« 第7回九条美術展(練馬区立美術館) | トップページ | 熊谷守一 生きるよろこび(東京国立近代美術館) »

2017年12月26日 (火)

レアンドロ・エルリッヒ展(森美術館)

ギロッポン♪ 「見ることのリアル」というサブタイトルだす。アルゼンチン出身の現代アーティスト。内容はほとんどインスタレーションだけど、簡単に言えば「意識高い系トリックアート」。トリックアート好きにも納得。作品は大規模だし一つずつが凝っている。撮影もできる。普通の美術展では撮影可能にゃイヤな顔するクチだけど、今回ばかりは撮影してナンボだぜっ。出不精な娘二人を連れ出して……デジカメを忘れたっ! つ、痛恨だっ。しかたねえタブレットのカメラ使おう……安い泥タブなもんで、解像度がてんで足りねえよコンチクショー。

何があるかは、どのくらいネタバレしようかな。いや、ネタバレしません、はい。最初に揺れているボートがあります。水面に見える……と言いたいが、あまり見えない。いや、これは仕掛けがすぐに分かる。上の娘はチラシの段階で分かったとかヌカす。こいつの印象がチャチいんで、ここでイヤな予感を抱えてしまうが、大丈夫この後あとはちゃんとしてる。

ガラスケースの中に雲が浮いているごときものがある。雲は動かないが、明らかに雲だ。なんでだ? なんで形を保っていられるのだ? 横から見ると仕掛けが分かる。なるほど。
それからドアだけあってドアスコープを除いたら、その向こうになんと……というものがある。それからガラス越しに教室があって、手前の部屋に机と椅子のごとき黒いものがある。そこに座ると、向こうの教室に半透明に座っているように見える。幽霊のごとし。はい写真スポット。エレベーターがあって、その扉から中を覗くと上下に空間が……とか。建物に囲まれた中庭を除いたら、おっと他の建物の窓にも自分達が! ……これは仕掛けは簡単。でも面白い。鏡の無限反射やガラスの使い方がうまい。逆に、無限反射っぽい絵があったりもする。

映像もので、飛行機の窓があって向こうの空が動いているとか。ブラインド越しに除いたら、向こうの建物の窓がいくつも見えて、それぞれなんかいろいろやっているとか。それから試着室の迷宮は見もの体験もの。試着室がいくつも並んでいる。一つに入るる。三面鏡があるが……おっとこれ以上書けねえ。ちゃんと迷宮になっている。ちょっと短いけどおもしろさは十分だ。あと何があったかな。床屋。はい、これもおもしろいよ。椅子と鏡が並んでいる。座る。鏡に自分の姿がうつっている。なーんだ普通じゃないか。じゃ、あっちの椅子にも座ってみよう。あれ? ……こんんなはずでは? なんでだ? 一応試着室と同じ仕掛け。あと、他の人の作品で資生堂ギャラリーで同じようなものを見たことがある。誰だったっけ?

最後は床に石造りの壁(のパチモン)があって、斜め45度にデカい鏡がある。床に寝ると、壁に自分達がくっついているように見える。建物の壁につかまっていろんなポーズをしてみよう。面白いぞ。はいここ、写真スポット。最後は溶けかかっている家の模型とか、今回の企画の模型とか。

トリックアート好きはもちろん、近頃よくある子供だましのトリックアートに飽きてる人も楽しめる。軽く行くならカメラは必須。また、見ることにおいて実像とは、虚像とはなんぞやみたいな高尚な楽しみ方もできるので、一つ一つ体験してじっくり考えてみてもよい。
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/LeandroErlich2017/index.html

|

« 第7回九条美術展(練馬区立美術館) | トップページ | 熊谷守一 生きるよろこび(東京国立近代美術館) »