« カリエール展(損保ジャパン日本興亜美術館) | トップページ | トーマス・ルフ展(東京国立近代美術館) »

2016年9月25日 (日)

鈴木其一展(サントリー美術館)

ヘイ、キーツ!
キーツ・スズキこと鈴木其一といえば、江戸琳派で酒井抱一の次点みたいな感じの扱いだったが、とうとう其一だけの企画が出てきたぜっ。しかし、なんか、ずいぶん前に其一を結構見たんだよなあ。どこだっけな。日本橋三越だったかな、あの辺。でもあの時は、そんな大した作品無かったという記憶だし、今回の方が規模もデカいし名品も多そうだ。

まずは若い頃なんだけど、この辺はまだ抱一の弟子なんで、抱一風の上品な江戸琳派。当然、この路線のままだと抱一にゃかなわないんだが。ただ其一は若い頃から、たらし込みってんですかね、色が滲んだ感じで塗る、そんな琳派テクがなかなかすげえ……のが分かる「蓮に蛙図」。「群鶴図屏風」なんて普通にまとまっている鶴なんだけど、背景は例のほれ、水面柄の定番琳派だな。ええと、其一以外も出ていて、おお始祖の俵屋宗達かと思ったら江戸の俵屋宗理だと。いい朝顔なんだが。それから「稲荷山図」はちょっと中央でボケッとしているが、ボカし山テク(?)が冴えてるぞ。「水辺鴨図屏風」は普通に鴨がキュートだ。このあたりから抱一を離れて独自路線に進むが、色が冴えてきて構図にもキレが出てくる。構図のキレって何かと言われても、なんとなくそういうもんなんだが。

「三十六歌仙・檜図屏風」は左右に分かれていて、右の三十六歌仙はごちゃごちゃハデハデ。むしろ左の金地の単色キメている檜(なのか?)がいい。木がちゃんとフラクタルだ(知らん人はググって)。でも、この絵は元ネタがあって光琳なんだって。それから当時の本も出ている。版画のね。中でも「癸巳西遊日記」は、スケッチなんだけど、さらさらっと描いてあるのにマジヤベエ。バカウマ。さらさらっと波打ち際と陸地を同時に描いてるとか、そんな、どうやってんだよ、という感じ。掛け軸に戻って「昇龍図」は、文字通りなんだけど、キッチリしててもはや抱一風ではない。「木蓮小禽図」は、木蓮の描画能力がパネエ。なにこの写実的立体感は。色もよし。小禽はどこだ? 隣「松島図小襖」これまた其一風の幻想性がある。波に浮かぶ岩の小島なんだが、波の白い精霊が島を囲んでダンスしているようにも見えるんだからもうシュールに片足つっこんでいるよな。「白椿に楽茶碗図」の茶碗の質感ヤベエ(語彙が貧困)。あと「群禽図」これも遠目で見ると今時の絵描きが描いたのかというぐらいのうまい構成。それから表装も絵にしちゃったというのがいくつか紹介されてて、中でも「歳首の図」は表装の方がハデだったりする。あとは能の絵がいくつもあるが、これはよく分からん。ところで展示替えが結構あるんだがね。全部見るには少なくとも前半後半来ないと半分ぐらいしかカバーできないな(と書きつつ後半行くかは分からんが)。

階段を下りていったところ、其一派というかなんというか系列の紹介……なんだけど、やっぱ其一の絵がいいよなあ。中でも「十二ヶ月花鳥図扇面」晩年なんだって。これもすげえなあ。細い葉のグラデーションなんかどうやって描いてるんだ? 

次の展示室。「日出五猿図」これが猿の腕を円形につなげて、その真ん中に日の出を配置する、装飾的にして超現実。それから「暁桜・夜桜図」とか「雪中竹梅小禽図」とか、安定していい感じのが連発。「花菖蒲に蛾図」が、夜の蛾が昼に来てるのが幻想的だとか書いてはあるが、それより花の写実っぷりがあいかわらずスゴい。「朝顔図屏風」。光琳の燕子花に対抗する大作。日本にありゃ国宝か、少なくとも重文は行くよなあとか思ったが、とにかく遠目で見てなんじゃこりゃ的なセンスも感じる琳派の構成だ。「富士千鳥筑波白鷺図屏風」これも妙だぞ。なんたって富士の前を飛ぶ鳥の群。帯状に密集し過ぎて決してきれいではない異様な装飾になっている。其一は意図的にこういうことしているのだ。

こうしてみると終盤に行くに従い、其一らしさが出れば出るほどいい感じになってくる。ただならん絵描きにみんな注目だゾ。
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2016_4/

|

« カリエール展(損保ジャパン日本興亜美術館) | トップページ | トーマス・ルフ展(東京国立近代美術館) »