« ティツィアーノとヴェネツィア派展(東京都美術館) | トップページ | 草間彌生 わが永遠の魂(国立新美術館) »

2017年2月18日 (土)

画と機(オペラシティアートギャラリー)

ファッションデザイナー山本耀司をメインに画家の朝倉優佳のコラボ……といっても既に山本作品で朝倉の絵を使用したのが以前からあったそうで、今回山本は絵も描くもんで、その絵を中心とした美術展にしたというわけだ。……という背景を特に知らなくても(オレも特に知らなかった)、大空間を使った展示で非日常をエンジョイすればいいんじゃな~い。

最初の大空間。入ると目に付くのは、暗い空間ときれいなライトの光線と、山本の彫刻。各作品にタイトルが付いているわけじゃないので、あるがままに見るばかりです。彫刻は男女がくっついてるやつ。あと壁の絵画も男と女で燃えようぜみたいなやつなので、あー、性に積極的というか肉食というか、これぞ生きるエネルギーというか、芸術は爆発というか、芸術家肌の人がよくやる感じというか。小さいんだけど赤いドレスの絵があって、こういうのはやっぱファッションデザイナーだなと。それからガラス面に描いた作品いくつか。山本単独もあり、朝倉と表裏で描き分けたコラボもんあり、といっても作風が結構近いもんで、コラボもんはどっちがどっちを描いているかよく分からんし、そもそも透き通っているんだから混然としている。朝倉の絵は抽象画……というか、近いのはジャン・デュビュッフェかなあ、と思って後で調べたら全然違う。ありゃ、誰だっけホラ、ブリヂストンで見た「女」ばっかり描いてるの。ハイ正解はウィレム・デ・クーニングでした。なんつーかその、ぐちゃぐちゃって描いてあるけど、完全な抽象じゃなくて対象が何となく分かるって感じのもの。クーニングと色合いも近いと思うのです。そんな朝倉の絵も並び、最初の大空間の最後のところに山本のシュールな絵画。シュールったって鳥とか魚とかいたりして、何となく分かりやすい。

次の大空間に、まず右サイドにドレスがいくつも立っている。朝倉の絵を使った山本のドレス。ドシロートのオレには黒い布切ってつなげただけに見えちゃうぜ。ちょっとしたドレスの森で、自然音も流れていて、カラスがカーなんてやると、いやが上にも不思議気分も盛り上がるぜっ。あと、ドレスを着ているのは人間型マネキンとかじゃなくて、なんかよく分からないものでできたよく分からない不気味人体とかで、これもポイント高いっすね。左サイドに朝倉の絵画。クーニング風なのイパーイ。それから山本作アートなつい立て、屏風などなどで空間を構成。んー……しかしなんていうか、良くも悪くもいかにも自分達で空間構成しました、というのが伝わってくる。ファッションデザインを足場に、アート空間を思う存分、がんばって作り上げてる感。逆に行うと、アート空間としては若干の素人っぽさを感じないではない。ぬぁにキサマゴトキがと思うかもしれないが、そう感じちゃったんだからしかたがない。まあ次行こうよ。

次は通路になって、最初に目につく山本の男女もの。ん、悪くないよ。それから山本朝倉の絵が入り乱れて……おっと音楽が鳴っているが、ハイ私思うに、アート空間で音楽鳴らすのは諸刃の剣よ。すごく効果的なこともあるし、音楽で気分盛り上げようとしやがって姑息だなぁ……ってジャマに感じる時もある。もちろん使った方は「音楽も加えた総合性(いわゆるシナジー効果か?)」でやろうとしているのかもしれんけど、総合芸術であればあるほどうまいこと溶け合っていないと印象の格が下がってくるんだぞ。申し訳ないがここはなんだかなあ……いかにもどうです音楽のセンスもいいでしょみたいなのがちょっとジャマなんだよなあ。それでなくとも空間構成に一生懸命な感じがするんで、ここは無音で勝負してほしかった。がしかしまあ、ファッションなど知らぬワタシでも楽しめるし知ってる諸君ならもっと楽しかろう。

えー、で今回はコレクション展が結構すごいんだな「人間 この未知なるもの」。もちろん人物を描いた作品ばかりなんだけど、その多様さというか妖しさ十分で迫ってくる。おなじみ船越桂があり、おや長谷川潔ってこんなキレイキレイに女性を描いてたのか、有元利夫あり、山下清澄という半エロ、山本六三というドエロ……というかヴァニラ画廊にでもありそうな感じ(って一回しか行ったことないんだが)、宇野亜喜良、四谷シモンの人形、金子國義という妖しき定番諸氏、秋吉巒、谷神健二という、エロティックアートみたいなのは、そうそう美術館で見る機会無いんでこれまたいいね。そして、おお智内兄助。日本のバルテュス……って全然違うか。ロリコンだと思ったがなんかモデルが自分の娘らしいと知ってそれも衝撃で、しかし自分も娘を持ったもんで、分かるところは、娘に色気を感じないもんで、逆にそうやって描けちゃうのかと思ったりする次第です。あー知らん人のために書きますと、着物着た幼女のセミヌードみたいなの。着物もキレイなもんでなんかヤバい。内田あぐりもヤバい(そういう形容しかできんのかい)。小山田二郎も、あっ、リスト見たら鴨居玲もあるじゃないか、いや、あったような気はするが意識してなかった。踊り候え。また見たい。相笠昌義、これも人物が迫ってくるような。とにかくクセのある連中を多数集めている。ぜひ感じてくれ。
https://www.operacity.jp/ag/exh193/

|

« ティツィアーノとヴェネツィア派展(東京都美術館) | トップページ | 草間彌生 わが永遠の魂(国立新美術館) »