« ダダ100周年(早稲田大学~スーパー・デラックス) | トップページ | 会田誠展(ミズマアートギャラリー) »

2016年7月24日 (日)

「12 Rooms 12 Artists」(東京ステーションギャラリー)

USBというグローバル金融グループのコレクションだそうで。12人のアーティストによる近現代の作品をこじんまり……というかまあ、リトグラフなんかの版画や写真が多いもんで。

最初はスーザン・ローゼンバーグ。うん、ラフな感じの絵ですな。これは裸婦か? 次はエド・ルーシェイ。結構たくさん出てるな。それだけ持ってるってこと。ポップアートって感じの派手さじゃないが、商品やら文字やら使っているから……やっぱりこれポップアートだよな。2点透視のガソリンスタンドっぽいのが異空間を感じさせてくれて面白い。「ハリウッド」ああ、これか、知ってる。ちょくちょく見るよこれ。それから文字を使った作品。アクリルの「ブラザー、シスター」が2つの帆船の影で奇妙ながらいい雰囲気じゃないか。何かを意味する白い線がポイント。ルーシェイの途中から入れる荒木経惟の写真コーナー。「切実」という、あえて真ん中で破っている写真作品群…………私が常々写真がアウェーだと言ってるのは、アラーキーの何がいいのかよく分からんのです。人物ったってなあ、ダイアン・アーバスぐらい極端だと分かるような気がするが、あーあと、先日行った石内都はよかったが。それから陳界仁のビデオ作品「ファクトリー」古い衣料工場(廃墟?)と無表情な人を映すサイレント作品。雰囲気は悪くないが一部しか見てない。これも、アレだ、いつ終わるんだか分からない系なんで。いや、時間決まっているけどね。

階が変わって、アイザック・ジュリアン。写真が3つ。普通にきれいだ。ルシアン・フロイド。あの心理学者フロイトの孫らしい。アーティストだったのか。ほとんど人物画。ざらっとした感触なんで女かと思ったら男だ。萌えない女を描くところはパスキンに似てる……かな(適当)。「大きなスー」はストレート直球にデブ女のヌード画。ルノワールもボテロもびっくり。あと「裸の少女の頭部」という絵があるが……なんか若く見えるおっさんみたいな感じだが。次、アンソニー・カロ。彫刻「オダリスク」。カロの彫刻は台座をとっぱらっていて自由度が高い。うん、悪くない。ただこいつは首までとっぱらってほしくなかった。小沢剛……常々、なーんか苦手だなあと思っているアーティスト。おなじみベジタブル・ウェポンの写真。海外で、現地の野菜で銃を作って現地の人に持ってもらい写真を撮って、その野菜もそこで調理して食うまでが一連の作品だって。野菜の銃の方が本物の銃よりいいじゃんという、反戦メッセージでもある……なーんか苦手な理由が分かったぞ。狂気が感じられないからだ。センスがよくて、こじゃれてて、インテリジェンスで、インターナショナル。俺は作品に狂気が感じられなければイイとは思わないのさ。ミンモ・パラディーノ「三つの流れ星」という作品一つ。一見アウトサイダー風(?)だが、ちゃんとした美術家だって。リヴァーニ・ノイエンシュヴァンダー、写真いろいろ……アウェーだ。ディヴィッド・ホックニー、こっちも写真作品「英国大使館での昼食会」があるが、これは小さい写真をいくつも組み合わせて大きな部屋を表現するというようなヘンなもので、写真のズレのムリヤリ感が普通に面白い。サンドロ・キア、絵が2つ。後ろ向き人物。

超大作はないし、目玉もないし、そこそこのものがそこそこある。でもあまり目にしないアーティストが多いんで、これはこれで面白い。
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201607_12rooms.html

|

« ダダ100周年(早稲田大学~スーパー・デラックス) | トップページ | 会田誠展(ミズマアートギャラリー) »