続けて観音とか仏像とか。神様系(?)。「風神雷神図」いいよ。表情オッケー。「布袋の蝉採り図」では、禅画のユルいヤツみたいな感じ。「中国神仙図」はカッコいい男だ。写真も撮れるコーナーがあり、それから階段を下りて「九尾の狐屏風図」が文字通り9つのしっぽの狐の化け物。それから九相図や卒塔婆小町という、人が死んで腐って骨になるまでを描いた絵……なんだけど、巻物でね、展示で見せてる部分はあまり生々しくないところで抑えてるかな。

それから動物画があって、どれもいいんだけど特に「月に狼図」がよい。なんたって人間の生首を口に持ってるんだぜ。その首がヤバい。山水画はセオリー通り。得意の戯画・風俗画では、おなじみ「放屁合戦図」と「群猫釣鯰図」これ猫が相談しあって鯰をつり上げようって絵。楽しいぞ。「風流蛙大合戦之図」は蛙づくし。「蛇を捕まえる蛙」もがんばっている。それからなんと今回、春画がいくつか出ている。うむ、もうすぐ春画展があるからな。春画公開勢いづいているよな。春画の「はなこよみ」は、当時春画が「笑い絵」と呼ばれていた通りの楽しくめでたい雰囲気だ。男のナニが不必要にデカく描いてあるもので、誰が見ても笑っちゃう。だから「わ印」だ。男女が共にエンジョイしていて、そこに福の神がおーやっちょるねえと来ちゃうような感じ? うん、多分春画にゃあ現代にはないような招福の意味があると思える。もちろん、そうでないのも多いんだろうが。えーあと「大井山図」は普通の山なんだけど、そこらじゅうにナニを彷彿とさせる形状がある。あと「若衆物語」は、よく分からないがこれ若衆が女3人相手にして死んじゃったってこと? 死んだところの、そのう、アレが……すげー長い。それから、最後のコーナーは美人画。「横たわる美人に猫図」「美人観蛙戯図」の2つがやっぱしイイ(再会だけど)。いずれも猫や蛙といった、引き立て役があってこそだ。猫のねむねむな表情と、蛙の相撲大会、いずれも美人を食っちゃう魅力があるぞ。

土曜の昼に行ったけど結構混んでて、オレが出る頃には入場制限してた。すいてる時を狙ってGO。そうえいば8月2日までが前期だと。どんだけ入れ替わるんだ?
http://mimt.jp/kyosai/

|

« 蔡國強展(横浜美術館) | トップページ | フリーダ・カーロの遺品(シアター・イメージフォーラム) »