« ピカソ展(日本橋高島屋) | トップページ | カラヴァッジョ展(国立西洋美術館) »

2016年2月27日 (土)

ジョルジョ・モランディ(東京ステーションギャラリー)

地味な静物ばかりの絵を描くストイックな画家で極めて哲学的で意識高い系に人気のモランディです……と思っていたんだが、それは展覧会で1枚2枚にしか出くわしてなかったからなのだ。行く前はモランディ展なんざぁ同じような静物の絵っきゃないのに面白いわきゃないけど有名だからまあ行くかぁ、ぐらいにしか思っていなかったが、それは間違いだった。大いに間違えていた。この企画は多分今年のベスト10には入るであろう。それくらい奇妙な、ワクワク、悶々とするような面白さが……ある!

もちろん静物画がほとんどである。それも特に柄もない瓶とか四角い置物とかしか無いヤツである。終わりの方に風景とか花とかが少しあるが、主には静物。タイトルも「静物」だけだったりする。これが面白いなんてよっぽど高尚な鑑賞しているのかと思うかもしれないが、んなことはない、あまり難しくないぞ諸君。

まず、どの絵でもいいので「モランディ空間」とでも言うべきまったりした(?)雰囲気があるのに気づくと思う。これは感じればいいのであって、多分誰でも何となく分かると思うんよ。で、この空間は余分なものを入れるとすぐに雰囲気がブッ壊れる、台無しになっちゃうってのも分かると思う。さてそこで、モランディはその空間を大事に大事にしながら、同じ絵を描いてたって飽きるんで、そこにいろいろ入れたり、あれこれ変えたりしようとするのである。空間が壊れないように極めて慎重に、注意深く、これは入れてイイかな? こっちから見てイイかな? これだけ集めてみてイイかな? 連続した絵で進行していく様を見ている方もまた結構ドキドキもので、え、それ入れちゃうの? おっ、この「逆さじょうご」ってヤツはお気に入りになったのね。おお、今回はこんなの入れちゃって攻めですな。おっと、これもアリなんだ。とまあ、モランディ空間をモランディがあれこれひねり回している様を見るのが、これが「静かな興奮」という感じで面白い。この面白さは、今回まとめて見て初めて分かった。

先の「逆さじょうご」もそうだが、他に「溝付きの瓶」なんてお気に入りもある。首の長い特徴的な形で、白い色をわざわざ塗ったらしいが、塗ったかどうかなんてどうでもよくて、舞台のおなじみ役者みたいに、そこに立っているだけで「おお、これモランディ」というような空間に味が出る。後半には「水差し」も出てくる。後ろに影のように立つ時もあるナイスなヤツだ。背の高い瓶も並んだりする。見ていて新しいものに出くわすと「おっ、これイケてますね」と感じることができるであろう。

表現も油彩だけではない。鉛筆のハッチング(斜線)で表現した作品もある。中でもエッチングのハッチングは神レベルのバカテクで(というかできる人はできるレベルかもしれんが)、ハッチングだけでもまた「モランディ空間」をやっているのが楽しいじゃないか。あと水彩もある。これは逆に「もわもわっ」としたモノで、それでもモランディ。そうかこれもアリなのか、そうかアリなんだな、という発見がある。

そういえばアトリエの写真が2枚ばかりあって、例の逆さじょうごの実物写真が見れる。絵とだいぶ違うんだな。絵がいかに演出されているか分かりますな。

終盤の風景画は……うーん、気持ちは分かるが、やっぱり屋外はモチーフが多すぎるのか、あんまし思い通りになってないのか、静物ほどの洗練が感じられない。そのあとに展示されている花について、風景よりはイイんだけど、花の(造花らしいが)、花っぽい魅力(?)……なんちゅーかな、生命感みたいなもの? とモランディ空間は、あまり親和性がない感じだ。もちろんモランディが「なんとかしたい」ということで極めて丁寧に、進めている様は分かる。花を描きたいのだ。しかし静物ほど簡単ではない。最後にビデオがあって終わるが、私はビデオ見てないの。

静物を見たまま描いていながら、何となく超現実を感じさせるのは、普通の人物を描いていながら現実を越えた雰囲気を持つバルテュスに似ているかもしれない。あるいは独自の空間を持って、そこに登場するおなじみアイテムで演出していく様子は、デ・キリコの形而上絵画に似てるとも言えよう。いずれにしても、モランディが空間をあれこれひねくってる様を一緒に体験できる機会は今回のような点数が出ている大きな個展でしかないであろう。行くべし。行って体験するのじゃ。
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201602_morandi.html

|

« ピカソ展(日本橋高島屋) | トップページ | カラヴァッジョ展(国立西洋美術館) »