« 「現在戦争画展」(TAV GALLELY) | トップページ | 木々との対話 -再生をめぐる5つの風景-(東京都美術館) »

2016年8月27日 (土)

宇宙と芸術展(森美術館)

開催期間が半年近くもあるだけに、それなりのボリュームがあって、まともに見ていると相当時間がかかっちゃう……なもんで、金曜夜にセカセカ行った私としても何か見落としてるんじゃないかと思う次第……と同時に、いかにも宇宙的で派手なのが目に付くんだけど、実は目立たないヤツでも結構貴重品が出ていたりしてたちが悪い。

最初のエリア「人は宇宙をどう見てきたか?」ということで、曼荼羅とかあります。「両界曼荼羅」なんか、今まで見てきた中でも結構イイヤツが出ているではないか。あと面白いのがインドの「グヒヤサマージャ立体マンダラ」。これ曼荼羅が建物みたいになったもんだけど、派手でケッタイで、最初何かのオモチャかと思いましてん。……あれ、出品リストを見ると、こんなんあったっけ、みたいなのが結構あるんだが。あ、結構展示替えしてるのか。まあ長期間だからしててもおかしくないよなあ。ええと……「須弥山儀」立体、とメモってあるが何だっけ……山だったよなあ。あ、そうだ太陽と地球の動きとか何とか、そんな丸っこいもんもくっついてたヤツ。おもしろい造形だよ。それから何か仏教のなんたらみたいなのがいろいろあって、あーそうそう北脇昇の絵画「竜安寺石庭ベクトル構造」これね、北脇昇ったらシュールレアリストじゃん。こんなところに地味に展示してあるんだ。ええと、月面図とか天球図とかあって、「竹取物語絵巻(第三巻)(武田本)」があった。江戸時代の巻物のようですな。テーマが宇宙だからやっぱし月からの姫は外せないぜっ……って、字は読めねえし絵は平安の宮廷みたいなのばっかしであんまおもろない。「流星刀」刀なんだけど、これすごい。隕石から取れた隕鉄というので作られてんだってお。見てるだけでなんか宇宙的凄みを感じちゃうぞ。ここで、レオナルド・ダ・ヴィンチの「アトランティコ手稿554v」あ、ありがてえ。月、太陽、地球の位置関係を示した図。なんかダ・ヴィンチの手稿って、いかにも「芸術作品」だなあと感じられるところがすごいですね。うん、あとプトレマイオスとかガリレオとかケプラーの本とかもありましたな。結構貴重そうな古い文献とかさりげなく置いてあるんだよね。あと望遠鏡があり、リング日時計みたいな機械ものがあり、いろいろ。

「宇宙という時空間」のエリア。今時の宇宙と芸術の結びつきというかなんというか。アンドレアス・グルスキーの写真「カミオカンデ」。カミオカンデの測定器(だっけ)びっしりの大空間の写真。右下に小舟に乗ったヤツがいる。グルスキーは平然と合成をやって超現実みたいな写真を作り出すナイスなヤツだお。森万里子「エキピロティック ストリングⅡ」超弦理論のなんとかとかんとかを立体化と書いてあるけど、なんとなく曲面形状が面白かったから使っただけのような気がします。そういえば科学や数学から生み出される驚異の形状「フラクタル」をはじめとする「複雑系」は今や下火なのか? あるいはもうCG分野で定着したのか、今回の企画でもどこかで出てきそうで出てこなかったなあ……複雑系好きな私は寂しいなぁ。ビョーン・ダーレムって人の「ブラックホール《M-領域》」一部屋使っている力作だけど、蛍光灯で軌道みたいな立体を作っているだけといえばだけ。それよりコンラッド・ショウクロスの「タイムピース」の方がデカいのが動いていて面白い。アームに光源が付いてて、アーム自体は回転するだけの単純な動きだけど組み合わさっているから複雑になる。光源が動くからそれに連れ影も動く。これも確か科学分野のなんとかの動きだろうけど、ボケーと見ててもよい。あとは動画、セミコンダクターの「ブリリアントノイズ」太陽の表面を拡大した映像を音響とともに動画にした。太陽とは思えない不気味さとなんちゅーか胸がざわざわみたいな感じ? そしてさりげなく置いてあるのがジョゼフ・コーネル「カシオペア #1」。うっかりするとスルーしちゃうけど、貴重かつ繊細な「コーネルの箱」の一つだぞ、よく拝んでおけい。

「新しい生命観-宇宙人はいるのか?」だってお。ピエール・ユイグの動画「非絶滅」は琥珀の中の虫を拡大して映していくものみたいなんだけど、急にデカい音がするっぽいので(苦手)あんまし見てない。あと隕石とか、ダーウィンの「種の起源」の本とか、ローラン・グロッソの虚舟(うつろ舟:1803に日本に来たらしいUFO)の立体とか、差し絵描きが頭をひねって考えた宇宙人の挿し絵色々(所蔵が荒俣宏なんだな)。そんでパトリシア・ピッチーニ「ルーキー」、芋虫と人間の融合体みたいな生物のリアル立体。結構インパクトがあってTシャツにもなってる。普通にキモい……というか「キモカワイイ」ってヤツですな。キモいけど。あー、あと、先のうつろ舟の江戸浮世絵があるよ。江戸の神秘だぞカモン矢追さん。

「宇宙旅行と人間の未来」エリア。最初に空山基の人物立体「セクシーロボット」。イラストではたまに見るがピカピカ立体で文字通りセクシーなんだけどロボットなんで萌え切れないところがもどかしい。あとは宇宙飛行士の写真とか、野村仁のおなじみムーンスコアもある(おなじみなんで説明がめんどい)。野村仁では火星の立体写真もあるんだが、これは何か芸術的意図があるんだろうか。広告にもなっているスペースシャトル発射台みたいなのはトム・サックスの「ザ・クローラー」ね。あと宇宙開発の映像などがあり(もう疲れてるんで適当)、クライマックスは今をときめくチームラボ「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく-Light in Space 2016」。一部屋をフルに使った映像体験。宇宙的浮遊感スピード感バッチシで芸術的でもみんなにウケそうなかっこよさもある。さすが観光地にも子供ウケする楽しいアート施設を展開できる実力集団。これ四角い部屋だってのが惜しいよねえ。球体スクリーンとかで見たいよなあ……無理だけど。

そんなわけで、まだ他にもいろいろあったんだけど、何しろ科学映像から美術まで古代から現在まで幅が広い。行けば何かツボはあるだろう。
http://www.mori.art.museum/contents/universe_art/

|

« 「現在戦争画展」(TAV GALLELY) | トップページ | 木々との対話 -再生をめぐる5つの風景-(東京都美術館) »