« 美術館でナンパはできるのか | トップページ | レオナルド×ミケランジェロ展(三菱一号館美術館) »

2017年6月17日 (土)

ジャコメッティ展(国立新美術館)

先日実家に行った時に、ジャコメッティそっくりな、古代イタリアのエトルリア文明だかの細長い人物像(Ombra della sera)の置物があって、あージャコメッティはこれを参考にしたのかーと思ったのだが、この企画見るとなんか違う。ジャコは自らあのスタイルを生み出したようだ。そっくりなのはたまたまそうであっただけのようだし、よく見ると印象もずいぶん違う。
見れば分かっちゃう細い人物の彫刻。展示物の多くはそれだけど、それだけじゃないんだな。

最初は典型的な細人間「大きな像(女:レオーニ)」がある。おなじみだけどあらためて見ると、ふふーん、女ってえだけあって、髪は長めだし胸もあるし腰もくびれとるんだな。
それから初期からの作品。18歳での絵画「ディエゴの肖像」弟ね。うまいが普通。16歳での彫刻「シモン・ベラールの頭部」おっとこりゃうめえな。16歳でこのレベルかよ。人間の頭そのままじゃねえか。してみると、彫刻より平面の方が難しいみたいだな。まあ古代美術もだいたい彫刻の方が先行してリアルだしな。それからしばらく初期の彫刻が続く。抽象的なのが多いが、まだ細い人物やってない。「キュビズム的コンポジション - 男」のレンガ積んでるみたいなのとか、「横たわる女」はピカソ風というか、まるでスプーンだな。と思ったら「女=スプーン」なんていう、そのまんまなヤツもあった。しかし「鼻」という作品で、横につぶれたスタイルが登場。細い頭部だけど鼻が尖っていて長い。蚊の頭かよ。

小像のコーナー。年代的には「鼻」より前か。ジャコメッティは自分が見たものを、見た通りに残したくて、もうめちゃくちゃ悩んで、モデルと空間的に距離があるもんで、まずは小さくなっていったらしい。小さい人物像。これがマジ小さいもんで驚きだ。
それから女性立像へ。小さいばかりではマズいんで大きくしていった。ところが異常なくらい細くしないとどうもしっくりこない。見た通りをいっぺんに残すんだとかやってるとそうなるらしい。いやしかしこれはアレだな、セザンヌが静物画で、その静物の見たいところを全部一気に一枚の絵にガッチリ残すんだ、とかやって方向や遠近が妙な入り乱れ方をするのを描いたが、そういうのに似ている。ここら辺からおなじみな感じの、細い棒みたいな女性像乱立。同時に、絵も描いてて、ドローイングの人物画がチラホラ出てくるのだが、これが結構クる。ぬううキてますキてます。「正面を向いたアネット」エッチングだけど顔がゾンビみてーでな、「裸婦立像Ⅱ」……うーん、普通に描いているように見えて、なんか緊張感が高いんだよね。なんでかな。

群像のコーナー。おなじみの細い人物をいくつか使ったヤツ。「森、広場、3人の人物とひとつの頭部」タイトルまんまで、細人物と頭部の彫刻が集まって、土台を共有しているだけなんだけど面白いねえ。「林間の空地、広場、9人の人物」なんてもう細い柱9本って感じだわな。でもジャコテイストビンビンな感じがナイスだお。「3人の男グループⅠ(3人の歩く男たちⅠ)」は文字通りだが細いヤツが歩いておる。

書物のための下絵のコーナーがあって、えええ鉛筆描きの細人物は、オレにも描けそうな感じだなー。次、モデルを前にした制作。また絵に挑戦なんだけども、やっぱしモデルを前にしても見た通りを見た通り残せるかとか自分との戦いをやっているので、描線はラフでもえれえ時間がかかり、モデルを長時間というか長期間拘束してたらしい。リトグラフなんだけど、とにかくササッと描いてあるように見えて、実は脂汗ダラダラで絵とバトルしながら描いてるとしか思えない妙なテンションがある。しかし思うにこれ、見た通りに、だけじゃなくて、こんな長時間拘束して怒ってないかな、怒りたいけど怒ってないだけじゃないのかな、でも絵がぜんぜんできないし、なんていう感情面での緊張もあったんじゃないかなあ、解説には書いてないけどね。だって描いてある顔がヤヴァいんだもん。アウトサイダーアーティストが描く顔みたいに、なんか病んだ雰囲気があるんだよね。「カフェにて」とか病んでる。「自画像」はビョーキ。「男の頭部」うむヤヴァい。「横たわる女」これは割と普通。
しかーしお楽しみはこれからだっ。次のマーグ家との交流のコーナーにある油彩「マルグリット・マーグの肖像」うわっ! マジすかこれ。マジヤベーっすよこれ。今回の全展示品の中でこれが一番インパクトがあり、異様な味がある。なんて言うか……肖像なのかこれ? いや、抽象画じゃないよ。ちゃんと肖像描いてあるよ。でも、人間を書いている感じがしないというか、テンパって描いてるというか、描いては消し描いては消ししているうちにドツボにはまったヤツというか、人間の知られざる何かを描こうとしてにじみ出ているというか、表情を描いたらそのことによって相手の表情が変化して、それを描いたらまた表情が……という無限ループにはまった果ての絵というか、とにかく形容しがたく単に不気味では済まない何かがあーる。

次は矢内原伊作のコーナー、大阪大学文学部の教授だった矢内原伊作とつきあっていて、モデルもやってもらった。忍耐強い東洋人ということで、つきあいは長く続いたようだ。ペンや鉛筆で描いた肖像。さりげなく見えて、これも時間かかっているようだ。それからパリの街の絵、悪くはないが、緊張感も少ない感じで人物肖像よりは楽そうだ。あと猫と犬の彫刻もあり。いずれもジャコメッティ風に補足変形を余儀なくされている。よくできてるけどね。それからスタンパという土地の名前。そこに関する絵。静物のコーナーでは、なんとジャコメッティがセザンヌを尊敬していたと判明。やっぱそーかー。油彩「林檎のある静物」は、ああセザンヌだなあ、と感じる次第。

次は「ヴェネツィアの女」という連作。一部屋でこれだけだ。おなじみ細人間群。9人おる。当たり前だが一人一人同じように見えて違うのだ。次の部屋がクライマックス。チェーズ・マンハッタン銀行のプロジェクト、ということで、壁際にごく小さいのもあるが(ここまで来る途中にも壁に穴あいてて見れる)、非常に大きい作品を展示。大きいのは「大きな女性像Ⅱ」「大きな頭部」「歩く男Ⅰ」という3つ。この部屋だけは撮影可能。SNS野郎どもには嬉しいかもしれないが、美術品の写真なんか撮るもんじゃないと思う俺にゃあ単なるシャッター音がウザい部屋だ。作品はデカくて見応えあるけどな。あとは詩人とのコラボが少しと、パリのリトグラフ「終わりなきパリ」が少しあって終わり。

ジャコワールドにタプーリ浸れてなかなか面白い。始まったばかりだが混んでくるかなあ。テレビでの放送次第かな。ま、早めに行くに越したことはないな。
http://www.tbs.co.jp/giacometti2017/

|

« 美術館でナンパはできるのか | トップページ | レオナルド×ミケランジェロ展(三菱一号館美術館) »