« 単色のリズム 韓国の抽象(オペラシティアートギャラリー) | トップページ | 「世界を変える美しい本」(板橋区立美術館) »

2017年11月24日 (金)

ディエゴ・リベラの時代(埼玉県立近代美術館)

それは今から20年前、フリーダ・カーロに心酔していた私は治安の悪さもものともせずメキシコ・シティに赴いた(若かったですな)。聖地「青い家」ことフリーダ・カーロミュージアムに行くため、もっと言えば、「Viva La Vida」というただ1枚の絵を見に行くためであった。それはそれとしてフリーダの夫ディエゴ・リベラの壁画も2つ見ている。今ならもっとチェックするであろう。ましてシケイロスやオロスコは見ていなかった。フリーダしか頭になかったもんで壁画運動などよく知らなかったからである。今思えば、シケイロスの壁画館みたいなのがあったのだがスルーしてしまった。うーんもったいない。土産物屋でフリーダのTシャツを物色していたが、店の人が「ディエゴのは買わないのか」などと言ってきた。そう、実はメキシコではディエゴ・リベラは偉大な画家「マエストロ・ディエゴ」なんだぜ。で、そのディエゴを中心とした企画。メキシコ近代美術の流れが変わる感じでなかなかいいんだよ。

一応ディエゴの年代順、印象派っぽいものから始めている……が、これが決してうまくはない。「農地」にしろ「オリサバ山」にしろなんだか大味なんだよね。むしろ隣のホアキン・クラウセルって人の「海の夕暮れ、赤い波」なんてのが、いい感じの赤い色の海だわな。それから目に付いたところではホセ・グアダルーペ・ポサダの風刺版画がいくつか。ガイコツが大活躍。アンソールにも雰囲気は似ているが、ガイコツはメキシコでは死生観にも関係する重要な存在。「死者の日」というのがあって、ガイコツのコスプレとかして、死を想い生きている自分を祝福するとか何とか。

それからディエゴはヨーロッパへ行き、いろいろ学ぶんだが、まだどうにもウダツが上がらない。モネのような印象派にしようとした「パリのノートル・ダム(霧にかすむノートル・ダム)」はモネとかのを見ちゃうとコレジャナイ感満載、単にボケっと描いただけで印象派はこうじゃねえだろという感じだ。「カタルーニャの灼熱の大地」も点描法に挑戦するも、単に点で描いただけで原色分解とかじゃないんで、どーもこれもイマイチだ……イタリアン印象派がこうだっけ? 忘れた。しかしキュビズムに手を出したあたりから調子が出てくる。ディエゴは印象派には向かない。「銃を持つ水平(昼食をとる船乗り)」やら「瓶のある静物」などキュビズム作品はなかなかキレのあるいい感じの作品になっている。ディエゴはヨーロッパではまずキュビズム画家として認知されたんだって。さもありなん。

壁画をやるようになって、やっとディエゴの画風ができてくる。本人と同じくガッチリ型人物みたいな。「とうもろこしをひく女」はピカソの新古典みたいな感じだが、腕太い。たくましい。「テワンペクの水浴」もオッパイがたらちねで、なにディエゴはこういうのが好みなのか? それから「宗教の歴史Ⅰ(アステカ)」という絵はグラフィカルながら生贄が血を流しているような結構残酷なヴィジュアル。フリーダも残酷なヤツを結構描いていたし、こういうのがメキシカンなのか? しばらく行って壁画運動の一人シケイロス「奴隷」。反復と遠近を巧みに使った絵だ。あーつくづくメキシコシティで見ておけばよかったのう。もう一人はオロスコ「修道士とインディオ」。なんかルオーの「ミセレーレ」みたいな雰囲気だが、こっちの方が直接的にガリガリの人物とか描いてますな。オロスコ「群衆」も口がいっぱいの異様な絵だ。

日本人画家、北川民次がメキシコに行き、メキシコの絵を描き、なんとメキシコの野外美術学校の先生になったとか。その北川民次のメキシコ風絵画あり。あと日本の近代洋画かと思ったらアルフレド・ラモス・マルティネスって人の「少女とアジサイの風景」だってお。

メキシコの前衛のコーナー。前衛ったって今から見ると普通な感じで、取り立ててスゴいものはない。版画が多い。あと音声詩の朗読みたいなのが流れてましたな。あと日本人とか関わりで藤田嗣治の「ディエゴ。リベラ肖像」がある。インクだけで描いてる。ふーんって感じ。それより隣の「メキシコの家族(二人の男と少女)」の方がフジタらしい。乳白色も使っているし、少女がうまい。それからフリーダとの浮気がばれてディエゴにピストル持って追っかけられたとかいうイサム・ノグチが「ディエゴの肖像」を描いている。面白い。

肖像のコーナーでディエゴの「自画像」これがまた、迫力の自画像ですな。ここでポスターにもなっている「裸婦とひまわり」。確かにこいつぁいい。裸婦が褐色であるが、ゴーギャンのタヒチもんよりずっと肉感的で肉付きもよい。肌合いが見事ですな。隣はフリーダを描いたのかと思ったら衣装がフリーダ好みの民族衣装なだけで顔が違う「クカ・ブスタマンテの肖像」。そのフリーダの絵もⅠ枚「ディエゴとフリーダ1929-1944(ディエゴと私Ⅱ)」ディエゴとフリーダで顔が半分ずつ。実に小さい絵ながら、象徴的表現が実にフリーダらしい。

それからシュールっぽい他人の作品がいろいろあって、最後の方、ディエゴの幻想的作品「聖アントニウスの誘惑」おお、この題材を何と野菜……赤い大根(?)の擬人化でやっている。それから「戦後」はダリ風に挑戦。悪くない。

壁画は映像なんかで紹介。それにしてもミュージアムショップにあったものがフリーダものが多く、ディエゴはほとんど見あたらないというのが何とも切ない。人気というか知名度の違いというか、でも私も何か買うならディエゴよりフリーダだなあ。
http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=361

|

« 単色のリズム 韓国の抽象(オペラシティアートギャラリー) | トップページ | 「世界を変える美しい本」(板橋区立美術館) »