« 勝川春章と肉筆美人画(出光美術館) | トップページ | 国芳イズム(練馬区立美術館) »

2016年3月20日 (日)

村上隆のスーパー・フラット・コレクション(横浜美術館)

村上隆の作品はそう好きではないのだが、やっぱ研究者やコレクターとしてはダテじゃないよなぁ……っつうか、こんな持ってんのかよ金持ちぃ~♪ 展示はこだわりの個人美術館みたいで、なかなかいい。点数が多いもんで、どうも出品リストがないっぽい。

エントランスにアンゼルム・キーファーのデカいのがいくつか。はい、今はなき池袋のセゾン美術館。年間会員だったぜっ、キーファー展行きましたよ。あの時以来な感じだなあ。展示品の中に「生命の木」があった。オカルトでは有名な、最新物理学の超弦理論の10次元を遙か昔に10のセフィロトで予言していた(?)恐るべき図像! なぜ10次元かというと、1+2+3+4+……=-1/12だからです。なにぃっ!

ってなことはさておき、エスカレーターで上に上がって入ると、最初は古美術で……じゃないその前に、奈良美智のワゴン……なんちゅーか、馬のいない馬車みたいなヤツ? がある。中がバーのカウンターみたいになっていて、絵がいろいろ。ああぁ、こういうこぢんまりした空間って奈良の一番いい見せ方なんだよなあ……と思ったがその割にあまり中を見てなかったなそういえば。なんかどれ見ても同じような感じだからな。一瞬見て安心しちゃうんだな。はい、それから中の古美術に……いや待てまだその前に、Mrって人の絵があります。あのぅ萌えない萌えキャラみたいなアートの人。それよりその下にカワイイエレベーターの入り口があって、ちゃんと動いてる。面白い。マウリ・ツゥオ・カテランって人だって。

で、古美術は、いきなり簫白ってスゲエ。白隠もある。ええと得意の達磨和尚だったな。それから弥生土器とかあって、あとお茶の茶碗とかあって(これがまた何がいいのかオレにはよく分からねえ)。あといろいろあるのだが、あー漱石の手紙がある。本物……だよな。そうだ魯山人がね、いっぱいあったね。なんか趣味がいいな。あ、それから仙涯の絵、これも白隠と同じ禅画ですね。点数多いよ。

それから古美術が終わって、次の部屋が「村上隆の脳内世界」これがまた雑多にいろいろゴチャゴチャ置いてある空間。こういうのが好きな人もいるけど、私はあんまし好きではない。いろんなジャンルの人が出てくるイベントなんかでも、その場の多様性に思わず鼻息荒くしちゃう人がいるんだが、多様性自体は素晴らしいと思うが、多様性の同居そのものってそんなに素晴らしいことかなあ。そうだね、私があんまり好きではない理由ってのが、そんなんで鼻息荒い人達をよく見かけるもんで。あと、自分もパソ通の文章書きフォーラムに属していた時に、そんな認識を持っていたもんでね、うん。世界に多様性はあって当然。それよりも我々が多様に足を運ぶべきなのじゃ。

それからスタディルームという(作品?)があって、誰でも男のヌードデッサンできますぜ。男ったって人形だけど。時々シッコ発射するけど。あとミカ・ロッテンバーグって人の真珠を使ったインスタレーションと映像。映像が不思議世界で結構面白いんだけど、いつまで続くか分からず、途中で切り上げちまった。

後半「1950-2015」。現代美術いろいろ。ウォーホルから始まり、篠山紀信や荒木経惟、なんとヘンリー・ダーガーがある。あのアウトサイダー・アートの巨人の作品を持っているとは。しかも、女の子達がハラワタ裂かれてるんじゃなくて結構品のいいヤツ。しかし、近くで見ると、ダーガーってなんだかんだでアーティストなんだな、と感じさせる技量があるね。作品は死の寸前まで誰にも見せなかったんだが。それから平面作品いろいろ。おっとBOMEがある。村上の著作にも出てきたフィギュアのカリスマ原型師。クラリスとかラムちゃんとかあったが、アニメの雰囲気をそのままに立体化していて確かにスゲエ。奈良美智の陶器作品、ダミアン・ハーストのチョウチョ作品、マルセル・ザマの不気味人形……この辺で村上好みの傾向が分かってくる。カワイイとかキレイとかと不気味や残酷のハイブリッドが多い感じだ。まあ村上作品も、カワイイキャラがゲロ吐いてたりするのあるしな。

灰原愛の人形(というか人物彫刻)が普通にいい感じ……っていうか、普通にいいってなんなんだ。JR(鉄道会社ではない)と村上のツーショット。フランク・ベンソンの「ジュリアナ」って人形(これも彫刻だよな)が艶めかしい。國方真秀未の絵がダーガー風にヤバい。最後は原発事故の指さし作業員。

スーパーフラットといいつつ立体もの多いんだけど、その立体は日本独自のフラット性を発展させたものって感じか。いずれにしろ、アニメやマンガに終わらない「クールジャパン」をガッツリプレゼンできる知識と技量と情熱を持ってるのが分かるぞ。
http://yokohama.art.museum/special/2015/murakamicollection/

|

« 勝川春章と肉筆美人画(出光美術館) | トップページ | 国芳イズム(練馬区立美術館) »