« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月24日 (土)

至上の印象派展(国立新美術館)

ビュールレ・コレクションだそうです。ビュールレさんって人の。ま、そんこたぁどうでもいいとして、ルノワールの美少女画の筆頭であり代表作であり、まだ絵なんぞ見てなかったオレでも知ってたイレーヌ嬢の絵が来るわけですよ。広告にも「美少女(センター)」とか書いてる。AKBかよ。金積んでも握手できねえじゃん。で、前に大阪に来たんだけど、さすがに東京からわざわざ行くほどのアート信者じゃないけん、見送ったけど見たかった。ついに東京に来る~♪ 混むだろうから早めのプレミアムフライデー(死語)に行ってきた。イレーヌ嬢だけの一点豪華かと思ったらなかなかどうして、中の上クラスで手堅く厳選してきて、習作や版画で水増しもなしというなかなか好印象。

最初は肖像画だお。フランス・ハルス「男の肖像」の顔のテカり具合がよい(ってそれが絵の評価かよ)。ルノワール「アルフレッド・シスレーの肖像」これがイイ顔でくっきり描かれている。そう、ルノワールの絵ってぶわぶわっとした印象があるがこういうくっきりも余裕で描けるんよ。アングル「イボリット=フランソワ・ドゥヴィレの肖像」は例によって写真っぽい。ファンタン・ラトゥール「パレットを持つ自画像」は強い光で照らされる感じよし。クールベさんの「彫刻家ルブッフの肖像」はどうってことないが、この、どうってことない具合が逆にリアルでいいよな。クールベさんリアル好きだし。

ヨーロッパの都市。カナール(カナレット)の風景画はながめよし。モネのウォータールー橋はおなじみすぎる。ここでアンリ・マティス「雪のサン=ミシェル橋、パリ」色彩に凝ったフォーヴ系でおなじみのマティスだが、ここでは思いっきり印象派。珍しい。しかもうまい。そうか、もうマティスは印象派など手中に収めちゃったんだなあ。シニャック「ジュデッカ運河、ヴェネツィア、朝」はおなじみの荒っぽい点描。うむ、定番だがオレは好みじゃない。

19世紀のフランス絵画だお。ドラクロワが2点。「モロッコのスルタン」はまあまあ。「アポロンの凱旋」これがなかなかイイ。何が描いてあるかよく分からないんだけど、何かが起きているという妖しい雰囲気よし。ドラクロワは有名だけど、そんなに日本に来ないんだよね。見ておけい。マネの「オリエンタル風の衣装をまとった若い女」シースルーじゃねーか。こんなもん着せて描きゃあがってスケベがっ。マネはピクニックの絵で女一人だけヌードにしちゃったりするヘンタイですけん。それからクールベさん「狩人の肖像」うむ、さすがだ。これも顔がリアル、というか単眼鏡で拡大すると結構肌も細かく描いてるんだな。リアルというか、狩人へのリスペクトが感じられるよね。

印象派の風景。ここは定番が揃う。ピサロはいかにもピサロで、シスレーはあいかわらず水辺風景で、モネのおなじみ細かい花いっぱいの花畑。モネの庭もなかなかだ。

印象派の人物。ここでいよいよイレーヌ嬢登場……の前にドガだお。うーん、なんか見たことのあるヤツばかり……だよな。彫刻「14歳の小さな踊り子」も見たよな。でもこれは何度見てもイイな。ロリコン御用達だよな(そうなのか?)。で、いよいよルノワールの「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」第一印象は、なんだポスターと同じじゃん、というもんだったが、よく見ると、おや、胸元に真珠らしきものが光っている……よな。単眼鏡でも確認。しかもこれ、見る方向によって光が違うんだよ。ってことは本当にテカっているものが盛り上がっているのでは。そんなら演出としてなかなかやるじゃないか。あともう一つ。これはポスターじゃ気がつかなかったが、目が非常に細かく丁寧に描かれている。目力があるじゃないですか。ほれ、先のシスレーの肖像でもくっきり描いてる。ルノワールってそうなんだ。そう描けるんだ。衣装がふわっとしているので全体にふわふわした印象だが、実は顔はきっちり描いてある。特に目に注目せよ。胸元と目で魅力を出してくるルノワールの計算パネエな。あとルノワールは2点。一つはお好みのデブ裸女。一つはまあ普通。

セザンヌのコーナー。6点で一部屋だお。ここは「聖アントニウスの誘惑」を選びたい。定番テーマをセザンヌワールドで描く。ポスターの「赤いチョッキの少年」は……うーんオレには普通。それからゴッホのコーナー。こっちも6点。割とアベレージ高い。「古い塔」の存在感ありあり。「自画像」はなかなか。「日没を背に種まく人」はチラシで見てあまり期待してなかったが、ほんものはなかなかイイ。全体の質感、特に木の幹がシブくてよい。

20世紀のフランス絵画。ゴーギャン「肘掛け椅子の上のひまわり」これ、ゴッホとゴーギャンの展示で見たと思う。ピカソの「ギュースターヴ・コキオの肖像」ピカソらしくねえ。次の部屋はモダン・アート。ブラマンク「ル・ペック近くのセーヌ川のはしけ」は、フォーヴ過ぎ。ポストゴッホみたいな絵が好きなのだが。ドランもフォーヴ。ブラックはフォーヴもキュビズムもやる。ピカソの「イタリアの女」はいかにもピカソ。グラフィックだ。

最後はモネの「睡蓮の池」デカい絵でちょっと大味だが撮影可能なので、インスタ蝿がたかっている。もちろんシャッター音だらけ。今時のSNS集客のためしゃーないんだろうけどイヤだなあ。

とまあ終わりはそこそこながら、全体に悪くない、というかイレーヌ嬢だけ見るのはもったいないぞ。
http://www.buehrle2018.jp/

|

2018年2月17日 (土)

会田誠展「GROUND NO PLAN」(青山クリスタルビル)

大林財団の「都市のヴィジョン」という助成制度による展示で、アーティストが都市を研究、考察する。その第1回が会田誠。なかなか「攻め」の人選ではないだろうか。それに対し会田がまた会田らしく応えている企画。あれだけの展示スペースをよく埋め尽くしたというほど充実している。入場無料、撮影可能。

フロアがB1とB2に分かれていて、B1は美術展示いわゆるホワイトキューブっぽい空間。最初に「東京改造法案大綱」という文章がある。今回の展示は文章も多い。この大綱、内容は東京に水辺はどうのこうのというもので、かつての江戸が水路の町だと知っていると、そう意外性のない視点かもしれん。いや、別にいいんですが。次に「Shaking Obelisk」というオベリスクがウネウネする構想とジオラマ(模型)なんだけど、ジオラマは動くはずのところ故障中とか書いてあるがわざとか? 「東京都庁はこうだった方がよかったのでは?の図」という構想図とそれを山口晃に依頼した「都庁本案圖」。おお、山口晃がちゃんと描いている。形は面白いけど建築的には石垣だらけでどうでしょうというところ。あの石垣の中に部屋があるのかな。「シン日本橋」というゴジラ的にデカい日本橋。「風の塔」改良案。なんだっけ、東京湾のトンネルにあるヤツだよね。あれをもっとイケてるものにしようってんで、「ちくわ女」にする構想図。おおおっ、これは相原コーシのマンガ「コーシ苑」のキャラではないか! 同時代に見ていたオレ感激というか「びょおおおおお……」という効果音がほしい。「考えない人」は会田おなじみのキャラのジオラマ……って自分の作品に船の模型置いただけではないのか? 「成田空港お土産マグカップの思考実験」思考実験というか普通に作品だな。普通に面白い。やっぱし富士山とエロと109のヤツがいい(ったって実物見ないと分からんと思うが)。別の部屋でドローイングがいくつか。「リーマンのゲロクッキー」とか会田的なナイスなネタ。ミヅマでみたカラーウンコ弁当箱を思い出……さなかったが。「東京オリンピック20202メインスタジアムのイラスト」ってどう見てもオメコで、ついでに「《TOKYO 2020》ドローイング」ああっ、なんかこれ見事に本質をついている。そして「新宿御苑大改造計画」の部屋。黒板にビッシリ板書。マジだ。すげえ。あまりの文章ボリュームなんで全部は読んでない。どうも新宿御苑を山林豊かなビオトープにしようってことらしい。割とまじめにイイじゃないか。ジオラマがあって、これがまた結構「いい感じ」に魅力的なので、実現したら素直に嬉しい。

階段を下りてB2に行くと一気に雰囲気が変わる。「セカンドフロアリズム」というインスタレーションというかコンセプト展示というか、表参道らしからぬ小汚い空間というか。「セカンドフロアリズム宣言草案」という手書き文字いっぱいのシロモノがある。要は整然とした町よりもスラムやバラックがいいじゃないか、ということ。おっ、と思ったのはフラードーム(建築家バックミンスター・フラーの考案した合理的ドーム)に言及していること。富士山の観測所ぐらいじゃんとか言っているが、究極の合理性を持つこの構造物は……もうちょっと使われてると思うぞ。フラーの超合理性のダイマクションハウスやダイマクションカー(地球が球体だから3輪なのだ)はてんで普及しなかったが。で、このセカンドフロアリズムのスラム・バラック賛歌で、B2フロア全体が概ねそんな状態で、ガラクタあり、タテカン(立て看板)あり。タテカンはいろいろで「何もやるな」という文字から、「TOKYO 2020」の脱力もの、「発展途上国から始めよう」って、これまんまエヴァンゲリオンキャラではないか。「雑草栽培」コーナーではどう見てもそこらの雑草を本当に栽培している。「国際会議で演説する日本の総理大臣と名乗る男のビデオ」は会田誠による総理のモノマネ(?)なんだけど、いちおうそれなりのことを言っている(ちゃんと聞いてなかったが)。英語で日本語字幕付き。会田誠のカラオケ熱唱もある。要するにゴタゴタといろんなものがあり、こういうのが好きだという人には歓迎されると思うが、実はオレはそんなに好きではない。なーに気取りやがってと思うかもしれんが、そうじゃないんだよね。なんていうかバカバカしいことを大まじめにやるようなギャップが好きなもので(B1F)、バカバカしいことをいかにもバカバカしい雰囲気のところでやっても(B2F)ギャップがなくてあんまし面白くないというところです。いや、これはこれでまじめにやってるんだけどもね。ちなみに、オレは表参道より池袋の方が好きだし居心地もよい。

ということで無料でありながら結構濃い内容だ。
http://www.obayashifoundation.org/event201802.html

|

2018年2月 7日 (水)

 ブリューゲル展(東京都美術館)

午前に眼科に行ってやや凹み気味のところ、昼から行ってきた。今回は瞳孔パックリではなかったが視力が落ちている。会場が暗いのはイヤだなあ。
とにかく何たらブリューゲル、というヤツが多くてよく分からなくて困っているアナタ(やオレ)におすすめの、ブリューゲル一家の展覧会だお。
簡単に言うとピーテル・ブリューゲル1世が巨匠で「農民画家」だの「(ヒエロニムス・)ボス2世」などと言われ、その長男がピーテル・ブリューゲル2世。こやつは巨匠な父ちゃんのコピー作品が多い。画才の方は次男坊のヤン・ブリューゲル1世の方がうまく引き継いでいて、「花の画家」とか「楽園の画家」と言われる。その息子のヤン・ブリューゲル2世、これまたヤン1のコピーが多かったようで、あとで出てくるが割とそつなく描いている。あと、その子供(ピーテル1からするとひ孫ですな)が何人か。

宗教と道徳のコーナーから。展示の最初はもちろんピーテル・ブリューゲル1世(とその工房)「キリストの復活」うん、これはまあ普通だ。次は何ブリューゲルかな……ヘラルド・ダーフィット? 誰やねん。そう、ブリューゲル一家がこれだけいても、展覧会場を全部埋めるだけの点数は持ってこれなかったようで、同時代のヤツラでお茶を濁してるんだお。いや、うまいのもあるけどね。ヨース・ファン・クレーフェの「サクランボの聖母」はダビンチ風か。それから適当なのが何枚かあって、やっとブリューゲル1世の下絵、というかモノクロ版画じゃねえか。4枚ほど。マールデン……名前写すのめんどくせえ、の「バベルの塔」うまくねーっ! いかにピーテル1がうまかったか分かるわー。ヤン・マンデイン「キリストの冥府への降下」おお、これはボス風でなかなか面白い。

自然へのまなざしってコーナー。風景画だお。ここではピーテル1世(とヤーコブ・グリンメル)の「種まく人のたとえがある風景」。これが、かなりスゴい。そう、デカい絵でも何でもないんだが、ディテールを描き込みまくっている。単眼鏡は持って行け。単眼鏡で部分部分を見ても、そこがちゃんと絵になっている。すげえ。ミニチュア見てるみたい。うーむこれぞピーテル1。これに負けていないのが次男坊ヤン・ブリューゲル1世。「水浴をする人たちのいる川の風景」父ゆずりの描き込み。「アーチ状の橋のある海沿いの町」も同様。でもこっちはヤンかどうか「?」がついているな。あとは小さいのとか、版画とか。他のヤツはやっぱりブリューゲル親子ほどのディテールは描けないようだ。それからヤン・ブリューゲル2世が登場。これはあんまり貴重じゃないのか「聖母子と洗礼者ヨハネと天使のいる風景」みたいに大きめの絵があったりする。「聖ウベルトゥスの幻視」は模倣ってメモってあるがなんだっけ。概ねヤン2はそんなに凝った絵は描いてなくて、そつなくこなしてる感じ。それより……長男のピーテル2はどこ行ったんだ?

冬の風景の城砦(「じょうさい」って読むらしい)。ここでピーテル・ブリューゲル2世が登場。父ちゃんのコピーをイパーイ制作したんだってお。「鳥罠」もコピーだが、なんかコピーと知るとイマイチありがたみがありませんな。悪くはないんだが。ヤン2の「冬のフランドルの農村」これもそつない。コーナーは旅の風景と物語ってところになって、ピーテル1は版画で、ヤン1はペン画で、テンション落ち気味のところ、ヤン1の油彩があるが小さい。ダーフィット・テニールスってのがいるがヤン1の義理の息子のようだ。

寓意と神話のコーナー。ヤン2の「花輪に囲まれた聖家族」おお、これはなかなかいい。花がきれいだ。あとでも出てくるが花の絵は総じていい感じである。ヤン1の「ノアの箱船への乗船」これは先のディテールものを見てしまうとイマイチ普通ですな。あとはヤン2の油彩大会。「なんとかの寓意」とか「四大元素 - なんとか」とか。ここで唐突にルーベンスと工房の「豊穣の角を持つ3人のニンフ」がある。一応同時代なのか。ルーベンス好みでニンフの体つきの方が豊穣だぜ。アンブロシウス・ブリューゲルというヤン1の息子(ヤン2とは母親が違う)の「四大元素」もあるお。あとはアブラハム・ブリューゲルというヤン2の息子だからピーテル1からするとひ孫の絵あり。

階が変わって、静物画の構成。ここはなんと1/23~2/16まで撮影可だってお。おかげでインスタ蝿がインスタ映えのためたかっているぜっ。えー、それで花の絵は総じてうまいです。あんまし差がない。ひ孫のアブラハムになってくると、なんとなく大味になっている感じもするが。あとヤン・ファン・ケッセル1世ってこれもひ孫だけど、虫のスケッチの絵がある。博物学的彩色バッチシで、よくできているね。それから最後は農民たちの踊りのコーナー。目玉がピーテル2の「野外での婚礼の踊り」でピーテル1に全く同じではないが同じ場面の絵があるんだと。あと、これのアニメがある。踊れ踊れいっ!

親か子か孫がひ孫か、というのを示すマークというか表示があって分かりやすい。とりあえず、ピーテル2が長男でヤン1が次男というのは分かった。
http://www.ntv.co.jp/brueghel/

|

2018年2月 4日 (日)

谷川俊太郎展(オペラシティアートギャラリー)

私は一応詩を書いていたり朗読したり即興パフォーマンスをやったりして、詩の界隈に身を置いてはいるのですが、実のところ人様の詩を読むことはほとんどないのです。逆に絵画は見ていても描かないという人生いろいろです。普段アートを展示するところに谷川俊太郎ですって。まあ行ってみよう。そういえばライブ企画もあって、行こうと思ったらもう売り切れていた。無念だ。

最初の部屋にはいるとデカいスペースで20台以上のモニター&スピーカーでやるインスタレーション。本人の声での朗読に合わせてモニターに字が映ったり色が変わったりちょっとした音楽が流れたり。メディアアートですな。うーん、悪くないんだけど、こうすれば新しいでしょ、今時の感じでしょ、という新しさがちょっと鼻につくかな(いや、別にいいじゃないか)。詩はカッパの詩……おお、そうだこれは去年のポエトリー大イベント「ウエノポエトリカンジャム5」で大トリが谷川御大であったが、それでアンコールに最後に読んだ詩だお。うん、そうそう、あの場で一番凄かったのはだね「なんでもお○○こ」(もちろん読む時は伏せ字ではない)というもので、タイトルでヒワイなもんのかと思ったらとんでもない、雄大にして爽快な詩で、ありゃあマジスゲエ。話を戻す。あとはいるかの詩と、もう一つ。

次の部屋は、まず谷川の「自己紹介」という詩があり(HPに出ている)、その一行一行が、一つずつ展示用の棚になっていて、そこにいろいろ置いたり貼ったりしてある。手書き原稿、使っていたワープロ(電源入っている!)とパソコン、ラジオが多数、で、そこから谷川作詞の歌が流れる。おなじみ鉄腕アトムはもちろん、ビートたけしの「たかをくくろうか」って、ほう、あったんだこんなの。坂本龍一作曲? へー あと「♪月曜日、笑ってる」って聞いたことあるな。これも谷川か。なにげにいろいろ耳にしているんだ。えーと、あとラジオ工具、反権威の詩の展示。おお、なんか反権威を書いても粋だなあ。レコード、本人の写真、朝食と夕食……朝食はビスケットとトマトジュースか? シンプルだな。うちと似ている。絵がある。いかにもルオーみたいなのがあるが……ルオーか? 分からん。谷川宛に来た絵ハガキ。おい住所が出ている。いや、さすがに有名人のは伏せてある。「こっぷ」の詩に従ってコップが展示してるのがあるが、これは面白い。そういえば棚の一つ一つに手書きの一言メモみたいなもの貼ってあって、詩人が書いてるんでまた面白い。

次の部屋は「ではまた」という詩の大パネルだけ。読んでしみじみしよう。通路には長い年表。マジ長い。子供の頃に読んだ「ことばあそびうた」が42歳だったかな。え? はるか昔って感じだが、御大まだ現役だし。最後に谷川の質問詩(?)に有名人が回答したコーナー。終わり。常設見て帰途に……長傘を傘ホルダーに忘れてきちまった! おお、なんということ。取りに行かねば。
http://www.operacity.jp/ag/exh205/

|

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »