« 折元立身パフォーマンス 26人のパン人間の処刑(川崎市岡本太郎美術館) | トップページ | 「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」(東京都美術館) »

2017年10月25日 (水)

怖い絵展(上野の森美術館)

この秋の一番の話題をかっさらっている企画。兵庫でやっていた頃から激混みの噂で、それが東京に巡回。場所は上野の森美術館……え~? ハコとしてあそこが好きだという人は少ないと思うが。あそこは企画の規模や内容の割になーんか環境がイマイチなもんで、だいぶ前のダリ展でも混雑でサンザンな目にあっている。激混みの中で見るのはヤだよなあ。土日は論外。平日でも何十分待ちって、どうすりゃいいのよ。ということで俺の作戦は以下の通りであった。まず事前に出ている絵の知識は極力仕入れた(ネットで見る程度だが)。有休取って開場25分前に到着。既に何十人か並んでいるが、開場後の入場待ち時間はほとんどなし。多くの人は音声ガイドを使って最初から地道に見ているので時間がかかる。なもんで、音声ガイドは使わず最初の方は斜め見して、途中から本格鑑賞(っても俺のペースは結構早いが)。これで第2室以降の絵はほぼノーストレスで鑑賞。一通り終わって最初の方はもう混んでいるので第2列程度で見た。というわけで、まあ、まずまずだな。出た頃にはもう50分待ちじゃ。

中野京子のベストセラー「怖い絵」に関連する企画。その絵は一見怖くはないが、絵を読み解くことで、そこに本当は何が描かれているかが分かり、本来の怖さが浮き上がる。従来の「絵は感性で見る」ということに対しノーを突きつけ知的なエンターテインメントに仕立て上げたナイスな企画だ。俺は感性絶対派なので、俺の鑑賞法とは真っ向対立する……んだけども、まあ読み解き鑑賞が面白いのは動かしがたい事実ですからね、堅いこと言わずに行くべ。割と俺好みの絵も多いようだし。で、行ったんですね。でも、あの、結論から言いますとね、絵としてつまらんヤツはやっぱり読み解かれようが意味が分かろうかつまらんです。実際そうだったんだよ悪いな。

最初は「神話の聖書」のコーナー。この手の絵画鑑賞には知識は必須ですよー……俺は、ギリシャ神話は多少知ってるが聖書はあんまし。最初にウォーターハウスの「オデッセウスに杯を差し出すキルケー」解説は読んだけど、まあこれラファエル前派の普通の絵だよな……え? こういう技法みたいな鑑賞がダメだと言うとるのですか? いや別に悪い絵じゃないです。ドレイパーの「オデッセウスとセイレーン」。セイレーンは知っておるよ。にsても美女の誘惑みたいな絵だな。しばらく行って、おお、おなじみテーマ「スザンナと長老たち」があるじゃん。ファーブルって人が描いてる。これって元の話はどうだってよくて、水浴の美女を描く口実の定番なんだが……と、中野女史もその点はちゃんと分かっていて、解説にゃあこの絵は他の絵と違い、ちゃんとスザンナが嫌がってる様子が描かれている……ので、好感が持てるようだ。いやいやいや、俺が思うに、単に嫌がる裸女を描きたかっただけじゃないだろうかね。そういう趣向の人はおるしなウッキッキ。それから……最初の方斜め見だから飛ばす。

「悪魔、地獄、怪物」コーナー。最初がおなじみフューズリ「夢魔」確か何種類も描いてるよな。これ小さい絵です。夢魔が二匹います。「ダンテの地獄」の絵……解説読んだけど忘れた。でもこれならブレイクが描いたヤツの方が好きだな。アンソールの版画あり。ギュスターヴ=アドルフ・モッサ「彼女」あっとこれはイイぞ。男を喰らうマンイーターだってお。巨乳だしエロい。なんたってその下に積もっている男の肉体の山。これ会田誠の絵を思い浮かべる人も少なくないでしょうな。象徴派アンリ・ファンタン=ラトゥールが2枚。雰囲気イイですよね。ビアズリーもあるがおなじみなんで飛ばす。

「異世界と幻視」コーナー。チャールズ・シムスが4枚……ええと。いや、説明は読んだ。何が描いてあるかは分かった。怖くはないが。ルドンの黒シリーズから2枚ばかり。例の目玉気球。これは、こういうものだと説明するより、個々の想像に任せる方がいいと思うよ(説明で楽しむ企画だけどな)。ムンクの「マドンナ」あり。クリンガーの「行為」ってのはスケートなんだって初めて知った。人が変に傾いて超現実的な絵だと思ったし、そこが面白いと思ったんで、スケートじゃあなあ。傾いて当然だよなあ。

階段を下りて「現実」のコーナー。ホガースの版画「娼婦一代記」なんか長い。めんどくせえ読んでない。「ジン横町」ものは解説と一緒にどうじょ。ゴヤの版画「戦争の惨禍」ちょいグロ。そういえばゴヤは結構怖い絵が得意だよな。カサエール「不幸な家族(自殺)」母娘。死んでく娘がえらくキレイに描かれてますね。ゲッソリ痩せたりはしてないし。母が壁のキリスト母子像を見てるのがポイントだと思うが、解説には特に何もなし。それから切り裂きジャック疑惑があるシッカートの絵「切り裂きジャックの寝室」。ちょっと不気味な雰囲気がよいですね。しっかと見ておけよ。セザンヌ「殺人」。セザンヌにしては珍しいハードなテーマだ。

「崇高な風景」なんたってギュスターヴ・モロー「ソドムの天使」ソドムを壊滅させた巨大な2人の天使だけど、はっきり描いてないところが神秘的だ。よく見ると顔があるが、無い方がいいな。これ見たかった絵です。意外と大きくて嬉しいぜ。モローは隣にもう一つヘレネーの絵がある。ターナー「ドルバダーン城」……え? あのターナーですか? 悪くないがターナーらしくないな。下に重要なものが描いてあるらしいが、なんかどうでもええわ。

最後「歴史」コーナー。目玉中の目玉、ドラルーシュ「レディ・ジェーン・グレイの処刑」。大きい絵ですねえ。でも印象はポスターとそう変わりなくて、本物だからどうってもんでもないようだ(大きさ以外)。解説はそこらじゅうにあるから読みましょう。血を吸う藁の準備が怖いねえ。あと死体を裁判にかけたとかいうローランスとかいう人の「フォルモススの審判」がなんか面白い絵だな。

普段美術館などで絵を多く見ている人にとっては、そこそこの絵しかない感じもするかもしれん。知ってる話も少なくないだろうし。
しかしこの盛況っぷりだと第2段とかやるかもしれませんなあ。何しろそこそこの絵でも、解説バッチリなら大いに楽しめるようなんで。
http://www.kowaie.com/

|

« 折元立身パフォーマンス 26人のパン人間の処刑(川崎市岡本太郎美術館) | トップページ | 「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」(東京都美術館) »