« マリメッコ展(Bunamuraザ・ミュージアム) | トップページ | お笑い江戸名所~歌川広景の世界(太田記念美術館) »

2016年12月31日 (土)

デトロイト美術館展(上野の森美術館)

今まで行かずに温存してた。というか、ポスター見た限りでは、期待できるかなー微妙だなーとか思ってたんで行くような行かないような状態だったけどこのたび行った。
印象派以降二十世紀そこそこの西洋画という手堅いセレクト。点数ちょい少な目。でも習作とか版画とかなくて、全部油彩だお。

最初は印象派でルノワールから。「白い服の道化師」が普通にいい感じの肖像だな。「座る浴女」はチラシで見ると晩年の大味な裸婦っぽいんで小さいのかと思ったらそこそこ大きな絵だった。うん、思ったほど悪くない。ドガがドガドガとあって、「楽屋の踊り子たち」は、チラシよりはいいかな。そこそこ大きさあるし。あとはマツコ・デラックスの肖像じゃなくて「女性の肖像」。ここでクールベさん「川辺でまどろむ浴女」。いやぁ、クールベさんの絵は毎度容赦ないリアルっぷり期待して、またその期待に応えてくれるお。今回も理想化されてないリアル裸女! きれーな裸じゃねーよなー。男が見て嬉しくないし、女が見て……どうなんだ? ピサロの点描ものがあり、モネが一枚。この手の企画だとモネは何枚も出ることが多いが今回は一枚「グラジオラス」なかなかきれいでいいね。

ポスト印象派。ゴーギャンが一枚「自画像」。ううん……らしくねえな。で、ここからセザンヌ。「水浴する人々」「サント=ヴィクトワール山」というド定番テーマの絵があるが……ちょっと小さい。「三つの髑髏」はおなじみ静物。テーブルの上にドクロが三つ。テーマは面白いがセザンヌの「普通じゃない」っぷりはそこじゃないんだよなあ。ルドンの「心に浮かぶ蝶」深い赤と蝶。ドニ「トゥールーズ速報」あーなんかこのポスターっぽいのがいいね。んで、ゴッホ「自画像」は、小さいけれど目がギョロリのなかなかイイやつ。「オワーズ川の岸辺、オーヴェールにて」は実にゴッホらしい……っていうか、あの、みんなの好きなマッドなゴッホね。

階段を上がって二十世紀ドイツ絵画。最初に有名どころのカンディンスキー「白いフォルムのある習作」。うーん、カンちゃんの有機的なこの手のはもっとデカいスゴいのを見たことがあるもんで。もちっと無機的な雰囲気のがいいな。隣のエミール・ノルデの「ヒマワリ」の方が不安な心象風景みたいでいいね。あと、このコーナーは……悪くないけど傑出したのも無い感じでな。あーココシュカのフォーヴみたいなのはいいな。

二十世紀フランス絵画。デュフィ「静物」。デュフィの絵は遠目ではなんか汚いけれど、近くに寄ると神みたいなのが多いので好きなのさ。今回も遠目ではアレだけど、近くでは……あーあんましキレイじゃねえなあ。次、ルオー「道化」これもルオーの神秘的美しい世界という感じでは……いや、得意の道化ものだけどな。ピカソが並ぶ。割と年代別の特徴的なものを持ってきて気合いは入っている。普通の肖像、新古典、いわゆるピカソ顔、晩年のちょっとラフなの、という感じでな。モディリアーニも三つある。うん……モディリアーニの絵って見ればモディって分かるんだが、どうもキレイとかスゴいとか、あんまり実感しないんだよな。だいぶ前に新美術館でモディ展やったんだけど見落としたのさ。マティスもオレにとってよさが実感しづらい画家なんだけど、今回の「窓」は分かるよ。なんか分かるよやりたいこととやってることの面白さが。マティスはたまにこういうのがあるね。

で、出てきた。しかーし! 見落としているものがあるぞ諸君(オレだけか)。入り口に壁画の複製がある。ディエゴ・リベラ「デトロイトの産業」。誰? メキシコの壁画運動マエストロ……よりも、フリーダ・カーロの夫として有名なんだな。こういう絵を描いているのさ。
http://www.detroit2016.com/

|

« マリメッコ展(Bunamuraザ・ミュージアム) | トップページ | お笑い江戸名所~歌川広景の世界(太田記念美術館) »