« ニキ・ド・サンファル展(国立新美術館) | トップページ | Don't Follow the Wind Non-Visitor Center(ワタリウム美術館) »

2015年9月28日 (月)

「回向ーつながる縁起」展(P3 art and environment)

P3が帰ってきたぞっ! ……いや、別に帰ってきたわけじゃなくて、活動がしばらく地方を転々としていたか、単に私がノーマークだっただけか。ともあれ、もう20年以上前に何かと足を運んでいた東長寺に再び行けるなんて嬉しいぢゃないか。あの東長寺地下のアートスペースで、私は現代アートの何たるかを学んだようなものである。あのアートスペースはまだあるのか分からない(今回見たらシャッター閉まってたし)。今回の会場は東長寺前の建物の1階。うむ、ここが「Project Space」という今のアートスペースなのね。今回は東長寺に「結の会」というのが発足し、「文由閣」という建物ができたことで企画されたそうな。

この企画は6巻から成っている。「第一巻 継ぐ」「第二巻 結う」「第三巻 紡ぐ」「第四巻 響く」「第五巻 繋ぐ」「第六巻 続く」。それぞれ展示であったり、イベントであったり。「回向」は仏教用語で「自ら修めた功徳を他者へと回し向けること」だって。

「第一巻 継ぐ」
インゴ・ギュンター「Seeing Beyond the Buddha」。光ファイバーで周囲環境の光を集め、それを仏の形にして暗い室内に淡く輝かせる。部屋の外の会場内には光ファイバーの束が走り、あるいは拡散し、その暗い部屋に一つ仏の形が鎮座している。インゴ・ギュンターはかつてのP3にもよく出ていた。うーん、一番凄かった光る地球儀を並べた企画を、実は私見落としてるんだが……いや、もう一回ぐらいあってそれは見たんだよな。ともあれ、今回の展示はいかにもP3らしい。かつての東長寺地下で、広い空間に展示作品一つだけとかあったっけ。そうそう、あの体育館ぐらいのスペースに、ちっちゃいスピーカーのインスタレーションが3つだけ、なんて時もあったなあ。今回、仏の形なんだな。やっぱりそこはお寺の活動だし、仏教だもんね。

「第二巻 結う」
「回向の加速装置」と名付けた活動紹介。1989年、バックミンスタ・フラーのシナジェティックサーカスから始まった(行ったよ)。あと、東長寺と文由閣の木の模型。使用している仏具を作る工芸のビデオ(これ、ちゃんと見てない)。文由閣の紹介パネル。なるべくエネルギーを消費しない「パッシブハウス」として作られたんだって。

「第三巻 紡ぐ」
何回かあるトークイベント。ほとんど終わってる。横浜美術館の個展で有名な蔡國強もいるよ(名前があまり知られてない頃、P3で個展やったんだ。行ったもんね)。

「第四巻 響く」
各種音楽イベント。今回私はこれの一つに参加。evalaのコンサート。後述。

「第五巻 繋ぐ」
ワークショップ。10月3日にあと1回あるね。

「第六巻 続く」
オノ・ヨーコ「念願の木」。木に願い事の短冊を書いて吊す。短冊はいずれアイスランドの「イマジンピースタワー」に送られ、宇宙に向けて照射される光の束の一部となる……そうです。この木は出入口にあって誰でも願い事を書ける。うーん、コンセプトはいいんだけど、これカエデを使ってて、笹だったら普通の七夕飾りなんだよなあ。すまないが何も書かなかった。

さて、evalaのインスタレーションとコンサート。これはProject Spaceではなく東長寺そのもので行われた。本道の中に案内される。中庭(というか池なんだが)方向の扉が開いていて、全員そっち向いている。ほう、中庭にアーティストが出て演奏するのかな。室内は6つのスピーカーに囲まれていて、これが既にインスタレーション。電子音とも自然音ともつかない音が流れている。やがて時間が来て、中庭に向かった扉が閉められてしまった。うむっ、じゃどこで演奏するのだ? そうこうしているうちにコンサート前にお経を読むとのこと。なるほど寺だ。聞いてると般若心経なのだな……うむ、先日般若心経の本を読んだんだけど、短くても究極の仏教ワールドの要約みたいなもんが般若心経らしい。「これやっときゃとりあえずオッケー」って感じなんじゃね。で、本編が始まったのが、電子音楽っちゅうか環境音楽っちゅうか、サンプリング音楽っちゅうか、そんなのが延々続く。6つのスピーカーを使って音がそこらを走り回る。いや、嫌いじゃないよ。どちらかというと好きなんだが。それにしてもアーティストの姿が見えない。何か録音聴いてるだけなんじゃないかって気もしてくる。それにしても……5時過ぎからスタートしたが、5時55分から6時半まで出入り禁止になるんだって。これはどういうことだ? 聴きつつ時計を見つつ……今回これ無料なんだけど、どっから金出てるんだろうってな煩悩テイストなことを考え始める。アーティスト呼ぶのもそれなりにするはずだが……お寺だからお布施か? ここの活動に本格的に関わるにゃやっぱお金かかるのかな ……5時55分になった。特に変化がない。あいかわらず音が続いている。しばらくしてやっと気がつき始める……ありゃ、何か照度落ちてるぞ。だんだん暗くなっている。おお、そうかそういうことか。そして照明が消えてほぼ真っ暗に。音だけに包まれる。う~ん実にニルヴァ~ナ(←意味分かってねえ)。そして全てが終わって照明が元に戻る。拍手……って誰に? と、なんとアーティストは入口の上にあるスペースにいた。拍手拍手。

ということで終了。P3にはこの先も期待。
http://p3.org/JAPAN/

|

« ニキ・ド・サンファル展(国立新美術館) | トップページ | Don't Follow the Wind Non-Visitor Center(ワタリウム美術館) »