« ダダ100周年 ギャラリー・ヴォルテール~スペクトラム・ダダ・ナイト(スパイラル) | トップページ | 「現在戦争画展」(TAV GALLELY) »

2016年8月13日 (土)

「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」(国立新美術館)

私ぁやっぱり近現代が好きなんで、もうこーいうの行くのやめよっかなあ、などと思っているが、やっぱりなんとなく行ってしまい、なんかつまんねーなーとか思って帰ってくることしばしばで、でもたまにボッスみたいなシュールに片足つっこんでるような愉快なヤツもいるんだよなあ……ってんで行ってる。
こういう時代の絵はほとんどキリスト教の宗教画で、中にギリシャ神話がちらほら。えー? キリスト教の勉強をすれば楽しめるって? まーそりゃー分かっているし、実はウチに本もあるんだけど(古本であんまし読んでないが)、勉強好きじゃねーし、知ってもああこういうことかと納得はするだろうけど、じゃそれが楽しいかっつーとそうでもないようだし、そもそもそれ「美」の鑑賞じゃなくなってねーかい……ってなことを時々書いています。

最初はルネサンスの黎明……っていうか、会場えれえ寒いじゃねーか。絵の保存の関係からか場内がキンキンに冷やしてある。寒い人には毛布貸してくれるっぽい。最初のベッリーニの「聖母子(赤い智天使の聖母)」は文字通りの赤い智天使(顔だけで羽があって飛んでるヤツ)が面白い。あとの絵は……なんか普通だな。いや、悪くないんだけど、表情堅いな、とか。

そうこうしているうちに、黄金時代の幕開けってことで、ティツィアーノとその周辺だって。前も書いたけどどうもあの辺の、ティツィアーノとティントレットとティエポロとがゴッチャになっていて、誰が先なのかよく分かりません。カロートって人の「縫い物をする聖母」……なんでこういう、赤ちゃん……キリストか、変な色なのかね。ヴェローゼの「嬰児虐殺」ってのは酷いけど画面はなかなか動きがあってイイ。同じくヴェローゼ「父なる神のサン・マルコ広場への顕現」雲に乗って神が来ている……あれ、キリスト教って神描いていいんだっけ? でもなんか時々見るよなこの手の白髭の爺さん。父なる神だってお。んっ? 雲の中に四角いUFOが飛んでる! こりゃあオーパーツ(?)だっ……と思ったらサンマルコ広場の塔の上の部分じゃねーか。がっかりさせやがって。ティツィアーノ工房の「ヴィーナス」、あとボルドーネって人の「眠るヴィーナスとキューピッド」いずれも裸婦なわけだが、後のアングルのオダリスクとか知ってるとイマイチイケてない。そりゃ時代も違うけどさ。しかしなんかこう、ズガッとクる絵はないのかね。……と思ったら次の部屋、ティツィアーノ「受胎告知」おおっ! デケエっ! そうかこれ目玉なのね。縦4メートルぐらいある。教会にあるヤツみたいだけど、よく持ってきましたな、と思ったら写真解説があり、教会のもちろんメインじゃなくて、右側のなんとかのかんとかの……だってお。

三人の巨匠たちのコーナーで、ティントレット、ヴェローゼ、バッサーノ、だそうで。バッサーノ「悔悛する聖ヒエロニムスと天上に顕れる聖母子」ほほう、上空に出現した聖母子が超現実ですな。ヴェロネーゼ「悔悛する聖ヒエロニムス」またヒエロニムスですかい。忙しいですな。ん? どっちの絵にも赤い帽子が描いてあるんだけどなんだこりゃ? 妙に目立つから気になるぢゃないか。あとで調べたら枢機郷(めちゃ偉い)を表すそうで、高い徳の象徴として描かれたそうです。ちなみにヒエロニムスの時代にゃこの地位がなくて、十五世紀頃から出てきて描かれるようになったんだってお。ためになったな。で、ティントレット「聖母被昇天」うむっ、なかなかいい感じ? 風受けて天に昇っていく様子。あとティントレット「動物の創造」これもなかなか画面に右から左へダッシュしていく鳥と魚と……あと神様か?(ちゃんと解説読んでません)。とにかくここまで静かなというかカッタルイ絵が多かったんで、いきなりアクションがある感じで面白い、次の「アベルを殺害するカイン」も、殺害時のドタバタぶり(って言い方もナンだが)が表現されててよい。あれ、ティントレットってもしかしてキリストが宙に浮いてる有名な「キリストの変容」描いた人? と思ったらあっちはラファエロだってお。

次、ヴェネツィアの肖像画。あー……パス。ボク肖像画に興味ないの。

次はルネサンスの終演。ヴェチェンティーノって人の「天国」が人ごちゃごちゃな感じがちょっと新鮮で、ジョーヴァネとかいう人の「スザンナと長老たち」は定番テーマながらイマイチ振り切ってねえな。もっと真面目に(エロエロに)描けや。バッサーノ「ルクレティアの自殺」……も定番だったと思う。ドメニコ・ティントレットってあのティントレットの次男らしいが画家だって。「キリストの復活」父ゆずりでキリストピッカリですな。パドヴァニーノ「プロセルビナの略奪」ってここでギリシア神話かい。しかし神話というか、単なる略奪にしか見えないほど、神様らしからぬ肉体派の略奪風景ですな。

まあなんと言いますかティツィアーノのデカいのだけでも見る価値あるっぽい。
http://www.tbs.co.jp/venice2016/

|

« ダダ100周年 ギャラリー・ヴォルテール~スペクトラム・ダダ・ナイト(スパイラル) | トップページ | 「現在戦争画展」(TAV GALLELY) »