« 19世紀パリ時間旅行(練馬区立美術館) | トップページ | ランス美術館展(損保ジャパン日本興亜美術館) »

2017年5月20日 (土)

N・S・ハルシャ展 -チャーミングな旅-(森美術館)

やっと行ってきた。インドの現代アーティスト。よく知らん人なので珍しく音声ガイドを借りる(無料なのだ)。ナレーションは細野晴臣じゃありませんか。YMOのというか、最近は「大科学実験」の人だな。でも結果的にあんまし聞かなかった。解説は作品に書いてあるし、音声聞きながらだと意外と見るのに集中できないんで。まあ、借りてみなくちゃー分からない。

最初はドローイングとか「1000の手と空」という手のひらを1000……1000枚? 円形に並べた絵がいいね。「母のサリーに描いた子宮」なんてのもいかにもインド。それから早々にハルシャの特徴である並べて配置してるけど一つ一つが違う、というものの作品が登場「私たちは来て、私たちは食べ、私たちは眠る」移動、食事、睡眠の様子を大きな3枚のキャンバスを使ってそれぞれに大勢の人がきれいに並べられる。一人一人を丁寧に見てもよし。多様でなんかいい感じと見てもよし。シンプルにしてナイスアイディア。

インドのマイスールという町に住み、そこにこだわりを持っている。大都市とディープな田舎のどちらにもアクセスできる位置だそうだ。文明と伝統の対峙という作品がいくつも。「チャーミングな国家」シリーズはインドの雰囲気全開ながら戦闘機やスペースシャトルなんて最新技術も描かれて、まあ、全体的に文明批判かな。ありがちと言っちゃあ何だが、そんなにインパクトはない。むしろ「浄化する者たちの対話」という土にまみれたヨガ修行者と、土地測定のビジネスマンの対比が面白い。

次の部屋からディープに本格化。「溶けてゆくウィット」これはよかったねえ。赤い大地に鼻血出してるピエロがうようよしてて、大地から落っこちている。意味もなく不気味でダークでよい。「ここに演説をしに来て」はポスターにもなっている大作。大きなキャンバス6枚組に縦横並んで2000人以上が描かれていると。一人一人違うし、現実の人もフィクションの人もいる。すぐにフリーダ・カーロがいることに気づいた。確か「折れた背骨」という絵にあった背骨が割れたフリーダ。そうかハルシャは知っておったのか、かの画家を。あと目に付いたのはバットマンとスーパーマンかな。「集団結婚式」はカップルが並んでいるが背景がパリ、ロンドン、ニューヨーク、どれも建物で、日本は富士山で表される。

それからインド、マイスールの紹介部屋があって、「空を見つめる人々」というインスタレーション。床一面に寝っ転がった人の絵。空を見ているのだ。そして観客も靴を脱いで中に入り、床に寝っ転がって一緒に空を見るのだ。何が見えるか? はい、上が鏡であって、人々の一緒に寝ている自分が見える、というもの。哲学的な意味があるようだが、普通に面白い。ナイスアイディア。

それから「ネイションズ(国家)」という大規模インスタレーション。足踏みミシン193台。それぞれに国旗が置いてある。足踏みミシンは国家を支える労働を象徴しているそうな。しかしその結果の国旗は何とも薄っぺらい、国家なんてそんなもんよ。これもまあ批判精神かな。メッセージはともかく、部屋を上まで埋め尽くすミシンは実に壮観。素直にスゲエ。動いてたらもっとスゲエが。それからまた平面作品が続く。「ここでは皆がむさぼり食う」は何とも強烈だ。肌の男女が何人も、例によって縦横に並んで座って食っては吐いている。うええ。でもいい感じの絵なんだよ。「レフトオーバーズ」は、葉に盛られたインドの食べ物の食べ残しの状態をわざわざ食品サンプルで作ったもの。うえええ。でも、これを見ると、前に見た会田誠のコンビニ弁当の空き容器に、絵の具をウンコ盛りした作品を思い出すな。あーあれも色はカラフルでも印象はバッチイもんでしたな。あとCHIM↑POMのね、食品サンプルで部屋じゅうを汚した「くるくるパーティ」。キタネー作品で全然イイとは思わなかったんだけど、覚えているんでアーティストの勝ちなんだよね。

「未来」という小学生向けワークショップがあったようで、シャツ(大人用)に絵の具で将来のことを描いてもらい、あとでそれを着て六本木を練り歩く、というもの。シャツそのものがどばっと展示してあるが、印象はまあ小学校の展覧会といったところか。あー、ウチの小学生を参加させりゃよかったかなとも思わんでもないが、自分で描いたシャツ着て「未来~!」と叫びながら外を歩くのは恥ずかしがるだろうなあ。まあでも、これもナイスアイディア。

ジョーン・グラウンズという人とのコラボ。柱がターメリックで塗りたくってあるのかいかにもインド。それから終わりの方「ふたたび生まれ、ふたたび死ぬ」は横24メートルの仰天作。なんたって、遠目では超太い筆で、一筆で一気に描いたかのようなんだが、実は太い線の中に宇宙が描いてあって、妙なスケール感で迫ってくる。わお、なんかこれスゲエな、というのと、そうかこの手があったかというまたナイスアイディアな印象。あと猿のインスタレーションがあったりして終わり。

アジアの現代アーティストを丸ごと特集ってのは森美術館の得意技だけど、異国ムードの世界観にタップリ浸れる点は毎度面白い。マイナーだからすいてるしな。
あと、今展望台んとこでマーベル展もやってるみたいなんだけど、混んでるっぽいし時間もないし行かなかった。まーアメコミヒーローにゃ興味ないし、帰りにショップ通ったけど全員同じに見えるんだよなあ。
http://www.mori.art.museum/contents/n_s_harsha/

|

« 19世紀パリ時間旅行(練馬区立美術館) | トップページ | ランス美術館展(損保ジャパン日本興亜美術館) »