« 声ノマ 全身詩人、吉増剛造展(東京国立近代美術館) | トップページ | 「生きるアート 折元立身展」2(川崎市市民ミュージアム) »

2016年6月26日 (日)

「生きるアート 折元立身展」(川崎市市民ミュージアム)

あまり知らん人だったが、ちゃんと見るべき人だと思ったので、トークイベントに申し込み行ってきたのだ。顔にパンをくっつけて出歩く「パン人間」や、要介護の母親を出して一緒にパフォーマンスする「アートママ」シリーズは一応知っていたので。しかし川崎、アクセスはよくないけど、いい施設持ってるなあ。あと、せめて6時までやっててほしいな。2時からのトークが結局4時過ぎまでかかり、かといって役所だから時間通り閉館。じっくり見る時間がなかったぞ。

会場が2つに分かれていて、第一会場。展示はアートママから。以前見た映像作品「ベートーベン・ママ」。ベートーベンに合わせて母親の髪をワシャワシャやるパフォーマンス。あと今回「プレスリーのおむつ替え」というのがあり、プレスリーのお面をかぶって、母親のおむつを替える。単に面白いというわけではなく、かといって悲壮なわけでもなく、リアルがベースになっているから力強い表現である。で、これがなにものかはあとで分かってくる。
その関連で「おばあさんたちとの食事」という企画パフォーマンス。これはおばあさんたちを集めて食事会をする、というもの。ポルトガルでは500人集めてやり、その映像がでているが、なかなか壮観。アートかというとただの食事会のようだが、これはこれで楽しそうだからいいんじゃないか。アートママから連続しているし、アートだと言えばそれはアートだ。
「ガイコツ」という小さい落書きみたいな絵が大量に並んでいる。これ何か? もちろんガイコツがあれやったりこれやったりを描いているのだが、ヘルパーさんに代わってもらい、介護を少し休んでいる時に、飲み屋で描いたものらしい。ストレスがぎっしり溜まっているのを、絵に昇華する。その物量こそが折元のアートのエネルギーであると同時に。介護の辛さでもある。年齢的にはもう老々介護だもんなあ……来た医者に母親より自分の方が大丈夫かと訊かれ、海外行きで通風を起こして苦しみ(マジ痛いらしい)、妻子もいない。想像でしかないがやっぱり相当キツい。で、これらはいわゆる上手な絵ではない。しかしホンモノの迫力。トークイベントで曰く「アートは技術ではない。生きざまだ」。まさに。
それからまたアートママ作品。トイレをボッスやブリューゲルの絵だらけにして、母親を座らせた写真(これも撮影が大変だったらしいが、母親は拒否はせず。早く終わらせろと言ったとか。一応息子のやってることを理解はしている)。次が「アニマル・アート」ということで、最大の作品が「子ぶたをおんぶする」というもの。子ぶたが折元の背中でうっとりしているようないい感じの写真があるのだが、映像も同時に出ていて、四苦八苦大騒ぎしている。他にもアヒルと戯れたり、ウサギだったりヤギだったり。一見コミカルだけど、その背後にはコミュニケーションを取れない相手とコミュニケーションを取ろうとする狂気も感じられる。これは重要なことだが、優れたアートには必ず狂気がある。狂気の成分がないアートなど面白くもない。あと、トークイベントで曰く「自分の作品は暴力と思いやり」その共存。動物とコミュニケーションを取ろうとするのは暴力あり愛である。おお、それは錬金術の言葉「相反するものの一致」に違いないではないか。そういえば、先の「ガイコツ」も暴力的な絵が結構多い。母親への思いやりと、ストレスからの暴力衝動の昇華。「ベートーベン・ママ」だって結構暴力的だよなあ。そうそう、子ぶたおんぶにはドローイングもあり、そこでは子ブタが「I hate this performance」(このパフォーマンスはイヤだ)なんて言って暴れている。不毛だが、愛だよ愛。
「オリモト・スタジオ」の再現。部屋です。きれいじゃないです。でもここから世界的なアートが生まれるのだ。

第二会場。ドローイング。マジ大量に出ている。こんなに描いていたのかと思うくらい出ている。それからパフォーマンスの記録。特に「処刑」。ドイツで観客の婆ちゃんを泣かせた壮絶なパフォーマンス……といっても内容は、目隠しをされて縛られた死刑囚が、首から下げた箱に入っているパンが落ちるまで悶え苦しみ、パンが落ちたら処刑されたということで、その場で倒れているというもの……なんだけど、コミカルなはずのビジュアルが何とも本物の処刑のように感じられてくる不思議。何かの本質を突いているのだ。
あとは新聞記事など大量に出ているがあんまり見てる時間がなかった。

トークイベントで、氏は延々しゃべる。「日本は天才を作ろうとしていない。天才を必要としていない」と言う。アートの概念を変える天才が出てほしい。そんな日本の美術界(現場で見ようとしない上の方のヤツラ)への不満。子ぶたを背負った写真を出そうとして豚はちょっと、とか言われて頭にきた(あれは愛なんだ)。ヴェネチアビエンナーレに出る連中を選んだシステムへの不満(自分で探しに行かねえ連中が評判だけで決める)。アーティストは政治に関わっちゃダメ。ルーズなアーティストが多すぎる……と、いろいろお怒り。それから草間彌生まであのドットはコイン(つまり金)じゃねーかと非難……いやいや私は草間彌生も好きなんだけどな。でも草間の自伝を読んで、かつて彼女がニューヨークのパフォーマンスクイーンだったことを知っているんで、その不満も分からんでもない。あと、自分の作品は暴力と思いやりであるという話。自分の生活から出てきている。だから本物だし、世界に通じるのだ。いっぱい人に会え。自分の顔を見てみろ。リサーチ力が顔に出る。311の作品など作らん。日本の美術館に自分の海外での美術展ポスターなど送っているが誰も来ない。一枚一枚自ら手で折って、封筒に入れ、宛名も手書き。世界の折元がこんな努力しているのにスルーかよ。今後誰か作品を買いたいとか来ても「お前川崎を見たか」と訊いて、見てなかったら相手にしない。TOO LATEだ。もう日本は嫌になった。ベルリンに住みたい。アートはテクニックではない、生きざまだ。
そういえば、この怒りっぷりは我が尊敬する短歌絶叫、福島康樹に似ている。あの人も今の短歌界はぜんぜんダメだと言い、本物は世界に通じるんだと言い(言葉が分からなくても短歌絶叫は通じた)、自分に絶対の自信を持っている。

単にキレイなだけのアートなどウンザリの君に。これ、もうすぐ終わってしまうから、行くべし。
http://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/orimoto/

|

« 声ノマ 全身詩人、吉増剛造展(東京国立近代美術館) | トップページ | 「生きるアート 折元立身展」2(川崎市市民ミュージアム) »