« 村上隆のスーパー・フラット・コレクション(横浜美術館) | トップページ | 「はじまり、美の饗宴展」(国立新美術館) »

2016年3月27日 (日)

国芳イズム(練馬区立美術館)

国芳もメジャーになったものです。先日の春章よりも早く注目を浴びた。武者絵や洋風表現や戯画で今や大人気の江戸浮世絵師になった。オレはもう散々見たんで、そうテンションは上がりません。ただまあ、行けば新しい発見もあるであろう。
今回は国芳とその系列。うむ、「イズム」って書いてある限り、まさか水野年方とか持ってこないでしょうな。一昔前は、国芳の系列は、国芳→芳年→年方→清方とつながっていくんだぞって書いてあったが、国芳と清方では全然、ぜんっぜん、じぇんじぇん違う。特に年方で国芳らしさがゴッソリ落ちてしまった感じなのよ。

で、入るとまず国芳で。ブレイクしたおなじみ武者絵で開始。入れ墨バッチシの豪傑どもの武者絵でみんなもエキサイトしちくり。ブレイクが一段落した時に描いた、ちょっと抑えめの、水に潜ってる絵が新鮮でしたな。デリケートでな。これも水滸伝だけど、あー名前写すのめんどくさいや漢字ばっかりで。えーそれから「鬼童丸」は全体がシンメトリーで面白いね。「国芳もやう」という当時人気の任侠の徒を描いたシリーズ三枚。これはファッションも当時流行のヤツを使っていて、特に猫が集まってドクロの模様なんて今でも超クールでガッチリ通用する。うむ、この柄のバンダナとか無いかな。ちなみに渋谷でも国芳&国貞をやってて、まあそっちも行くつもりなんだけど、渋谷にゃこの猫ドクロ(ネコスカルってチラシに書いてある)の缶バッチがあるらしい……前売り券用だからもう無いのか。えーと、それからおなじみ大判三枚続きのガイコツのデカいヤツ「相馬の古内裏」。これ子供に人気の「妖怪ウォッチ」では「ガシャドクロ」として登場するんだぞ。そういえば出品リストにひらがなの読み方が書いてあるのね。これ、他で意外とやってないしやってほしいし、ホントマジ読み方分からないの多いので助かります。さすが練馬すごいぞ練馬。「そうまのふるだいり」だってボクずっと「そうまのこないり」って読んでたわ。そりから潜水艦の浮上みたいな金属光沢の巨大ワニザメもおなじみね。初めて(じゃないかもしれんが)見た「大江山酒呑童子」は、デカいヤツが半分鬼になっていて「進撃の巨人」テイスト。やっぱこういうところが今時に通じる「国芳イズム」だと思うんだな。

それから群衆(モブシーン)というコーナー。まあ、これは群衆だな、と。いや一人一人見てると面白いけどね。次が得意の戯画のコーナー。落書き風は散々見ちゃったし、あとのもだいたい見てるし、しかし「妙名異相胸中五十三面」のすかしっ屁して知らん顔してる、の顔は爆笑もんですな。当時もいたんだなこういうヤツ&こういうのにツッコミ入れるヤツ。他の顔も面白そうだなあ。でも解説があるのこれだけだし、古語読めねえし。あと「両面相 奇異上下見の図」。これは顔がいくつか描いてあるけどひっくり返しても別の顔になるというナイステク。見たことあるけど、あらためて見るとやっぱスゲエな。中に横向きの絵があるか、これ外国の本から取ってないか?

それから猫の絵。猫のなんたらとか、猫で文字書くのとか。あと猫好きによる猫好きのためのおなじみ「鼠よけの猫」あり。次は江戸ににぎわいとか。「東都名所 佃嶋」国芳が他でもやってる水面のゴミ描写……いや、別に汚く描いてあるわけじゃないんだけどね……っつうかこれじゃ名所じゃないじゃないか。あとはいろいろあったな。

で、次の部屋に行って国芳の弟子とか。でも最初は国芳「勇国芳桐対模様」これは本で見て知ってたけど本物は初めて……だよな。ナイスな着物で背中を見せてる粋な江戸っ子国芳と、その弟子の一行。それから弟子の絵いろいろで、中には知らんヤツもいる。芳艶ってのは知らんかったが、武者絵がイケる。これ国芳ですと言われたらはいそうですねと言えるくらいイケる。龍の絵もイケる。芳女ってのが国芳の次女ですって……うーん、こいつぁちょっとイマイチかな。それから芳なんとかがいろいろあり、一時入門してた巨匠河鍋暁斎登場。「象の遊技」なんか国芳風。あとおなじみカエルものなど。次の巨匠は弟子の芳年。残酷なヤツから美人画まで。この辺までは、ああ国芳イズムだなあと思うんだが、この後どうなるかというと小林永濯……知らん。鐘馗図とかはまあいいけど。尾形月耕、山本昇雲……え、どっちも知らん。いずれも明治の人か。しかし年方、清方ラインと同じで、こっちもコレジャナイ感がヒシヒシ。実際のところ、この辺客もまばらって感じだったしなあ。
やっぱり弟子や関係者その後のつながりで国芳イズムの継承をプレゼンするのは難しいと思うなあ。どうしても普通の「日本画」とか「日本美術」の方向になっちゃうんだよね。国芳ってテクニックはアートでも、その良さとか影響ってなんか違うじゃん。まあ、かといって今時のあれこれを持ってくるとあれもこれもというか、ヤバいサブカルまでカバーしないといけないんで、とっちらかってしまうかな。

下の階行って、肉筆いろいろ。国芳の肉筆は珍しい感じだが、戯画っぽい「舌切り雀図」があるけど、あとの絵は普通。やっぱ国芳って印刷メディアに向いてるんじゃないかな。他の人の肉筆もあるよ。
http://www.neribun.or.jp/web/01_event/d_museum.cgi?id=10276

|

« 村上隆のスーパー・フラット・コレクション(横浜美術館) | トップページ | 「はじまり、美の饗宴展」(国立新美術館) »