« ボッティチェリ展(東京都美術館) | トップページ | サイモンフジワラ ホワイトデー(オペラシティアートギャラリー) »

2016年1月31日 (日)

「魔除け」(文化学園服飾博物館)

ただの模様じゃなくて魔除けってんだから面白そうじゃん。この場所は初めて行ったが、そこそこ客もいる。

内容は主に東アジアやアフリカで、まずは日本……といっても服飾博物館なわけですから、並んでいるのは服と装身具ばっかしだす。最初に日本の守袋があって、江戸の浮世絵に描かれていたりするんだけど、持ち歩くヤツね。中に何が入っているのかな。守巾着なんてのもあったね。えーそれから着物だな。主に子供を魔物から守るような、あるいは健やかに育つための柄とかだけど、最初にあったのは長寿の人の服の端切れとか接いでな、子供の着物にするんよ。そんであやかろうと。あとは麻の葉模様。大麻は成長が早いって。大麻でラリってないのか。それから、強い虎と竜の柄とか。女の子なら鈴と宝船とか。赤白ストライプで視覚的な刺激で魔除けじゃとか。大人なら矢羽根模様とか、カゴメとか。特にカゴメってさ、カゴメカゴメの歌って結構魔的な意味なかったっけ? それから背守りというのがあって、子供なんか特に背中が無防備で、そこから魔物が入ってくるってんで、背中に糸くくりつけたりしてたんだって。五色の糸で五行だとかいう意味のヤツとか。あとアイヌの着物があり、カパラミプ……ええええとアイヌの刺繍ですって、でも模様が魔除けっぽくてよい。アイウシ、シク、モレウ文とかメモってあるが、模様の名前かな。なんか聞き慣れない用語が多くて困っちゃう。

次は中国に行って赤い婚礼服……やっぱし赤は魔除け効果がありそうですな。あと子供が避けたい「五毒」というのがあり、サソリ、ムカデ、クモ、ヒキガエル、ヘビだって。それを模様にして、毒をもって毒を制すんだって。ええとそれから、白い羽根とかメモってあるな。これも魔除け。台湾に行って、ここは百歩蛇とかいう蛇が守り神で、その模様とかあるんだって。あとはトルコ石のなんかあってそのう……身にまとう重そうなヤツ。タイに行って、ここも赤が魔除け。あと総じて菱形が多いね。うん、菱形って、何となく「魔除け」っぽいよな。インドネシアは「パトラ文様」(メモってあるがなんのこっちゃ)。首飾りは牙がずらってのが多い。ええと……なんたって解説が多いもんで、だんだん鑑賞が投げやりになってくるぞ(おいおい)。パキスタンは生命の樹の文様だ。インドは鏡片付けてキラキラさせる。いや、目に付いたのだけメモってんで、他にもあれこれ出ているのよ。えーとインドの子供のハナクソ……いやいやいや違う違う、そうそう鼻飾りがあってだね、これ何、輪をくっつけてるけど、子供の頃から鼻ピアスなのか? 痛そう。ウズベキスタンはザクロ。これも種いっぱいで子孫繁栄ね。アフガニスタンのサソリ、アルジェリアの金糸。それからなんか目の周りを黒く塗るアンチモンの化粧が怖い。まあ、こうやって目を魔物から守るんだよね。

最近人工生命の本とか読んでて、その関係なんだけど複雑系における一次元セルオートマトンという、まあ模様みたいなもんがあるんだな。これは自然界でも貝殻についていたりするカオス模様なんだ。あれに魔力を感じた人はいなかったんだろうか。秩序があるようなないような大小の三角が入り乱れるナイスな柄だが。あの模様をコピーした服が「魔除け」デザインとされてもよさそうなもんだけどなあ。
http://museum.bunka.ac.jp/exhibition/

|

« ボッティチェリ展(東京都美術館) | トップページ | サイモンフジワラ ホワイトデー(オペラシティアートギャラリー) »